*

北中米旅行記⑤ トランプ大統領誕生のキューバ二日目 11月9日

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 海外旅行感想, 海外観光

 ゆっくり休めた。それでも目覚めは4時半。朝食は7時から。テレビでトランプさんが勝利と報道している。宿の主人のパソコンで全米の開票状況をみている。建前上は衛星放送の受信は禁止されているが、このように一般家庭ではメキシコの放送を見ている。後で宿泊したMELIA CUBAではCNNも見ることができた。情報は完全にキューバ市民に行き渡っていると思えばいい。それでもカストロ体制が維持できるということは、他の中南米国の治安の悪さと比べれば共産主義のほうが支持されているということなのかもしれない。とにかく暗い時間も一人歩きできるのだから。
%e6%b0%91%e5%ae%bf%e3%81%ae%e6%9c%9d%e9%a3%9f
%e6%b0%91%e5%ae%bf%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0
民宿主の部屋からみる周辺風景。ヤンゴンを思い出した。それぞれ各自の住まいは工夫をして内装も一生懸命にしているが、公共空間が追い付いていない。共産主義では減価償却概念がないからリニューアルの資金が確保されないと昔モスクワの大使館の職員から聞いたことがあったことを思い出す。
img_7296
 
◎現地ツアー
 VETRAからネットで申し込んだ英語の現地ツアー(HAVANA TOUR COMPANY)は8時間で1万円は安い。市内の徒歩観光にクラシックカー乗車が付き、食事に休憩時のドリンクもあわせて二回分入っている。今回はイギリス人夫妻と三人だけだったのでなおさらだ。外国人に観光資源として使えるのは、ゲバラとヘミングウェイ。今回の案内でも両者に関連するところはわかりやすい。逆に独立や革命の英雄はわからない。西洋人にはラム酒や葉巻、料理、お菓子、奴隷制度にも共有できる知識や記憶があるが、日本人の観光客には無理。昔の有名なチョコレートの話が出てもわからない。グリコのおまけやカバヤのミルクキャラメルみたいなものだ。日本が外国人に売り込むときは、お国自慢では限界がある。小説家なら三島由紀夫と村上春樹だろう。それでも観光資源としてはヘミングウェイやシェークスピアにはかなわない。英語と日本語の差だとあきらめるしかないだろう。水村美苗さんのように英語で小説を書くしかないのであろう。巨大な国内観光市場を持っていたから今まで気にしなかったが、日本語でものを書くことにこれからどれほど意味があるのかというくらいに日本が国際化していったのだ。ガイドさんは私のことをSHUICHIとは記憶できず、スシと呼んでいた。逆にイギリス人の名前は最初に自己紹介で聞いたが、日本人の私には記憶できなかった。そんなものであるから仕方がない。

 ガイドさんはスペイン人意識があるといっていた。イギリス人の奥さんは、彼女のおばあさんはイギリスに住んでいても死ぬまでドイツ人だと思っていたといっていた。そんなものなのであろう。夫妻は二年前に日本を旅行したという。日本はお城が多く、案内では戦いの話が多かったという。平和な国なのにしょっちゅう戦争していた印象を持たせるといっていた。なるほど、日本の観光地も考えた方がいいのかもしれない。このあたりも一人よがりなのであろう。ガイドさんはインテリで子育て中のようだ。平等主義の共産主義を支持しているようにもおもえた。ハバナにも高級住宅街があり、案内してくれた。不動産は交換が原則。空きがないとなかなか便利なところには移れないようだ。家族が増えると天井の高い一階部分を二階に増築したりするようである。イギリス人がそれをメゾネットというといっていた。日本のマンション業者が使う言葉である。キューバと違い、イギリスでは学費の問題は頭が痛いようである。自分たちの時は奨学金で何とかなったが、今の学生は奨学金が返せない状態だという。日本も同じだといっておいた。下り坂の国の共通課題なのであろう。
 
 今回はHomestay.Comを通じて民宿に泊まった。Airbnbと同じようなものである。キューバはまだアメリカ系のネット予約はホテルと航空も経済制裁が残っていて使えなかったからだ。民宿のレベルは高く勉強になるが、昔から存在する一流ホテルもおすすめである。夫婦でなら価値がある。革命以前の雰囲気を残している。中国やロシアの政治家、アメリカの有名人も宿泊しているのであろう。記念のものが展示されている。ヘミングウェイが定宿にしていたホテルの屋上レストランは眺めがよい。クラシックなエレベータもよい。ストリートパフォーマンスや記念撮影の売り込みほとんど他の国の観光地と変わらない。
img_7401

img_7403img_7403

既述のとおりキューバではヘミングウェイが観光資源である。高校の修学旅行の時、バスガイドが明治の文豪大町桂月先生が訪れた蔦温泉うんうんというフレーズを思い出したが、観光資源として世界に通用する日本人作家は、やはり三島由紀夫と村上春樹くらいか。陸軍士官学校講堂は東京裁判と三島の腹切りをテーマにすれば世界に通用する観光資源にできる。東京と神戸には村上ファンの聖地がいくつかあるそうだ。道玄坂裏のラブホ街もその一つという。面白いものだが、ラブホはほかに類例のない日本文化かもしれない。しかし、両者とも政府は取り上げにくいであろう。小池百合子知事なら受け狙い感覚が強いので取り上げるかもしれない。4千万人にするには大変である。

国賓が宿泊するナショナルホテル
img_7515img_7504

オビスボ通りの売りは、ラ・ボデギータ・デル・メディオのモヒートにエル・フォロリディータのフローズンダイキリ。前者は一杯五ドル。
img_7371img_7368
img_7329

NHKの世界の街角という番組のビデオがある。十年以上前のものだが、今とあまり変わりはないので、まだハバナに大きな変化はないのであろう。
img_7526

img_7427

img_7302

img_7378

img_7382
%e3%83%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%a3%9f%e5%a0%82

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9c%e9%80%9a%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

img_7357

 不動産は交換が原則、共産主義の考え方だそうだ。しかし意外とネットを使えば新しい交換システムが作れるかもしれない。モスクワを訪問したとき、日本大使館の職員が、共産主義は減価償却の概念がないので、建物の更新資金の蓄えがないとから、ボロボロであるといっていた。世界遺産になっている旧市街を見ると更新投資はされていないからボロボロである。と言って金ぴかになればいいというわけでもない。オビスポ通りがこれからどう変化してゆくのか。エレベータは皆無であるから、物流は階段と窓。ベニスはゴンドラで済ませているから、車を使わないでも観光資源として残せるかもしれない。

◎クラシックカーで見るハバナの街
 革命記念塔からホセマルティとチェゲバラの似顔絵が見える。ホセは知らなかったが、若くして亡くなった詩人兼革命家。さしずめ吉田松陰というところで、インテリからも尊敬されているようだ。チェゲバラは説明する必要もない。坂本龍馬のようなもの。観光資源としては世界的に有名でなければならないから、ゲバラに軍配が上がる。日本にはゲバラに相当する者はいないが、ロシアのバルティック艦隊を破った東郷元帥はイギリスやトルコの海軍関係者は知っている。でも戦艦三笠の保存に日本人は無関心であったから、本気で観光資源というものを考えているのか疑問に思う。
 道中、サンチアゴデキューバというラム酒工場の跡の建物の説明を受けた。恥ずかしながらこの著名なラム酒の名前を知らなかった。イギリス人には日本人にとっての紹興酒と同じ感覚なのであろう。当然知っていた。観光資源とは相手が知っていないと資源にならないから、おかしなものである。
img_7482

img_7462

img_7487

サンティアゴデハバナ

img_7464

中華街があった。革命時に中国人はカリフォルニアに逃亡していったようだ。それにしても世界中に華僑がいる。三千万人と聞くから、日本は勝負できない。
%e4%b8%ad%e8%8f%af%e8%a1%97-2

img_7325

関連記事

no image

『結婚のない国を歩く』モソ人の母系社会 金龍哲著

https://honz.jp/articles/-/4147 書によれば、「民族」という単

記事を読む

[164]2019.10.11~12トンガ ヌクァロファ TBU

https://photos.google.com/photo/AF1QipNhnRVKfiN6s

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

住民所得が沖縄を超える済州島が抱える観光課題 ~プレスツアーへの参加~

11月2日から4日までの短時間であるが、済州島のプレスツアーに参加した。記事を書くということだけが条

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(4) シャマンの儀式とトナカイ解体

2015年8月21日 昼食後いよいよシャーマンがいるところに出発。トナカイにもだいぶ慣れ、恐怖感は

記事を読む

④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記6 タンザニア・キリマンジェロ

2月13日~14日 タンザニア・キリマンジャロ 土曜日はキガリからの直行便がなく、ナイロビ経由

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

[153] 9月26日ソロモン諸島ホニアラ(HIR)離着陸だけ

https://photos.google.com/photo/AF1QipM7bkw0V6ua

記事を読む

5月19日 ヤムドク湖、チベット民家訪問

19日 https://photos.google.com/photo/AF1QipNpG1SIO

記事を読む

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

no image
世界一高い場所にかけられた橋

あまり世に知られていない世界一を教えていただけますか? 【世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑