*

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年9月4~5日 ダージリンからシッキムへ ダージリンヒマラヤ鉄道 

公開日: : 最終更新日:2023/06/12 シニアバックパッカーの旅

GooglePhotoの一連の写真・動画

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb

チェンナイからバンガロール5時発経由でバグドグラ空港に朝8時到着。タクシーで2時間70kmかけてダージリン駅に11時到着。蒸気機関車の往復ジョイフルトレインのネット予約がうまくいかずカウンターで購入。1350ルピー、11時47分発にのれた。VIATORもホテル送迎つきで1万円で販売していたが、割高であろう。情報が発達しているので、旅情商品の原価が透けてみえる時代だ。i-phoneの充電にトラブルがあり、タブレットで撮影。ラインなどが使えず不便。さすがに乗員乗客を含めてマスクはいなかった。ダージリンヒマラヤ鉄道の映像はYouTubeでさんざん紹介されているので、珍しくはない。観光列車だから、ドアは閉められている。普通列車なら、飛び乗り飛び降りも珍しくはないのだろう。下り坂では、職員が後ろの車両で、ブレーキ操作をしていた。折り返し駅で20分休憩。女性陣が、カレーの炊き出しをしていた。チェンナイの寺院でも振る舞われたが食べなかったが、今回はいただいた。豆と芋と玉ねぎのカレー。ミルクティのサービスもあった。ホテルにチェックインして一休み。今度はハッピーヴァレー紅茶園にいった。ホテルから徒歩圏内。しかし休園、観光客がいないからだろう。ダージリン鉄道は紅茶の出荷のため作られた。

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMA7vM2py2uHhurgPTIsYKsrMlZPJMmUa9QaoSC

 

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMzx44gFJcuPx-MZFtAIhmknPv8FLB2AASZ652G

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMxHnnozCWliwlC96XVMkNxR2OlFqO3Y0DJvEHW

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipPmb4enWBS0IRoGodQs2mKvWFBEr-0dQjQ35-1Q

 

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMD066C2zCSaHX961Z3fb11uYIAlzOFB68I2BAX

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMvobyZ2BLuj5GTL8SNWXGqGB1p9SI3kEq8j05W

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMkUPQSeg1ysVcVXV7uGGmi1PvRPI7n4eDf0MBi

ホテル

  

happy  valley

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipMKayCYBE2Yy91tywbGftQGt1cJLdcmd4mc2LWB

 

9月5日シッキムへ

 

 

 

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipP-76B3wumVJplu9DA8f7M7tQeLnIzXpTOp3dae

   

https://photos.google.com/album/AF1QipPdFXn8yoDtNCMIEN1SrSbHZLrtcb7Vgu7TeyrW/photo/AF1QipNOnYBuHq38pgjPZEIq8bOT2I8Sc7GshC0_Fddp

https://photos.google.com/album/AF1QipP_K_bEkIBtHxn23smvHI7xma6JOEmZliXsTLLb/photo/AF1QipOM3Nxlx_z-GK0CM6cZNS_gMvR80i3kol7wS9fs

 

旅行準備資料

◎ なぜ英国はお茶を輸入したか 飲み水が不衛生で、それまではビールやワインを飲料水として利用していたから。

◎ グルカランド

労働力はネパールからのグルカ人  現在の西ベンガル州北部グルカランド独立運動につながる

Gorkhaland movement - Wikipedia

西ベンガル州の北にあるダージリンやカリンポンの一帯は、もともとシッキム王国の一部だったが、18世紀初頭、カリンボンはブータンに占領され、1780年にダージリンの周辺はネパールから来たグルカ族の土地になった。インドの独立後、グルカ族はネパール語の公用語化を求めるなどして、西ベンガル州政府と対立し、1980年代には西ベンガル州からのグルカランド自治州としての分離を要求した。1986年にグルカ国民解放戦線(GNLF)による暴動が起きたが、暴動の後1988年に大幅な自治が認められて、ダージリン・グルカ・ヒル議会が確立された。現在は落ち着いているが、グルカランドの自治権の拡大を求めるグルカの武装勢力も存在する。

Image result for ダージリン鉄道 地図
世界遺産が走る「天空の街」インド・ダージリン 待ち受ける3つの「T」とは? | 乗りものニュース- (2)

バグドグラ空港はシリグリーまで12km、15分タクシー千円弱 ダージリンまで70km、 

◎シリグリ(Siliguri)は、

インドの西ベンガル州の都市である。シリグリ回廊に位置する。ネパール、ブータン、バングラデシュなどの近隣の国への空港、道路、鉄道の乗り換え地点である。シリグリはダージリン県に位置し、同県最大の都市である。ただし、県都はダージリンである。人口は47万人

ダージリンへの行き方 | traveL)(Rhythm

◎ダージリン・ヒマラヤ鉄道

ダージリン鐡道は、乗車に一日必要 運行曜日に注意、蒸気機関車は全線ではない。

Image result for ダージリン鉄道 地図

最高点は標高 2143 m。Darjeeling Toy Trainという愛称。 世界最古の山岳鉄道。開通を急ぐイギリスは、現場に既に存在していた山道や地形を流用し易いよう、本路線に用いるレール幅を軌間 610 mm のナローゲージとし、機関車には小回りが利く小型のタンク機関車を採用。1881年7月3日に開通。1999年11月には、オーストリアのゼメリング鉄道についで世界で2番目の鉄道における世界遺産に登録。2005年にはニルギリ山岳鉄道、2008年にはカールカー=シムラー鉄道も遺産に加えられ、「インドの山岳鉄道群」として拡大登録。

高低差 約2,000 m を非力なタンク車で登っていくのだが、イギリスはショートカットのためにトンネルを掘るなどコストのかかる工法を採らず、山間を縫うように路線を設定したため、全行程の約 70 % がカーブ区間となってしまった。このために、ハード面ではループ線が3箇所、スイッチバックが6箇所など当時の最新技術が駆使され、一方ソフト面では運用員による砂撒きなど登山鉄道としての工夫が随所に見られる。カルシャン駅(標高 1,483 m)からダージリンまでの一部の区間に限り蒸気機関車の運用が続けられている。機関車を運用し続けるために当鉄道には開業時から継承されたティンダリア修理工場がある。ここでは職人が専用パーツの1つ1つを作製するに当たり、開業当時から変わらない製法を使用し、砂型に溶けた鉄を流すところから手作りし、世界遺産であるこの鉄道の維持に貢献している。

起点となるニュージャリパイグリ駅のひとつ隣の駅・シリグリ駅が各方面への分岐点となっており、ここからダージリンに向かう。

これが100年以上前の本物の蒸気機関車である。観光色が強いとは言え臨時便ではなく定期列車として現役で活躍中の蒸気機関車が14両と、2002年製のディーゼル機関車2両が走っている。

定刻より約3時間遅れてクルセオン駅に到着。すっかり陽が西に傾いてしまった。ここで機関車の点検と石炭や水の補給・燃えかすの清掃のため一旦客車を切り離し整備場へと向かう。

◎ シリグリの テンジル・ノルゲイ・バスターミナル(ダージリン行) 又はHILL CART ROAD から乗合ジープが頻発 3時間3Rs程度 STNバスターミナルはシッキム行き、入域許可書発行場所

◎ハッピーヴァレー紅茶園

ここで製造されたオレンジペコの風味は最高です!

営業時間8:00~12:00、13:00~16:30休業日無休予算無料

市街地から歩いて1時間以上もかかりました。ここで、花が咲いている紅茶の木を初めて見ました。
この紅茶園では紅茶を製造する工程を見学出来ますが、工場見学(Factory Tour)は有料で、一人当り100ルピ-が必要です。工場見学は、ポーランド来た夫妻と一緒でした。
工場見学を終えると、代表的な品種の紅茶をテースティングすることができました。
売店も併設されていたので、Flowery Orange Pekoeなどの高級紅茶を半ダース以上買い求めました。

出発点のChowrasta広場  ここからチベット難民センターを経由して坂道を下り、ハッピーヴァレー紅茶園に向かうことにしました。

◎ 時計台 外国人登録事務所

関連記事

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅  2022年4月21日午後 トリノ、列車内マスクは規格品限定 

イタリアの5自治州廻 2年前の2020年2月、サンサルバドル空港で出国係官が私のパスポート見て

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2019年11月11日 (22)江蘇省 蘇州(1051.87万人)

https://photos.google.com/album/AF1QipM-PAEw6160

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 夫婦で旅行 2011年8月 イスラエル(国連加盟国51か所目)🏳‍🌈五輪3❽パレスティナ(モントリオール議定書締約国 国連オブザーバー)

エルサレム&パレスチナに滞在しましたが色々とすごかった https://youtu.be/

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 4月25日午後~26日早朝 マルタ騎士団(国連未加盟🏳‍🌈㉝) ローマ・テルミニ

2022年4月25日午後 ローマ googlephoto  https://photos.g

記事を読む

Future of Battlefield-tourism, including Mongolia

China and Russia  Even in just two weeks of Mon

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月27日 コルシカ島(フランス解放戦線🏳‍🌈㉟) 

https://photos.google.com/share/AF1QipMAplxu07KV

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2003年 中国⑹遼寧省 大連アカシア祭り ⑺山東省 曲阜 済南 青島 ⑻上海市 (未定稿)

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年9月4日午前 アルジェ カスバ(世界遺産)

  Facebook投稿文 2023.9.4 旅の終わりはアルジェのカスバ 「カスバ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月1~2日早朝 シラクサ

シラクサの宿     世界遺産 ネアポリ考古学公園   石切り

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月20日 タシケント朝の地下鉄とキルギス共和国(国連加盟国118か国目)ビシケク空港からホテルに向かう騒動

アルバム https://photos.google.com/album/AF1QipOYGptt

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑