*

5月7日 サンマリノ訪問

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

〇ホテルと中央駅の徒歩アクセス

朝空港までバスでゆくためには、朝食後徒歩で中央駅にアクセスできるか早起きして確かめてみた。朝食は七時ということであったが、早めにできたので、明日も大丈夫だろう。

駅まで山勘で歩いたら、途中で逆方向であることに気がつく。ランアバウトの交差点があると方向感覚が狂う。スマホが必要。結局徒歩25分の距離。
空港バスの運転手に明日の切符はかえるかきいたら今でも車内で買えるという。有効期間が購入日に限定されていないのかはわからないが、明日も大丈夫だという。しかし昨日のロマがいてチップがうるさく、サンマリノの帰りに買うことにした。
ホームに入る。切符の刻印を忘れていたが、浮浪者(?)が教えてくれた。チップ狙いか?

朝八時の列車。昨日発車ホームが7番と確認。案内係は4番と言っていたが、テーブル表は7とある。
車掌に見せると車両を指差す。指定席だったが、イタリア語が読めない。昨日は席は自由ときいていたが、私のヒアリング能力がわるいのか。ただ席は勝手に座っているものもいた。乗客が少なければそんなものだろう。

車窓は飽きないが、だんだんと似てくる。小麦畑は日本でもときおりみられるが、ワイン畑はなく、変化がある。ベニスに行った時を思い出す。水田風景は日本特有でもなくアジア一帯で見られる。しかし、その水田風景も東京近郊でもめずらしくなった

〇サンマリノ
リミノの駅前で切符売り場を探す。
タバコ屋で売っているようだ。日本と同じようなもの。
やはり切符を持っていない西洋人がいたので、買い方を聞くと、誰かが教えてくれた。

サンマリノ行きのバス

動画 自転車
IMG_8536

サンマリノの人口は三万だが、一人当たりのGDPは4万ドルを超え5万ドル近い。日本より豊かである。交付税をもらっていないのだから、学ぶべきことが多いはず。ただし周りのイタリアの地方都市と比べどうなのか調べる必要がある(イタリアの平均は3万ドル)。消費税が低いのでブランド品店が多い。付近のイタリア人も買いにくるのであろうか。

道中、スマホが突然作動しなくなった。なんとかバッテリーからある程度充電、あかランプになると、充電を受け付けなくなる。タブレットは大丈夫だからスマホに原因がある。スマホのバッテリーが消耗したのかも知れず、旅行中はタブレットを使うようにする(結局後で、充電ケーブルに問題があることがわかる)。家族にはタブレットの電子メールは使えるので、パソコンアドレスも大丈夫だと伝える。ただし、緊急のとき電話が通じないのでよろしくとめーるする。

サンマリノの車の ナンバープレートはブランド品の模様みたいでわかる。ブランドショップが多いのは税金の関係か。面積八丈島程度の地域は日本にはいくらもある。ただし日本の田舎は真似ができないだろう。交付税を叩き返してまで観光で地域越しをすることはできないだろう。ちょっとしたイベントまで市の金をあてにする人が多いことは市長時代に経験済みであるが、どこでも同じである。

アプローチ道路には観光らしい施しもある。日本もお城に神社仏閣、お土産と同じ。サンマリノは砦、教会にブランド品、雑貨は何処も同じだ 、日本の刀まで売っていた。カタナといっていた。入場料も4、5ユーロ相場だろう。教会は現役であるところが神社仏閣と少し違うが、外人には違いがわからず退屈するはず。従ってお城や砦の方が刺激的で見張らしも重要。山城がよい。機関銃をもった警官がいた。裁判官は外国人だそうだ

山頂の砦

街並み

〇ミニ国家
 バチカン、サンマリノ、マルタ騎士団 サンマリノは、現存する共和政体を採用する国としては世界でも最も長い歴史をもつ。アメリカ大陸がヨーロッパ人に知られる以前、すでにサンマリノ共和国初代大統領が就任していたといわれる。1631年、ローマ教皇が独立を承認し、世界最古の独立共和国となった。
サンマリノでは国民のほとんどが顔見知りという状況下で公平を期すため裁判官は外国人に限られている。

24キロメートル離れたイタリアのリミニとは定期バスで結ばれている。ボルゴ・マッジョーレからサンマリノ市(旧市街)へのロープウェイがある。エレベーターも公共交通機関として利用されている。軽飛行機向けの650メートルの滑走路、ヘリポートがある

〇サンマリノの観光状況
2016年の訪問客数は194万人、2015年が189万人である。
 http://www.statistica.sm/contents/instance15/files/document/14092830Tav_Afflusso_tur.pdf

内訳は、イタリア人の宿泊客が、ARRIVALベースで7万3千人(うちホテルが5万9千人、ホテル以外が1万4千人)平均宿泊日数1,6泊(ホテル1.4ホテル以外2.5)となっている。イタリア人以外の外国人宿泊客はARRIVALベースで4万7千人(うちホテルが3万2千、ホテル以外が1万5千)、平均宿泊数1.8泊(ホテル1.4 ホテル以外2.8)となっている。2015年、2014年とくらべてARRIVALベースでの数字は増加している。宿泊日数はホテル以外、つまり親戚知人等の施設の場合が長いことがわかる。
いずれにしても当然のことながら、宿泊客数は多くて年間10万人程度であり、大半が日帰り客である。しかし、一人当たりのGDPは我が国をしのぐ5万ドル近い数字となっており、その秘密を探らなければならない。
http://www.statistica.sm/contents/instance15/files/document/14092844Arrivi_presenze_.pdf

サンマリノ政府が公表してる経済指標によれば、全体の所得5億ユーロのうち、製造業が1,5億であり、Accommodation And Food Service Activities は0.14億ユーロである。ウィキペディアには「サンマリノのGDPの50パーセント以上は観光客(281万人、2004年)によるものであり、1997年の段階では330万人以上が訪問している。1985年には小規模な空港が完成した。観光以外の基幹産業としては銀行業、電子産業、窯業があり、主な農産品はワインとチーズである。一人当たりの支出レベルや生活水準はイタリアとほぼ同様である。」と記載されているが、数字も古く、観光のウェイトはかなり低下していると思われる。つまり観光以外の要素により高水準が維持されていると考えられるのである。

関連記事

no image

保護中: 対面型産業の物価注視を 危機後の金融政策の枠組み

対面型産業の物価注視を 危機後の金融政策の枠組み 日本経済新聞【経済教室】2020年6月29

記事を読む

人流・観光論議

ヒトの移動を惹起する、日常・非日常の区別は脳の中のことであり、外形的には捕まえられないことから、外形

記事を読む

no image

中国語の中の日本語(Chinese Borrowings from the Japanese Language) 陳 生保(Chen Sheng Bao) 上海外国語大学教授

中国語の中の日本語(Chinese Borrowings from the Japanese

記事を読む

no image

Ctripの空予約騒動について 大山鳴動に近い騒ぎ方への反省

「宿泊サイト、予約しない部屋を販売」といった表題でテレビが取り上げ、関係業界内ではやや炎上気味であ

記事を読む

no image

用語「物流」と用語「人流」の誕生経緯

平成26年度後期の帝京平成大学の授業で「物流論」を担当しています。偶然私にお鉢が回ってきたのですが、

記事を読む

no image

北朝鮮と日本の核開発に関する記事のメモ(「宗教から国際問題を理解する」 佐藤優×出口治明)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10242?page=3

記事を読む

no image

人流 人返しの法

人返しの法(ひとがえしのほう)は、江戸時代の天保の改革において、江戸の人口を減少させ地方の農村部の

記事を読む

no image

『日本経済の歴史』第2巻第1章労働と人口 移動の自由と技能の形成 を読んで メモ

面白いと思ったところを箇条書きする p.33 「幕府が鎖国政策によって欧米列強の干渉を回避した

記事を読む

no image

マザーテレサ 歴史は後から作られる例

マザーテレサについて、ウィキペディアは、正反対の記事を二つ載せている。 スコピオを旅行したと

記事を読む

『言ってはいけない中国の真実』橘玲2018年 新潮文庫  

 コロナ禍で海外旅行に行けないので、ブログにヴァーチャルを書いている。その一つである中国旅行記をつ

記事を読む

PAGE TOP ↑