*

5月15日 アルメニアの旅、30分

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

https://photos.google.com/share/AF1QipPBVtwagITzFMtm4JTuG_epzxNlpM2MZjpVbnuX-zhp3OtMHyjzd9ZKaulaXUggJg?key=VkF6bS0wVXdWVjU2VU5adnd2d0dPN3ZhV0MzYmRn
https://goo.gl/photos/tmEnXbSzFWUtwwWc9

ホテルで、アルメニア行の相談をした。旅行中、陸上移動の便利さに気が付き、アルメニアは可能と分かったからだ。アゼルバイジャンはビザが現地取得できないようであきらめた。バクーはイランや旧ソ連圏の旅行の際に組み込めばよい。アルメニアも本当は虐殺博物館に行きたいのだが、今回は数を問題にしており、仕方がない。ホテルの係員は、時間的にも可能であり、50ユーロも運転手に払えば大丈夫ということであった。私としては当然車でアルメニア国内まで一緒に来てくれるものと思っていたら、国境検問所で一人降ろされたので、驚いた。訳が分からず、なぜ一緒に来ないのだというと、パスポートが必要だという。それはそうだが、準備してこなかったようだ。私の英語力に不足を思い知らされたが、仕方がないので、検問所に一人でゆく。アルメニア人と思しき集団がたくさんいる。心配になったが、うまく出国で来た。次は歩いて国境の橋を渡りアルメニアの検問所。歩いているものなど私一人だから何か言われるのではと思ったが、何も言われなかった。ビザの取得が必要で、係官が来てくれた。いろいろ聞かれ、スマホの地図で調べたホテルの名前を伝え、そこで一服してから戻ると伝える。一時間ほど散策してまたジョージアに戻るのだというと、そのホテルは行くのに2時間はかかるといわれる。それでも、最後はウェルカム、アルメニアといって、バンとスタンプを押してくれた。ありがたかった。これで百か国になった。
どこの国境でも写真撮影は禁止。風景を撮影するふりをしながら、一部アルメニアやジョージアの国旗が入るようにスマホやタブレットのカメラをむけた。アルメニアではタクシー運転手が寄ってきた。足のない入国者がいるのだ。しかし、その時、インシュアランスという。訳が分からないが、自動車保険にでも入れというのかと思った。いずれにしろ断って、徒歩で付近を散策、適当なところで元来た道を戻る。帰りは余裕があり、橋の途中で鉄道線路を見つける。あとで地図を確認すると、ジョージア川の鉄道のようだ。地図ではジョージアとアルメニアを出たり入ったりする道路がみられるが、検問所をそのたびに作っているように思えない。ジョージアに入国し、ドラーバーを見つけてトビリシの空港に向かった。

ジョージアの

関連記事

no image

ウッドストック50周年中止

newspicks のコメントが面白い。Wikiの解説とは一味違う。これも歴史は後から作られる例か

記事を読む

no image

「戦争を拡大したのは「海軍」だった」 『日本人はなぜ戦争へと向かったのか戦中編』NHKブックス 歴史は後から作られる例

https://www.j-cast.com/bookwatch/2018/12/09008354

記事を読む

Malawi (150)      February 23 – 24, 2019

The Republic of Malawi has a population of 16 mil

記事を読む

上海南駅の赤ん坊

慰安婦や南京大虐殺をめぐって日本と隣国のネット族が好き放題を言い合っているご時世であるが、ネットがあ

記事を読む

no image

岩波書店の丁稚奉公ストライキ

『教科書には載っていない戦前の日本』p.222 封建的な雇用制度の改善を求めて岩波書店側に突

記事を読む

no image

観光学研究者にみられる研究原理の欠如 『平成経済衰退の本質』金子勝著 岩波新書等 を読んで

いつも感じることであるが、自分も含め観光学研究の同業者は、研究原理を持ち合わせていないということで

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

no image

繰り返えされる新幹線と物流の話題(Newspicks)

https://newspicks.com/news/3977330/body/?

記事を読む

no image

伝統論議 蓮池薫『私が見た「韓国歴史ドラマ」の舞台と今』

〇 蓮池氏の著作 「現代にも、脈打つ檀君の思想、古朝鮮の魂』などをよむと、南北共通の教育があること

記事を読む

no image

杉原幸吉先生の「錯覚観光」 ジャパンナウ観光情報協会セミナー

杉原幸吉先生の錯覚の研究についてはこれまでも紹介してきたので省略して、今回のセミナーで気付いたことを

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑