*

183-1 カナリー諸島自治州 LPA

公開日: : 最終更新日:2020/02/25 海外旅行感想, 海外観光

カナリア諸島の地図

Canary Islands sandstorm: Flights disrupted as dust cloud strands tourists

https://www.bbc.com/news/world-europe-51608779

人口210万人 
 カナリア諸島は、諸島全体でカナリア諸島自治州を構成。経済基盤は主に観光と熱帯農業。欧州から年間約1000万人の観光客。日本人は3500人程度。 ラスパルマス35万人 空港から25キロ20分 カナリア諸島自治州は、EUの関税の範囲外。 かつて日本のマグロ漁船はラス・パルマス港を遠洋漁業の基地、その後南アフリカに移り、ラス・パルマス港では船舶の整備を行うのみ

2016/06/06 – 2016/06/06

11位(同エリア27件中)

LPA  ベゲタ地区 この博物館にはスペインに征服される以前の、カナリア諸島全域からの古代遺物などが数多く展示。観光スポットであるベゲタ地区にあり、2階には何百ものクロマニョン人の頭蓋骨などの古代の墓地跡から発掘された展示物が中心に展示 望遠鏡の設置にもふさわしい、ラ・パルマ島にグラン・テカン天文台がある。

コロンブス博物館
コロンブス博物館
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は CZ56_8uW0AQKIwR.jpg です
もう一つの歴史的保存地区、トリアナ通り
カナリア諸島大聖堂(Catedral de Santa Ana)

関連記事

2016年2月中東・東アフリカ旅行記1 出発前

2月8日から2月18日までヨルダン、南北キプロス、ルアンダ、タンザニア、ケニア、ウガンダ、エチオピア

記事を読む

no image

2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61

記事を読む

3⃣ 1 2018.8.14 モロッコ(128):タリファ、タンジール、ティトゥアン、シャウエン

https://photos.google.com/share/AF1QipN_sIjEGG_GQx

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(2)

◎2日目は高速道路で開城から板門店観光。車で2時間半から3時間。ここでも中国人観光客に圧倒された。ヨ

記事を読む

no image

173-2 サンサルバドル

13:10AA147914:51MIA SAL エルサルバドルは2度目。前回はグアテマラから

記事を読む

北中米旅行記➀ 2016年11月5日~6日 アンティグア・バーブーダ

◎ JFK空港   チームネクストの調査を終え、一足先にJFK空港まで地下鉄で向かった。駅で切符を

記事を読む

CUBA ➀

 8th Nov. 2016  I left Kingston early in the mo

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

21th August It was decided to try to reindeer m

記事を読む

172 Arubaアルバ

人口10万 カリブ海地域の中では生活水準は非常に高く、失業率も低い。アルバの国民総生産の半

記事を読む

[166]2019.10.15モルジブ マレ

https://photos.google.com/photo/AF1QipMwUso6mV_0

記事を読む

no image
ジョン・アーリ『モビリィティーズ』吉原直樹・伊藤嘉高訳 作品社

コロナ禍で、自動車の負の側面をとらえ、会うことの重要性を唱えているが

no image
QUORA  伊藤博文を殺したのは安重根ではないという説を見ました。もし安重根以外が殺したとしたら誰が何の為に殺したのですか?回

伊藤博文を殺したのは安重根ではないという説を見ました。もし安重根以外

no image
コロナとハワイ

https://wedge.ismedia.jp/articles/

no image
Quora  太平洋戦争(大東亜戦争)は侵略戦争だったのでしょうか?

侵略には外交用語として明確な定義があります。計画に基づいて軍

no image
Quora  日本には高校の日本史の教科書に載っている南京事件(南京大虐殺)をなかったと主張する人が高学歴の人にもいるのはなぜですか?

敗残兵が大量に流入した状態で司令官が降伏手続きを取らずに逃亡

→もっと見る

PAGE TOP ↑