*

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月14日 キエフとチェルノブイリ概観

公開日: : 最終更新日:2023/06/15 シニアバックパッカーの旅

キエフの街

キエフで宿泊したホテルは朝食がない。キオスクが街角に多くあり、購入。驚いたことにカードが使える。

https://photos.google.com/share/AF1QipPkgTtc2HSU6wXBcpWqMOYlXrNkEtlaFbJ6gbNG8e6pO-jx75tXOaPzeg1xD8n2Rg?key=YWkyNlIySTJpZjg5Z3g5a3BYa25tem5maFByblNR

 

チェルノブイリ観光 パワースポットを探る旅

 

チェルノブイリ観光はキエフの独立広場付近が集合場所。もう一カ所は中央駅だ。人気があり多くのツアーが催行されているので、バスに乗り間違えないようにしないといけない。Getyourguideでは服装のことを書いていたが、参加者はあまり気を使っていなかった。私のは日本語ガイド付きとなっていたのだが、スマホあぷりから日本ガイドのページをダウンロードして、場所とシンクロさせて自分で聞くという代物。別に料金を支払わなくても聞けそうなのもである。おまけにうまくダウンロードできず、結局ガイドの生の英語説明を聞くことになった。

作家東浩紀はチェルノブイリへの観光ツアーを実施しているようだが、この現地ローカルツアーから判断する限り、付加価値を高めるため旅行商品として工夫しているとは思うものの、彼の冠ツアーの46万円は高いと思う。私のは1万円であった。キエフまでの交通費がonされることになるが45万円もしないだろう。なお、HISのツアー等、旅行保険を引き受けているようだから、ダイビングツアーのように危険ではないという判断を保険業界はしているということである。

 

 

チェルノブイリ観光の入り口でお土産を売っている。どくろマークの入ったグッズである。ガスマスクもある。制限地域内で生活しているヒトも存在し、レストラン等を営業している。我々の昼食もそこであった。ツアーの途中でガイドから福島では何人死んだのかと聞かれた。直接の死人は零だったと答え、間接の死亡者数は知らないと答えておいた。チェルノブイリの人でも福島でも死人が出ているのではないかと思っているくらいだから、他の参加者は当然そう思っているだろう。このことはどうしようもないことであり、否定から始めても疲れるだけであろう。ガイドからは地域内からは一さおものを持ち出さないように忠告を受けた。以前にお土産に区域内で取得した人形を持ち帰った人が、体調を崩したことがあり、その原因は完全に除染されていない人形だったからであることを教えられた。一種の神話かもしれないが、用心すべきことであろう。ガイドはいたるところでガイガー係数の値が急に高くなるところを教えてくれる。水がたまりやすく、放射性物質が凝縮されやすい場所あるのであろう。パワースポットといっていた。これぞ本当のパワースポットである。https://photos.google.com/share/AF1QipMT9iJ8q7ta5u4Gw2DU-hBFCUIDwRwpoE7d3CUgDKZ3uMugoX-olAsswrWtRLbBAg?key=NlRhLS01YzVISHNuam5VVTByRGtGS3ptOFlWT0hB

https://photos.google.com/share/AF1QipN9bAo3B4by3C5jvHHS7w5xbI_r1yBujFUk7CFLIbXqZ2dp38VoWXGW0zuCFJsoYg?key=N0ItMjhHcnNQWkRRQzMxeDltOVJVNlYtZmdQR0dB

チェルノブイリには米軍ミサイル攻撃を探知するための巨大な電波探知基地が設置されていたが、住民はほとんど誰も知らなかったようだ。原子力事故で使用できなくなり、その存在が明らかになったという。フェイクの路線バスまで用意されていたようだ。

https://photos.google.com/share/AF1QipPGBEHbED8f_vGKWvZJGFzUFUt3yfVfyf89bVPlFwGQfvU_wqpHqMo-YvtXGMJFmg?key=NWlydmx4dUhZQ3FvdHVlNkZZRXd4ZnBnRm1lSmp3

BBCでもチェルノブイリの記事が出ていたので紹介しておくhttps://www.bbc.co.uk/news/resources/idt-sh/moving_to_Chernobyl

キエフでの出来事(15日チェックアウト)

9月15日朝六時に宿をチェックアウト。ガードマンしかおらず、支払いができない。窓口の女性がおこされてきたが、チェックインの時の女性。現金はないかというが、ないというとようやくガード支払い機をセットした。
地下鉄は一回来た道なので楽。8払い、乗り換えも楽に理解。バス乗り継ぎ駅で322番バスをみつける。
 

空港でトラブル。ベルビア航空の予約がないといわれる。係の人が来てよく調べると8月15日になっている。AUGとSEPの違いを気付かなかった。他のチケットはアプリに入っているので何度も確認していたか、このチケットはメールだけの確認書。私の不注意。すぐにチケットを買いに行く。時間が少なくなり間に合うのか心配になった。三万円弱。同じ便がウクライナ航空から売られている。ビジネスはあるが、エコノミーは残り少ない。それでもあるだけまし。予定を変えずにすんだが、危機は引き続き発生した。

 

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月15日~17日 チュニジア(国連加盟国149か国目)チュニス

2022年5月15日   https://photos.google.com/al

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅  バレンシア 2024年2月9,10日

https://photos.google.com/share/AF1QipPZPhjgJabRzT

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(国連加盟国115か国目)アルマトイ

アルバム https://photos.google.com/album/AF1Qip

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年9月9日 パキスタン(国連加盟国150か国目)ラホール

https://photos.google.com/album/AF1QipO3-WT9Ii27

記事を読む

🗾🎒三重県一身田 父親の納骨と道中の読書  『マヤ文明』『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』 2016年10月19日、20日

父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修寺(せんじゅじ)に納骨をするため、山代の妹のところに行き、一晩

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 スペイン バレアレス諸島(イビサ島(世界遺産))🏳‍🌈  ヒッピー、クラブ文化 Cafe del mar Privilege

https://photos.google.com/album/AF1QipP6MsIBoP9_

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 グアテマラ(国連加盟国84か国目)、エルサルバドル(国連加盟国83か国目)とマヤ文明 2016年11月11日~13日

  ◎ グアテマラ到着 サンサルバドルの空港はキューバと異なり一流で混雑している。

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル調査の写真(佐野姫路独協大学教授からの寄贈)

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2006年9月9日  ルクセンブルグ(国連加盟国29か国目)

ブリュッセルから鉄道で往復しただけ。欧州一高額所得の国なのは、ワシントンと同じか。

記事を読む

Message

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑