*

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 南北キプロス

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ

キプロスがみえてきた。空港で地図とバスダイヤもらう。シャトルバスがニコシアまで8ユーロ。到着点が町はずれにあるバス会社のターミナル。観光客はそこからタクシー。相乗りだが10ユーロは高い。同乗者はヨルダン人二人。前も同じ運転手だったと言っていた。私が地図を見ていると、ヨルダン人がGPSを使えば地図はいらないといわれ、人流学者としては一本とられてしまった。
IMG_4351
相乗りタクシーは、iインホォメーションがある旧市街のサークルまで運んでくれたが、タッチパネルのものがあるだけ。そこから一本道で北南キプロスの境界に行く。観光地化している。両者の入国窓口でパスポートを見せると、機械によみとらせている。住民は顔パスみたいだった。お互いに国として正式には認め合っていないのだから、パスポートに印をつけるわけにはいかないのだろうと思っていたら、パスポートの家族の連絡先の欄にシールが貼ってあった。単なる番号だけであり、どこのものかわからないものだが、南北キプロスのいずれかの入管が貼ったに違いない。

最後の分裂首都?

最後の分裂首都?


IMG_4354
IMG_4359
IMG_4362

北キプロスの方が田舎の雰囲気だが、ニコシアは観光地化している。メインの地域を外れると貧しそう。トルコ風呂があった。懐かしい名前である。ユーロが使える。トイレは有料。
IMG_4363
IMG_4365 IMG_4376 IMG_4371

南キプロスのバスターミナルで発車時間まで時間つぶし。タバコを吸う人が多く困った。地図を見ていると日本人中年男性旅行者が、北キプロスに行きたいが、今自分がどこにいるのかと尋ねてきた。空港でもらった同じ地図を持っている。スマホGPSを使えないのだろうかと思ったが、人のことを言える場合ではなかった。だいたいのことをおしえた。彼は北の首都まで行くつもりのようだ。バスターミナルでインターシティバスに乗る。鉄道がないからか、乗車効率が良い。
IMG_4397
IMG_4402
シングルで4ユーロ,ラルナカのバスストップはリゾートビーチが終点で、目指すホテルの近く。気持ちが良くなり、アイスクリームをかう。1ユーロ。勘を働かせて、迷わずホテルに到着。

当初キプロスの宿は空港で予約とも思った。将来ぶらり旅でもするときのために経験をと思ったからだが、結局出発の前日、日本でネット予約した。ジョゼフィーヌ・ブティックホテルとあったから、ラブホみたいだと思ったが、まさかと思い予約した。カウンターについてチェックインするときに、ホテルの係員が予約リストをみていたから、ラブホではないと確信できた。後でエキスペディアがメールで感想を聞いてきたので、良いと返事しておいた。考えてみたら、日本のラブホテルが、ヨーロッパ風をまねているのであって、ヨーロッパ風だからラブホテルだと思うほうがおかしいのであろう。徹夜でさすがにくたびれたのか、一風呂あびたら、爆睡。
IMG_4404IMG_4406IMG_4407
朝明るくなってきたので朝食前に散歩に出発。こんどはGoogle mapで目的地に向かう。日の出の海は綺麗。地中海と言ってもこの時期はまだ寒い。朝のジョギングをしている人にたくさんであった。芝公園一周みたいなものなのであろうが、景色はこちらのほうがいい。ガイドブックにも出ている砦を過ぎてひたすら歩く。空港がみえるので、空港には歩いていくことにきめた。
ソルト湖がみえた。遊歩道がある。同時に軍事施設もあり、機関銃を持った兵士がいる。フラミンゴがみえる。夏は干あがることが信じられない。二時間ほどの散策。さすがにくたびれたのか、朝食が欲しい。ホテルの6階のダイニング、たっぷりたべた。

ラルナカ発が夜の九時。昼過ぎまでホテルで休憩して、空港まで歩いてゆくことに決めた。世界で四番目に重要なモスクも湖畔に見えると案内がある。フラミンゴはピンク色であるが、まだピンクにならないものもいる。猛禽類が近づくと小鳥は一斉に飛び立つがフラミンゴは驚かない。バードウォッチャーがいる。その向こうに市街地が見える。

ピンクになる前のフラミンゴ

ピンクになる前のフラミンゴ

 IMG_4465 IMG_4467 

12日も夜の便でラルナカからアンマン、深夜便でアンマンからからドーハ、ドーハからエンテベ、エンテベからキガリと移動する。平和が戻ったとはいえ、テロの危険性もあるのだろう。空港では兵士を見かける。
IMG_4470
今回は、アンマンもラルナカも、ビジネスラウンジが使えることを計算に入れて、短時間のホテルは利用しないことにした。前回の南米のとき、短時間のホテル利用は費用対効果からあまりよくなかったからだ。ただロイヤルヨルダンはあまり力がない航空会社なのか、チェックイン能力やラウンジ設備がよくなかった。とくにヨルダンのチェックインカウンター職員の能率が良くなかった。ビジネスクラスのカウンターよりエコノミーの方が早かった。一方、セキュリティは厳しく、これまでモンゴルを含め大丈夫だった虫除けスプレーが駄目だった。結果的に虫よけスプレーは必要がなかったのだが。次にアンマンのトランスファーのところで、双眼鏡が引っかかる。理由がわからないが、何処に問い合わせをするのに時間を要した。往路は大丈夫だったのに、何故今回は問題になるのだと言ったが、現場に言っても駄目だろう。最終的にはことなきを得た。スパイと間違えられたとは思えない。ドーハの乗り継ぎも綱渡りだ。エンテベで大半の客が降機した。ルワンダはまだマイナーなデスティネーションなのであろう。

top_map

関連記事

no image

『ビルマ商人の日本訪問記』1936年ウ・ラフ著土橋康子訳 大阪は「東洋のベニス」

1936年の日本を見たビルマ人の記述である 1936年当時の大阪市は人口三百万、町全体に大小

記事を読む

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわ

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

アンドラ アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわか

記事を読む

1-3 2018年9月10日 チームネクストモスクワ調査2 モスクワ大学での意見交換会

今回モスクワ大学を訪問で来たのは、鳩山紀一郎長岡科学技術大学准教授のおかげである。氏はモスクワ大学

記事を読む

CUBA③ 10th NOV 2016  Havana Train Station  & Flight Cancellation

Morning walk. I went out to the train station and

記事を読む

171 Paraguay /アスンシオン

日本の国土とほぼ同じ大きさ(日本の1.1倍)、人口は600万人前後 、5000ドル。 18

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記6 タンザニア・キリマンジェロ

2月13日~14日 タンザニア・キリマンジャロ 土曜日はキガリからの直行便がなく、ナイロビ経由

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

Sheep stone grilled dishes, Hovsgol Lake tourism, Summary

24th August In Tsuagan'noru, We participated in

記事を読む

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

アメリカ合衆国国内は航空網、鉄道網、バス網が発達しており、便利で安価

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

no image
コロナ禍のヴァーチャル旅行 カリブ編(総括)11地域の増加

カリブ海諸国は、アンティグア・バーブダ、キューバ、ドミニカ、ジャマイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑