*

5月6日 マルタからボローニャ

公開日: : 最終更新日:2017/05/22 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

マルタ、サンマリノの旅の動画
https://photos.google.com/search/_tra_/photo/AF1QipMxhIKnbxb6iuXx6QffQ-vwaJPUQKhow9v50Qzw

〇マルタ発
マルタからボローニャのホテルまでは、Googlemapの案内では車で17時間とある。私は飛行機でホテルまで、朝五時にマルタのホテルを出て、ボローニャのホテル到着が12時であったから、7時間である。イタリア半島には魅力的な観光地が多く、車等で順番に見て回るのがいいのであろうが今回は国の数優先ということで、サンマリノ直行であった。

予約はbookingcomで行った。観光ガイドもBookingcomにつている情報で十分。マルタではダイレクトにホテルに予約を入れたから、ホテルのHPの観光情報しか手に入らない。ホテルのページでもガイド的情報もあるが、ホテルの経費にも限界があろう。ホテル自体の情報と併用がいい。

マルタ空港の出発カウンターはあまりよくない。まず、webチェックインができず、長い列をまたされる。出発ゲートがギリギリまで確定しない。観光地としては問題である。ローマ空港での乗継は経験済み、ただしゲートがまた変更。B4人が少ない。おかしいと思っていたらB17に変更になっていた。気を付けないと大変なことになる。
アリタリアの機内誌では、世界の国際ネットワークとして、アメリカの空港が10のうち9.、例外がジャカルタで七位。とあった。そんなものなのか。

〇ボローニャ着
ボローニャ空港に到着。思ったより本数の多い空港で、ここを拠点に移動するのも一つの方法である。到着すると中国語表記の案内が目立った。日本語はない。漢字で書かれているから便利である。

空港から中央駅までバスが便利である。6ユーロ、乗り場はすぐにわかった。切符の自動販売機。車内でも買えるようである。帰りのバスの時刻を写真。たむろしていたロマの女性が親切だった。警戒しすぎか。でも後でチップねだりだと分かった。なお、帰りのバスのなかで車内検札をはじめて経験した。IMG_8572

駅で明日のリミニ(サンマリノ)行の列車を確認する。切符も買い求める。イタリア語のオンパレードで自動発行機の使い方がよくわかず、カウンターで購入。このカウンターが順番待ちの列の札をもらうようになっており、わからずに注意される。

ボローニャは人口37万。日本の県庁所在地程度だが国際的知名度は圧倒的であるのはボローニャ大学のおかげか。しかしこのボローニャ大学はどこまでがキャンパスなのかわからず、人に聞くとここが大学だといわれ、日本のように敷地が区分されていない。もっとも大学が先にあり、町が後でできたのだろう。DVDでみた映画「薔薇の名前」の作者はボローニャ大学の教授であった。

駅からメインストリートのインディペンデント通りをあるく。混んでいて歩きにくい。小雨。何かのデモを行っていた。アラブ系やアフリカ系の人をよく見かける、というか当たり前のように存在する。ただし、降雨時の傘売りなどはアフリカ系しかお目にかからなかった。物乞い、香具師はコーケイジャンの方が多い。
IMG_8475
広場にでる。有名な大小の塔がみえる。修理中で上れない。

動画
IMG_8481

教会そばの市場と食堂街は日本と、変わらない。
動画
IMG_8518

翌日食べたもの

昼食にと「地球の歩き方」に出ていたレストランを探すが、ギブアップ。Googlemapの地図をダウンロードしていないので使えない。仕方なく、飛び込みのパスタの店にはいる。wifiがつかえる。Googlemapでさっきの店入力。夜はそこにしようと探す。スマホにホテルまでの案内も出てきてこれで一安心。パスタの店は大繁盛。幸い一人だったので。13ユーロ。ワインは3ユーロ



動画
IMG_8489

ホテルまで、イタリア式雁木の通りを歩く。コンドーム自動販売機が目立つ。日中友好食堂もある。つまり寿司も麺類も売っているのである。日本の洋食屋も、イタリア料理とフランス料理を一緒に売っているから文句がつけられない。そのうちホテルの到着した。


ホテル

中央駅での乗車風景 イタリアだって整列乗車していません。

関連記事

no image

杉原幸吉先生の「錯覚観光」 ジャパンナウ観光情報協会セミナー

杉原幸吉先生の錯覚の研究についてはこれまでも紹介してきたので省略して、今回のセミナーで気付いたことを

記事を読む

no image

ジョン・アーリ『モビリィティーズ』吉原直樹・伊藤嘉高訳 作品社

コロナ禍で、自動車の負の側面をとらえ、会うことの重要性を唱えているが、いずれ改訂版を出さざるを得な

記事を読む

no image

観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖閣諸島も血を流してまで得るもの

記事を読む

no image

シャマンに通じる杉浦日向子の江戸の死生観

モンゴルのシャマン等の観光資源調査を8月に予定しており、シャマンのにわか勉強をしているところに、ダイ

記事を読む

no image

 ホテルと旅館『西洋靴事始め』稲川實 現代書館

観光学でホテルと旅館の違いを説明するときに、私は芦原義信氏が西洋建築と日本家屋の違いを述べられたと

記事を読む

② 5月18日、19日朝 ビエンチャン

父親の遺言を果たすため、ミャンマー旅行を計画。折角なので両親が二人で最後の海外旅行をしたラオスも回る

記事を読む

no image

QUORA あなたが「この人誤解されてるな」と思う歴史上の人物は誰ですか?

あなたが「この人誤解されてるな」と思う歴史上の人物は誰ですか? ネルソン・マンデラさん。

記事を読む

no image

2016年3月1日朝日新聞8面民泊関連記事でのコメント

 東京都大田区が、国の特区制度を活用して自宅の空き部屋などを旅行者に有料で貸し出す「民泊」を解禁

記事を読む

November 3, 2016   Survey report No.3 on taxi dispatch application and tourism advertisement in New York by Japanese taxi business CEOs

   We visited the New York City Tourism Board.

記事を読む

no image

保護中: JN原稿 視覚情報を解釈する脳

生物に目という臓器ができて、進化の過程で人間にも目ができあがって、宇宙空間を飛んでいる光子

記事を読む

PAGE TOP ↑