*

5月15日 アルメニアの旅、30分

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

https://photos.google.com/share/AF1QipPBVtwagITzFMtm4JTuG_epzxNlpM2MZjpVbnuX-zhp3OtMHyjzd9ZKaulaXUggJg?key=VkF6bS0wVXdWVjU2VU5adnd2d0dPN3ZhV0MzYmRn
https://goo.gl/photos/tmEnXbSzFWUtwwWc9

ホテルで、アルメニア行の相談をした。旅行中、陸上移動の便利さに気が付き、アルメニアは可能と分かったからだ。アゼルバイジャンはビザが現地取得できないようであきらめた。バクーはイランや旧ソ連圏の旅行の際に組み込めばよい。アルメニアも本当は虐殺博物館に行きたいのだが、今回は数を問題にしており、仕方がない。ホテルの係員は、時間的にも可能であり、50ユーロも運転手に払えば大丈夫ということであった。私としては当然車でアルメニア国内まで一緒に来てくれるものと思っていたら、国境検問所で一人降ろされたので、驚いた。訳が分からず、なぜ一緒に来ないのだというと、パスポートが必要だという。それはそうだが、準備してこなかったようだ。私の英語力に不足を思い知らされたが、仕方がないので、検問所に一人でゆく。アルメニア人と思しき集団がたくさんいる。心配になったが、うまく出国で来た。次は歩いて国境の橋を渡りアルメニアの検問所。歩いているものなど私一人だから何か言われるのではと思ったが、何も言われなかった。ビザの取得が必要で、係官が来てくれた。いろいろ聞かれ、スマホの地図で調べたホテルの名前を伝え、そこで一服してから戻ると伝える。一時間ほど散策してまたジョージアに戻るのだというと、そのホテルは行くのに2時間はかかるといわれる。それでも、最後はウェルカム、アルメニアといって、バンとスタンプを押してくれた。ありがたかった。これで百か国になった。
どこの国境でも写真撮影は禁止。風景を撮影するふりをしながら、一部アルメニアやジョージアの国旗が入るようにスマホやタブレットのカメラをむけた。アルメニアではタクシー運転手が寄ってきた。足のない入国者がいるのだ。しかし、その時、インシュアランスという。訳が分からないが、自動車保険にでも入れというのかと思った。いずれにしろ断って、徒歩で付近を散策、適当なところで元来た道を戻る。帰りは余裕があり、橋の途中で鉄道線路を見つける。あとで地図を確認すると、ジョージア川の鉄道のようだ。地図ではジョージアとアルメニアを出たり入ったりする道路がみられるが、検問所をそのたびに作っているように思えない。ジョージアに入国し、ドラーバーを見つけてトビリシの空港に向かった。

ジョージアの

関連記事

no image

マニラのUber報道 Number of Uber, Grab vehicles shocks LTFRB

http://newsinfo.inquirer.net/919650/number-of-uber

記事を読む

no image

「宿泊税とオーバーツーリズム」論議への批判

私の博士論文では、観光税制を詳しく取り上げたが、当時は誰も関心がなかった。いま議論されている宿泊税

記事を読む

no image

語源論の終焉~概念「観光」と字句「観光」~

27年度帝京平成大学紀要に原稿を入稿した。昨年度に続き概念「観光」に関連するテーマであるが、今回は国

記事を読む

no image

矢部 宏治氏の「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466 外務省がつ

記事を読む

no image

保護中: 『中世を旅する人びと』 阿部 謹也著を読んで

西洋中世における遍歴職人の「旅」とは、糧を得るための苦行であり、親方の呪縛から解放される喜びでもあっ

記事を読む

no image

保護中: 観光研究におけるマインドリーディングの活用の必要性

関係学会における発表で、マインドリーディングを活用した論文がみられない。観光行動等は、楽しみの旅に関

記事を読む

no image

TravelerとTouristの違い

観光学会等関係者には興味深い記事の紹介。英米人が両者の違いをどう考えているかよくわかる。trave

記事を読む

no image

箱根について 藤田観光元会長の森本昌憲氏の話を聞いた結果のメモ書き ジャパンナウセミナー

2017年10月13日ジャパンナウ観光情報協会の観光立国セミナーで森本氏の話を聞く。日本ホテル・レス

記事を読む

no image

聴覚 十二音技法

https://youtu.be/HeXEzMWi2EI 時代は無調の音楽に対する準備

記事を読む

no image

『中国はなぜ軍拡を続けるのか』阿南友亮著

第40回サントリー学芸賞(政治・経済部門)受賞!第30回アジア・太平洋賞特別賞受賞! 何

記事を読む

PAGE TOP ↑