*

2⃣ 6 2018.8.13(月) セビリア、(コルドバ)、ジブラルタル、アルヘラシス(127)

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 海外旅行感想, 海外観光

https://photos.google.com/share/AF1QipOxP8oGQAmmekU0d6E6lsldff2KmkOBn0gcWCKRfRgTtWP_vdI7Qy6XN3a8iFHeNw?key=YnAxRUxvSGdYRjc4TF9DUnZXbERsZ25oQ1VId213

ダカールの出発は23時過ぎ。マドリッドには3時ころの到着だから、機内には3時間程度。私の席は前列から2番目、おまけに1列、2列には乗客はいない。すいているわけでもなく、三列目以降は混んでいた。JALのプライオリティカードだからかと思ったが、空港係員は知らなかったのだから、何故なのだろう。高い切符を買った記憶はない。三席を独占できるので、肘当てを跳ね上げて、横になって休んだ。

マドリッド空港では乗り継ぎ客が野宿していた。昔のカニ族が駅で野宿していたようなものだ。カニ族とちがいのは、バッテリーの充電であろうか。私も充電場所を探して充電したが、充電ケーブルをうっかり忘れてきてしまった。すぐに探しに戻ったのだが、既になかった。マドリッドは24時間体制でもあるのか、野宿族にも優しく出てきた。あとで経験したヒースロー空港での野宿族に対する扱いとは大きな差があった。

イベリア航空のラウンジを探すの一苦労した。しかもラウンジは案内とは異なり、既存のコーヒー店等の無料利用券を渡されるだけである。セビリア行が二時間以上おくれる。それなら、コーーヒー店を出ることはなかったのだが。ラウンジではないから、もう一度というわけにはいかないであろう。

後の行程に影響。まずセビリアからコルドバの鉄道のキャンセル、5°%の手数料で済んだ、あまり意識しないで購入しておいたが、リファンド可能なものだったようだ。

空港に到着、セビリアを二時間みてまわる予定を一時間に短縮して、タクシーでまわり、駅に戻る。15分時間があり、十分に切符を買う時間があった。自動販売機が目に入らす、受付の順番にならぶ。英語のわからない係員のところに行かされた。コルドバ一人といったはずだが、片道切符を2枚くれる。おかしいのですぐに1枚でいいといって、変えてもらい、ホームにゆく。同時にグラナダ行きがあったのだが、よくわからず切符をみせて乗り込み、周りの人にコルドバにもゆくのかと聞くと、行かないという。切符をよく見ると、私に切符もグラナダ行になっている。あのまま乗車いていたら、たいへんなことになっていたであろう。慌てて駅の窓口に戻る。今度は列車が出た後だったのですいていた。しかし同じ係員の窓口ではなく、隣をあてがわれた。事情を説明すると、監督者と相談して、払い戻ししてくれた。あらためてコルドバ行きを購入。結局、コルドバで乗る予定の列車に乗車する羽目になってしまい、メスキータを見る機会を失してしまった。自動販売機の扱い方を改めて身に着けたが、後の祭りでもあった。

アルヘラシスに行く列車で、日本人女性三人連れとであう。乗換駅が不安でデッキにいたからだ。乗り換え予定の一つ手前の駅で迷ってしまったからだ。結局これは違うと分かる。駅名を見ればわかると思うものの、不安になるのである。私のTシャツにJapanを書いてあったから日本人とわかったようだ。私の方はまた、韓国のいきいい女性かと思っていた。
大きなトランクをガラガラひきづっている。女性は荷物が多く大変である。アルへシラス到着がおくれ、彼女たちがタクシーに乗り来んでフェリーターミナルに向かった。船の発着はCIQもあり、定刻通りでないから間に合ったであろう。私のジブラルタルゆきバスの時刻にはぎりぎり間に合うが、乗り場がよくわからない。親切な人が教えてくれば、バースは全く逆であったが、次に親切な人が訂正してくれた。

ジブラルタル

ジブラルタルのケーブルカーの最終時間があり、急いで向かう。国境審査は形通りのものはあった。ケーブルカー乗り場いきのバスを教えてもらう。英国ポンドが使えるが、釣りはジブラルタル£である。ここでケーブルカーとは日本ではロープウェイのことである。ミャンマーでもケーブルカーと書いてあったから、本当はケーブルカーであり、日本のロープウェイは間違いなのであろう。日本では鋼索鉄道と索道に使い分けているが、英訳は違うようだ。

アフリカが見える。というより、神戸から淡路島が見えるような感じである。それなら橋をかけようかという気にもなるが、船の通行に邪魔であろう。欧州もアフリカも台地であることがよくわかる。海岸線からすぐ山である。いずれトンネルを掘ることになるのであろうが、掘ればあアルへシラスやタンジールは寂れるであろう。

ケーブルカーの終点では人が待っている。最終時間前だからだ。従って私も駆け足で見て回り、急いで列についた。このようなときは独り者はたすかる。係員があと一人だったのだろう、前にいた家族連れを飛ばして私をのせてくれた。

アルへシラスの宿はスマホのログですぐに分かった。隣の店がリスボンと書いてあるので、経営者は同じなのだろう。ここだと言ってくれた。フェリー乗り場行のバス乗り場が心配で、調べに行く。間違いなくバス乗り場あるので安心して帰る。物流は夜動くというが、活発であった。

https://photos.google.com/share/AF1QipPKkFos5Jis6WmuGzIU-r-ukB9-a5E_Mq7k8HC19UuEPjyKcTr3H1J3MIFttVPQFg?key=OTQ5MGtFWUdKdXYzdDFvSHRPNXpvRWJaWmFIdnZn

関連記事

住民所得が沖縄を超える済州島が抱える観光課題 ~プレスツアーへの参加~

11月2日から4日までの短時間であるが、済州島のプレスツアーに参加した。記事を書くということだけが条

記事を読む

1-3 2018年9月10日 チームネクストモスクワ調査2 モスクワ大学での意見交換会

今回モスクワ大学を訪問で来たのは、鳩山紀一郎長岡科学技術大学准教授のおかげである。氏はモスクワ大学

記事を読む

11月18日午後 ハルピンの安重根記念館 サンフランシスコのForgotten Camp

動画 https://www.facebook.com/shuichi.teramae/video

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

no image

2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。

記事を読む

[161]2019.10.05米領サモア パゴパゴ 

米領サモアは、入国許可書取得が必要で、約2000円下記のネットで取得。  10月5日FGI

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

no image

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

サンモリッツ 人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津

記事を読む

no image
2 2019.10.12 再びブリスベン

https://photos.google.com/photo/AF

no image
2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF

[153] 9月26日ソロモン諸島ホニアラ(HIR)離着陸だけ

https://photos.google.com/photo/A

[154] 2019.9.26 ナウル共和国(INU)

ナウル到着。

no image
2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半

→もっと見る

PAGE TOP ↑