*

Lesotho · Maseru (151) February 24th and 25th February 2019

I spent three hours at the transit of John. It was unexpected that the lounge could not be used. But when I was e-mailing I forgot that time passed. I arrived at Lesotho airport. I exchanged money. The fee is stupid. It is strange that only 230 will come although it is 300 lands at 20 euros, but it can not be helped. There is no pickup car. Since there is a shuttle, I decided to show the hotel name and ride. From the hotel, I thought this was about 130 lands. Many people got off at the first hotel. One of the remaining people has spoken to me in Japanese. He was a South African from Botsuana. The hotel which I stayed said that the meal was delicious. I arrived at the hotel. The driver says that the price is 150 lands, but if it says that there are only 130, it did OK. Check in. I will arrange airport arrangements for tomorrow at 6 o’clock. The staff at the hotel arranged for today, but it is a common story that it seems that someone mistook it. Ask a lunch box for breakfast. It is said that dinner is not done today on Sunday. I decided to deal with apples and tea. The surroundings are relaxed country scenery. There is a high court nearby. The inn was doing a kids football club. I slowly relaxed overnight.

There was a breakfast box in the morning, and I ate immediately. Can juice, boiled eggs, chicken, cheese sandwiches are a standard. I handed 100 lands and 5 euros to the airport taxi. As I say where to change the euro, the hotel told me that it will change as foreigners stay a lot. The mountain seen from the runway in the morning is beautiful. Looking at the African ground, brown carpets look spotty on the green site, but agriculture, I think that the biggest cause of environmental destruction is agriculture.

https://photos.google.com/album/AF1QipPJYAOXq0R2H6HcgZ_zRJzimvWHpk3j9t8a6o6e

(From Lesotho to Zambia, over Botuana etc.)

https://photos.google.com/album/AF1QipO8FSCn-cEXILo65u3LwJH4hPvN6pVGa4IYNsxi

関連記事

2016年2月中東・東アフリカ旅行記2 アンマン

◎ 2月8日~10日 ヨルダン・アンマン① 8日深夜カタール航空で羽田発ドーハ経由アンマンに向

記事を読む

no image

観光学研究者へのお願い 字句「観光」と字句「tourist」の今後の研究課題

これまで、日本語としての字句「観光」の語源等についての分析は、上田卓爾氏等が発表した論文があり、かな

記事を読む

no image

『高度経済成長期の日本経済』武田晴人編 有斐閣 訪日外客数の急増の分析に参考

キーワード 繰延需要の発現(家計ストック水準の回復) 家電モデル(世帯数の増加)自動車(見せびらか

記事を読む

no image

観光とツーリズム①

「観光」という中国語由来の日本語と「ツーリズム」という西洋語(tourism)由来の日本語が、日本に

記事を読む

no image

原爆観光 『公研』2016年1月号 p.48 「今のアメリカ文学から見るアメリカの今」

都甲幸治氏の発言に「これ以上の犠牲者を出さないように、慈悲の心で原爆を二個落としたといっています。日

記事を読む

人流を考える ~百か国達成の旅~ 

百か国達成を目指す旅に出ることになった。今回の旅行はひたすら数を追うたびである。 その意味ではHu

記事を読む

5月16日 中東旅行の開始 レバノン・ベイルート(101か国目)からスタート

〇中東のイメージ 中東、中近東の東はヨーロッパから見た東であり、中国から見た西洋よりは手前であ

記事を読む

no image

観光行動学に求められるもの 臭覚(匂い、臭い)についての理解

匂いについての下記解説を読んだ。臭覚により、人間は認知している面があるから、ロボットも認知できるた

記事を読む

November 3, 2016   Survey report No.3 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

   We visited the New York City Tourism Board.

記事を読む

no image

日本人が海外旅行ができず、韓国人が海外旅行ができる理由   『from 911/USAレポート』第747回 「働き方改革を考える」冷泉彰彦 を読んで、

勤労者一人当たり所得では、日本も韓国も同じレベル 時間当たりの所得では、日本は途上国並み これで

記事を読む

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

no image
錯聴 柏野牧夫

マスキング可能性の法則 連続聴効果 視覚と同様に、錯聴(aud

→もっと見る

PAGE TOP ↑