*

🌍🎒ジャパンナウ原稿「アフリカ大陸中南部の旅行から見えたもの」 

 2月の10日から27日までアフリカ大陸中南部の14か国を駆け足で旅行した。航空機の予約はGoogleフライト、宿の手配はBooking.com、現地のツアーはViatorを中心に、自己手配した。航空機の搭乗は23回もあったものの、馴れてきたのか予約ミスも変更もなかった。航空会社からも電子チェックイン等の案内がくるので大きな失敗は生じなくなってきている。それにしてもアフリカの航空運賃、というよりも税金が高いことには驚かされ、またビザ取得に煩わされた。訪日外客が急増した理由に、航空運賃の割安感、ビザ等の廃止効果が大きいことが旅行者になってみて実感できる。(アフリカ大陸の大きさに対する認識不足があらわれている)

アフリカは数十年前のアセアン諸国を思い出させる。当時アセアン諸国を旅行すると、インフラ整備が遅れており交通混雑に驚かされ、衛生状態も良くなく食事等にもずいぶん気を遣わされた。でも街には活気があった。いずれアフリカ諸国にもLCCが導入され、庶民も海外旅行に出かけるようになっているのであろう。

アフリカ中南部での日中韓のプレゼンスの違いにも改めて認識させられた。道を歩いているときは、例外なくニーハオと声をかけられる。コンニチハと声をかけられるのは、入管でパスポートを見せるときくらいである。機内の表示も中国語は見かけても日本語は見かけない。空港では、中国政府の援助で建設されたという表示も見かける。(QUORAのタンザニア人の感想が秀逸である。欧米人の醜さに比べれば中国人のプレゼンスは公明である)

ナミブ砂漠では現地の2泊3日のローカルツアーに参加した。総勢13名で、私が断トツの最年長であった。シンガポール、韓国、香港等の若者も参加していた。当地では韓国人専用のツアー会社が存在するくらい韓国人観光客を多く見かけた。自己紹介時Shuichiは発音が難しくスシということにしている。寿司は誰でも知っているのですぐに覚えてもらえた。トヨタより有名かもしれない。テレビではドラゴンボールやポケモンも放映していた。インバウンド(同時にアウトバウンド)が盛り上がっているのは世界中で起きている現象であることを改めて認識した。

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅  2014年2月 ボリビア(国連加盟国61)ラパス

ラパスからウユニ湖に行き、ウユニ湖からラパスに戻る。  ラパスからサンチャゴに戻る途中、アタカマ砂漠

記事を読む

no image

シニアバックパッカーの旅 ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(1060万人)、杭州(920万人

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月23日  シーラーズ

facebook投稿文 2023.8.23            テ

記事を読む

Malawi (150)      February 23 – 24, 2019

The Republic of Malawi has a population of 16 mil

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

Namibia · Windhoek (147) February 18th 2019

(Nambi massacre and Germany) I knew the Helle-

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 夫婦で旅行 2012年5月1~2日 スロベニア(国連加盟国52か国目)

議会の承認をとり、連休中の休暇として、スロベニア、クロアチアのツアーに家内とともに参加。スロベニア、

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年8月30日 アウランガーバード アジャンター

Googlephotoアルバム 2022年8月31日 https://photos.g

記事を読む

🌍👜 🚖シニアバックパッカーの旅 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)➁モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

no image

🌍🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 2019年9月9日チームネクスト視察で北京 10日HUAWEI、DiDi

台風の襲来に遭遇し、8時半出発が17時に延長。それでも出発できてよかった。自宅をでるまえに、14

記事を読む

PAGE TOP ↑