*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 南北キプロス

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ

キプロスがみえてきた。空港で地図とバスダイヤもらう。シャトルバスがニコシアまで8ユーロ。到着点が町はずれにあるバス会社のターミナル。観光客はそこからタクシー。相乗りだが10ユーロは高い。同乗者はヨルダン人二人。前も同じ運転手だったと言っていた。私が地図を見ていると、ヨルダン人がGPSを使えば地図はいらないといわれ、人流学者としては一本とられてしまった。
IMG_4351
相乗りタクシーは、iインホォメーションがある旧市街のサークルまで運んでくれたが、タッチパネルのものがあるだけ。そこから一本道で北南キプロスの境界に行く。観光地化している。両者の入国窓口でパスポートを見せると、機械によみとらせている。住民は顔パスみたいだった。お互いに国として正式には認め合っていないのだから、パスポートに印をつけるわけにはいかないのだろうと思っていたら、パスポートの家族の連絡先の欄にシールが貼ってあった。単なる番号だけであり、どこのものかわからないものだが、南北キプロスのいずれかの入管が貼ったに違いない。

最後の分裂首都?

最後の分裂首都?


IMG_4354
IMG_4359
IMG_4362

北キプロスの方が田舎の雰囲気だが、ニコシアは観光地化している。メインの地域を外れると貧しそう。トルコ風呂があった。懐かしい名前である。ユーロが使える。トイレは有料。
IMG_4363
IMG_4365 IMG_4376 IMG_4371

南キプロスのバスターミナルで発車時間まで時間つぶし。タバコを吸う人が多く困った。地図を見ていると日本人中年男性旅行者が、北キプロスに行きたいが、今自分がどこにいるのかと尋ねてきた。空港でもらった同じ地図を持っている。スマホGPSを使えないのだろうかと思ったが、人のことを言える場合ではなかった。だいたいのことをおしえた。彼は北の首都まで行くつもりのようだ。バスターミナルでインターシティバスに乗る。鉄道がないからか、乗車効率が良い。
IMG_4397
IMG_4402
シングルで4ユーロ,ラルナカのバスストップはリゾートビーチが終点で、目指すホテルの近く。気持ちが良くなり、アイスクリームをかう。1ユーロ。勘を働かせて、迷わずホテルに到着。

当初キプロスの宿は空港で予約とも思った。将来ぶらり旅でもするときのために経験をと思ったからだが、結局出発の前日、日本でネット予約した。ジョゼフィーヌ・ブティックホテルとあったから、ラブホみたいだと思ったが、まさかと思い予約した。カウンターについてチェックインするときに、ホテルの係員が予約リストをみていたから、ラブホではないと確信できた。後でエキスペディアがメールで感想を聞いてきたので、良いと返事しておいた。考えてみたら、日本のラブホテルが、ヨーロッパ風をまねているのであって、ヨーロッパ風だからラブホテルだと思うほうがおかしいのであろう。徹夜でさすがにくたびれたのか、一風呂あびたら、爆睡。
IMG_4404IMG_4406IMG_4407
朝明るくなってきたので朝食前に散歩に出発。こんどはGoogle mapで目的地に向かう。日の出の海は綺麗。地中海と言ってもこの時期はまだ寒い。朝のジョギングをしている人にたくさんであった。芝公園一周みたいなものなのであろうが、景色はこちらのほうがいい。ガイドブックにも出ている砦を過ぎてひたすら歩く。空港がみえるので、空港には歩いていくことにきめた。
ソルト湖がみえた。遊歩道がある。同時に軍事施設もあり、機関銃を持った兵士がいる。フラミンゴがみえる。夏は干あがることが信じられない。二時間ほどの散策。さすがにくたびれたのか、朝食が欲しい。ホテルの6階のダイニング、たっぷりたべた。

ラルナカ発が夜の九時。昼過ぎまでホテルで休憩して、空港まで歩いてゆくことに決めた。世界で四番目に重要なモスクも湖畔に見えると案内がある。フラミンゴはピンク色であるが、まだピンクにならないものもいる。猛禽類が近づくと小鳥は一斉に飛び立つがフラミンゴは驚かない。バードウォッチャーがいる。その向こうに市街地が見える。

ピンクになる前のフラミンゴ

ピンクになる前のフラミンゴ

 IMG_4465 IMG_4467 

12日も夜の便でラルナカからアンマン、深夜便でアンマンからからドーハ、ドーハからエンテベ、エンテベからキガリと移動する。平和が戻ったとはいえ、テロの危険性もあるのだろう。空港では兵士を見かける。
IMG_4470
今回は、アンマンもラルナカも、ビジネスラウンジが使えることを計算に入れて、短時間のホテルは利用しないことにした。前回の南米のとき、短時間のホテル利用は費用対効果からあまりよくなかったからだ。ただロイヤルヨルダンはあまり力がない航空会社なのか、チェックイン能力やラウンジ設備がよくなかった。とくにヨルダンのチェックインカウンター職員の能率が良くなかった。ビジネスクラスのカウンターよりエコノミーの方が早かった。一方、セキュリティは厳しく、これまでモンゴルを含め大丈夫だった虫除けスプレーが駄目だった。結果的に虫よけスプレーは必要がなかったのだが。次にアンマンのトランスファーのところで、双眼鏡が引っかかる。理由がわからないが、何処に問い合わせをするのに時間を要した。往路は大丈夫だったのに、何故今回は問題になるのだと言ったが、現場に言っても駄目だろう。最終的にはことなきを得た。スパイと間違えられたとは思えない。ドーハの乗り継ぎも綱渡りだ。エンテベで大半の客が降機した。ルワンダはまだマイナーなデスティネーションなのであろう。

top_map

関連記事

 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記9 エチオピア・アジスアベバ

2月16日~18日エチオピア・アジスアベバ   いよいよ最後の旅行である。ジュピターホテルは無料

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

no image

モンゴル調査の写真

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

1-4 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査3 ヤンデックスのライドシェサービス

ヤンデックス社の予備情報(ネット情報) ヤンデックスは単なる配車アプリではない。近年はグーグ

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック (147) 2019年2月18日 

(承前 ナムビア虐殺事件とドイツ) ヘレロ・ナマクア虐殺は旅行に出かける直前に知った。 私は

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 1

There is Hovsgol region in the most northern part

記事を読む

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

チューリッヒ https://photos.google.com/share/AF1QipP0

記事を読む

11月17日大連経由哈爾浜 馬迭爾賓館

FACEBOOKにアップしたGooglephotoで編集した動画 https://photos.g

記事を読む

満洲里から綏芬河への列車の旅 24時間

動画 https://photos.google.com/share/AF1QipORcwc8Za

記事を読む

北中米旅行記⑥ ハバナ鉄道駅と欠航 11月10日、11日

◎鉄道駅 朝散歩。鉄道駅と中華街に出かける。キューバはクラシックカーと同様、鉄道ファンには古い

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑