*

3⃣ 1 2018.8.14 モロッコ(128):タリファ、タンジール、ティトゥアン、シャウエン

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 海外旅行感想, 海外観光

https://photos.google.com/share/AF1QipN_sIjEGG_GQx5g4sPY40xVADPHsb3e9E9FItqzCLlO9Yugp6R9D_ZvHGv0OiCO3w?key=Q1ZBQUtGV01PenhBdHNRYV9LWDdwRXNjYXpmVkZR

朝早起きをしてアルへシラスのバス乗り場に行く。乗船券を見せれば乗せてくれる。タリファ港間で無料のシャトルバスである。所要時間は約30分。チェックインは出発時間の45分前までだが、バスに乗ればいいのだろうと思っていた。出国手続きがあり、かづぎ屋のおばさんたちが巨大な荷物を手と足を使って、出国審査を受けている。生活がかかっているから、係員たちも何もいわない。フェリーだったので、高速船かと思っていた私は不安になった。高速フェリーという意味であった。他にそれらしき船が見当たらないからである。

船内で入国手続きをすることになっていたようだ。事前にネットで知っていたはずだがわすれていた。到着後指摘され、船内に戻り手続きをする。次に両替商を探すが見当たらない。人に聞くとフェリー会社の事務所に連れてゆかれる。100€両替後やはりレシートが出てこない。レートは公式レートであるが、白両替商なのであろう。

タンジールについたときは感激した。映画に出てくる場面を思い出させてくれた。
海岸線から急に地面がせりあがり、そこに人家密集地帯が広がる。そのに迷い込んだら、地元民以外はわからない。
ながいことそこで取り仕切っていたフランス人が、官憲の目を逃れていたが、ついに女性にあうため、海岸線に出てくる。そこを待っていた官憲に捕まるという、無声映画のモロッコという題名のものがある。思い出して感激したのである。

スマホに残った地図のログを頼りに、徒歩でバス乗り場に向かう。途中ガイドブックに出ていたカフェでコーヒー。桁を間違えたかと思うほど安い。
バス乗り場まできたが、乗り場らしき人混みが見当たらない。タクシー乗り場へ行ってみると、建物内には人があふれていた。しかしバースがたくさんありどれかわからない、親切な人が案内してくれた。確かにCTMと書いてある。バスが来てほっとした。この人込みはモロッコであり、これから4日間お付き合いすることとなった。

https://photos.google.com/share/AF1QipNyEPBsvS-Qlgf2IvNpS4AP9lo5two3gh96_Ppvx4BhgLA6iUw49KC9zGms8GaGfQ?key=bHdPWHlQVDhGYnVENER4MjBoLTd0OTlKdGY3OHVn

国営のCTMバスは、タンジールからフェズに向かうものと、テトゥアンからフェズに向かいものがあるようだ。シャウエン行き乗合タクシーは冷房もなく外国人にはわかりづらい。バスはエアコンはあるが、Wifiはない。途中テトゥアンにより、休憩時間となる。トイレを済ませる時間でもある。標定3時間だが、実質2時間である。

シャウエンは丘に形成された街であり、登りはかなりきつい。従って観光客は皆タクシーを使うが、私は徒歩にした。スマホのログがうまく残っっておらず、適当にのぼっていったが、わからなくなり、ヒトに聞いて名所を探した。青の街として有名であり、大勢の外国人観光客も訪問するが、世界遺産にはなっていない。その理由も行ってみて分かったが、青いだけである。勿論それだけでもすごい。有名になったのか、そこら中が青である。白に生えるから美しい。宗教上の理由で青だそうだが、マラケシュでもどこでも青はよく見かけるから、シャウエンが徹底しているということなのであろう。2時間もあれば全部見て回れると思う。バス乗り場は坂を下りたところだから、一度戻れば二度上るのはつらいから、よく考えてもどらないといけない。この辺りの事情は地図を見てもよくわからないし、ガイドブックにも書いてない…

関連記事

綏芬河の鉄道関連歴史的建造物群

綏芬河は2013年の数字で一人当たりのGDPが2万ドル。 豊かな町であるが、英語が全く通じない。

記事を読む

ヴァーチャル旅行アフリカ編②赤道ギニアSSD ビザ 警視庁で渡航証明を取得

赤道ギニアには、航空路線の制約から、ADD経由、LBV経由、LOS経由があるが、行程の最初か最後に

記事を読む

保護中: 187ヴァーチャル旅行アフリカ篇① カナリー諸島自治州 LPA

◎航空 EUN・LPA モロッコ航空 土木以外運航 FNC・LPA Binte

記事を読む

2⃣ 4  2018.8.11 バスク(125)パンプローナ、サン・セバスチャン、ビルバオ

 〇パンプローナ サラゴサ17:29発パンプローナ19:22着 Alvia530 2号車5

記事を読む

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編(総括)

中国は、これまで、北京、上海、天津、大連の4大都市、チベット自治区、新疆ウィグル自治区、内

記事を読む

no image

BBCのアフガニスタン観光報道

BBCがアフガニスタンの観光を取り上げている。 A tourist, in Afghanis

記事を読む

セイシェル(142)2019年2月15日~16日  

アジスアベバを離陸、ソマリア上空を飛んでセイシェルに到着。その間の動画である。 https:

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(5)

2015年8月23日 アムステルダムからの夫婦、ゲルから出かけることもな椅子に腰かけて二人で景色を

記事を読む

no image

2019.10.11 ナンディ見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipMGxtv0x4s61

記事を読む

no image
ヴァーチャル旅行 中国編(総括)

中国は、これまで、北京、上海、天津、大連の4大都市、チベット

no image
ここまで進化したのか 『ロボットの動き』動画

https://youtu.be/fn3KWM1kuAw

no image
『ミルクと日本人』武田尚子著

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編②

全米25州の旅程である。交通が発達しており、バスや鉄道が必ずしも経済

no image
Quora 微分方程式とはなんですか?への回答 素人の私にもわかりやすかった

微分方程式とは、未来を予言するという人類の夢である占い術の一つであり

→もっと見る

PAGE TOP ↑