*

シニアバックパッカーの旅 レユニオン(🏳‍🌈仏領㉖) 2019年2月16日 

公開日: : 最終更新日:2023/06/04 シニアバックパッカーの旅

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジットとなっていたから飛びついた。しかも長時間のトランジットであり、ビザもいらないから好都合であった。

(モーリシャスからレユニオンまで)

https://photos.google.com/album/AF1QipNZS39C3RBK_rLkqaLbY9nMJQ_9bYeAhi-HdpDY

 空港から一人乗りウルトラライトプレインの遊覧飛行場所まで三十分かかった。暑いので汗をかく。十一時は気温が高く雲が多い。山登りの人も早起きしてのぼるそうだ。雨が降ると花嫁のベールの滝があらわれる。多少のものは、みえた。 とんでもない山奥に人が暮らしている。好きでくらしているから、文句はいわないのだろう。エコツアーで生計を立てているとか。この島に も人がいる不思議を調べてみたい。

 例のUCCの馬鹿高いコーヒは分からなかった。オーストラル航空のラウンジのコーヒを飲む。

 火山の上で、スマホの電源切れ。慌ててバッテリー交換したが、一番いいところ(火山の火口)は記憶に記録。後で、ネットで写真を探さないと。

ラグーナも圧巻だ。サン・ドニは空からですませた。黄色のバスもみえた?費用は一番長いコースで190ユーロ。遊覧飛行後、パイロットがホームメイドのケーキとコーヒーをごちそうしてくれた。どうしてここを知ったのかと聞かれ、ネットで出ていた遊覧飛行会社から、紹介されたといった。名刺を渡し、日本に来ることがあれば連絡してくれと言っておいた。桜の季節にゆきたいといっていた。

(空中散歩の動画1、2)

https://photos.google.com/album/AF1QipNcUlYi4KVAyNUXdaCkhKlx7NOorIwce20K2c3R

https://photos.google.com/album/AF1QipOrIvE_hienDo0znMbuDxbhvXbZdyTCxlHQARYS

よくわからないのだが、エアーオーストラルでは私はビジネス客扱いみたいだ。ラウンジも使え、座席も前方になっている。 席はガラガラで窓際にも移動が自由。ただしフライト時間が三十分と短い。 レユニオンは、ホテルの価格は三つ星クラスが多い。決して豪華な感じはしない。

Papangue ULM, Sainte-Marie, レユニオン Alain FRAPPIER<alain.frappier974@gmail.com>

I note that your plane is scheduled to land at 9.15 am 16 february 2019. You can be at the club by 10.30 am. So as soon as you get to us, weather conditions permitting, we’ll take you for circuit no 6. We are located on the other side of the airport. It is only a 5 minutes ride to us. The taxi driver will know. Note that the payment will be cash, as we do not have credit card machine. I leave my mobile number in case: 0692 83 76 58 If any problems, contact me by mail or telephone the day you arrive.

サラジ渓谷の滝.JPG
サラジ渓谷の絶壁を流れ落ちる滝(花嫁のベールと呼ばれる一群の滝)

レユニオンはフランスの海外県ならびに海外地域圏(レジオン)である。面積2512km2、人口約84万6,000人(2010年推定)一人当たりGDPは約26千ドル(2013年)と高いが失業率は30%・若者の60%(2014年)、貧困層が人口の42%(2010年)という問題を抱える。安芸 敬一(1930年~2005年)は日本の地震学者(国籍はアメリカ)

関連記事

シニアバックパッカーの旅 ① 父親の遺言であるイラワジ河散骨旅行 ~『両忘』~2016年5月

2015年12月9日亡くなった父信次の遺言である、イラワジ河での散骨の実施を計画した。 妹の予定と

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

https://photos.google.com/share/AF1QipOlsi4m4MZPEs

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 ロンドン配車アプリ調査⑥(まとめ) 人流サードパーティ(3PHL)の将来

人流を考察していると絶えず物流の世界を追いかけていると感じる。コンテナの出現により海運同盟が崩壊し、

記事を読む

no image

シニアバックパッカーの旅 2018年8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

no image

シニアバックパッカーの旅 動画で見る世界人流観光施策風土記   モンゴル紀行 メモ書き シャーマン動画 トナカイ解体動画

ツァータン族の居住地の4泊分は、通訳代、移動費を別にして、180万ツグルであった。 ツァーマン

記事を読む

no image

シニアバックパッカーへの道 2008年2月 米国 ロサンジェルス プレティーウーマン

2008年2月20日 南米からの帰路、ロサンジェルスに初めて立ちよった。運輸省同期の茅野理事の手配に

記事を読む

シニアバックパッカーへの道  2006年8月29日~9月1日 長女との旅 エジプト(国連加盟国25国目) カイロ、ルクソール

特典航空券を利用して全日空ビジネスクラスで旅行を計画、エジプトとギリシャは長女と一緒に旅行し、東京に

記事を読む

シニアバックパッカーへの道 2008年2月 南米(ヴェネズエラ、パナマ、コスタリカ)旅行全体計画

  成田 NY MAIAMI カラカス

記事を読む

November 2, 2016   Survey report No.2 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

   We went to the New York Times. In the New York

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 2013年5月 バングラディッシュ(国連加盟国56か国目)

バングラディッシュでのガイドは、日本でも働いたことのあるという人物で、旅行会社の経営者でもあった。ダ

記事を読む

no image
言語とは音や文字ではなく観念であるという説明

観光資源を考えると、言語とは何かに行き着くこととなる。 愛聴視し

no image
世界の運営を米国でなく中露に任せる 2023年6月7日  田中 宇

https://tanakanews.com/230607armeni

ヘンリーSストークス『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』2013年祥伝社

2016年10月19,20日に、父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修

旅籠とコンテナは元来同義 自動運転時代を予感 『旅館業の変遷史論考』木村吾郎

世界各国、どこでも自動車が走行している。その自動車の物理的規格も公的空

no image
旅館業法論議 無宿人保護(旅館業法)と店子保護(不動産賃貸)の歴史 

◎東洋経済の記事 https://t

→もっと見る

PAGE TOP ↑