*

13日、14日 ジョージア・トビリシ(99か国目)

公開日: : 最終更新日:2017/05/27 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

トビリシ
https://photos.google.com/share/AF1QipOO8droGXLABS97Ffk9hMp0w3LvYTaMUTCgVfTXzSg3LqFwm_qFfMyc9AWy2NS2aQ?key=Yk9jNUhsRnR4M2k3VGhaZFdPRjRtcWpoRVdfSHlB

トビリシ・アルメニア・ベイルート
https://photos.google.com/share/AF1QipPlY5sop-AxF-rKjnbovnJTjnd9N3ut85CBafMs2zg7kz9Pa_x-hu-sEAfSrANWGQ?key=ZmNBS2F1VTBPY2pWMmR1a2NvMm5LbVZXNGRWSTNR

〇ソフィアからローマ、ローマからドーハ、ドーハからトビリシ
ブルガリアとジョージアは黒海を挟んで直線距離ではちかい。しかしONEWORLDの特典航空券を使いビジネスで移動しているので、変則的な日程を組んでしまった。今から考えると、陸上移動を挟んで別の方法もあったかもしれない。ソフィアを現地時間で20時に出発。夜の12時にローマを出発、ドーハでは朝の六時から午後1時までラウンジで過ごすことになった。

頼んだ朝食

IMG_9019

早朝のラウンジ、人がいない

休憩室内部

休憩室

〇アゼルバイジャン、ジョージアの上空

DOH DOH ヘイダリアリエフ TBS
5:45 13:10 16:50 17:50      19:05

IMG_9022

IMG_9023

IMG_9024

IMG_9025

IMG_9026

IMG_9027

IMG_9028

IMG_9031

IMG_9032

〇ジョージア

カタールでバクー経由。大半がバクーの客。でもバクーで乗り込んでくる客がいたから、三国間輸送が認められているようだ。
空港で見かけたのはロシア人、ホテルが手配してくれたドライバーもロシア語はぺらぺら。空港から同乗したロシア人の母、娘と自由におしゃべりしていた。韓国人が多く見かけられたが、2015年統計では出てきていない。エリザベステーラーばりの黒髪のほりの深いロシア美人もみられた。
アゼルバイジャンと違い石油がないといっていたが、日本もないが豊田に東芝、日立があり凄いといっていた。すぴこキオノドライバーも同じ事をいっていたから、東芝の責任は重要。
河川を間に急な斜面に町ができていた。
ホテルでアルメニアの手配を頼む。100ラリ。宿代金を現金でといわれる。あとでメールをみたらBookingcomではそうなっていた。ドルの両替を頼んだ。130ラリ。

夜は爆睡。欧州型にからだがなれてきた。朝食が9時からだと言われ、朝の散歩。真ん中の河川を挟み、急な下りを降り、また急な登り。
その分眺めはよい。
教会は一番よいところにある。途中でリラの僧院と同じ模様の建築物。下りに船着き場と自由橋がみえた。外国人にはそれなりの観光資源。金沢の21世紀美術館も同じようなものなのだろう。教会や公園はよそ者には歴史がわからないが、一応みる。多すぎても困るが代表的なものは押さえておきたい。現代建築はすの次か。教会と違いこれだけのために外人は来ないだろう。
帰り道最後のとこで道がわからなくなる。ホテルの次場簿交差点の写真を十ておいたんで道訪ねて、左右を間違えていたこと。
朝食を11時少し前にホテルで。量が多くおどろき。隣のロシア人の女性旅行者の二人も驚いていた。でも、残りはきちんと従業員がたべていた。


これが9時から11時に出される食事。私は昼ごはんにした。

近代的な橋

IMG_9038

教会

小学校登校中

横断歩道ではなく地下道が多い

地下道にごみは多いが、身障者施設もある

坂の多い町

道に迷った時の守り。役に立った

韓国人旅行者

ジョージアの観光は、名前の売り込みから始めないといけない。アメリカのジョージア州と混乱する。グルジアのほうが、スターリンの出身ということで私にはなじみがあるが、スターリンに問題があるかもしれない。しかし歴史認識も重要な観光資源であるから、スターリン博物館や、映画を作ってもよさそうに思うが、門外漢の非常識といわれるかもしれない。ジョージア政府の売り込みは、空港のパンフによれば、白人の故郷、公認キリスト教の始まり、ワインの原産地とあるから欧州文明の始まりでもある。白人のことを英語でコーケイジャン、コーカサス人ということもここからきているのかもしれない。人類誕生はアフリカ説が最有力であるが、白人説もありそれなら人類誕生ということになる。更にホスピタリティを挙げているのであるが、これはどこでも同じである。

http://gnta.ge/wp-content/uploads/2016/06/2015-eng..pdf
ジョージアの国際旅行統計を見ると、2015年の訪問客は600万人、うちトランジット140、日帰りが220で、24時間以上滞在は240万人である。
陸上移動が85%であり、航空輸送は13%である。アルメニア150万、アゼルバイジャン140万、トルコ140万、ロシアが90万人と突出しており、そのあと、旧ソ連邦諸国が続き、ドイツ、アメリカは3万人である。tourist arrivalという分類をしており、それではロシア人が50万人、アゼルバイジャン40万人、トルコ30万人、アルメニア30万である。WTO統計では、日本人5000人、中国人9000人の訪問となっている。
国内旅行の訪問目的の50%以上はVFRである。

関連記事

no image

『不平等生成メカニズムの解明』

「移民はどのようにして成功するのか」竹中歩・石田賢示・中室牧子『不平等生成メカニズムの解明』ミネルバ

記事を読む

no image

『科学の罠』長谷川英祐著「分類の迷宮」という罠 を読んで

観光資源論というジャンルが観光学にはあるが、自然観光資源と文化観光資源に分類する手法に、私は異議を唱

記事を読む

no image

ジョン・アーリ『モビリィティーズ』吉原直樹・伊藤嘉高訳 作品社

コロナ禍で、自動車の負の側面をとらえ、会うことの重要性を唱えているが、いずれ改訂版を出さざるを得な

記事を読む

no image

概念「「楽しみ」のための旅」と字句「観光」の遭遇 Encounter of the concept “Travel for pleasure” and the Japanese word “KANKO(観光)”(日本観光研究学会 2016年度秋期大会論文掲載予定原稿)

「「楽しみ」のための旅」概念を表現する字句が、いつごろから発生し、どのように変化していったかを、「「

記事を読む

父親の納骨と道中の読書  『マヤ文明』『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』 2016年10月19日、20日

父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修寺(せんじゅじ)に納骨をするため、山代の妹のところに行き、一晩

記事を読む

Comoros Union (146)  February 17, 2019

Visa for Comoros Union was acquired at Senegal Em

記事を読む

no image

矢部 宏治氏の「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466 外務省がつ

記事を読む

no image

Analysis and Future Considerations on Increasing Chinese Travelers and International Travel & Human Logistics Market ⑥

Ⅴ Competition in the U.S. over the status of the w

記事を読む

no image

『旅程と費用概算』、『ツーリスト案内叢書』にみる字句「遊覧」「観光」

都立図書館で閲覧可能な「旅程と費用概算」及び「ツーリスト案内叢書」により、当時の字句「遊覧」「観光」

記事を読む

no image

Encounter of Japanese word“観光”and English word“tourist” ~ the birth and development of domestic tourism policy in Japan ~

1 Outbreak of the concept of movement of people

記事を読む

no image
QUORA 日中戦争において1937年の南京陥落の時点で陸軍参謀本部は戦争終結を主張したそうですが、なぜ日中戦争はその後も続き泥沼化したのでしょうか?

回答するフォロー·3回答依頼4件の回答Furukawa Yutaka

no image
米加国境の飛び地

アメリカのワシントン州のポイントロバーツの住民は、なぜわざわざ本土か

no image
パキスタン

KHI・DXB  片道16000円(flydubai)、往復3000

no image
中国・ラオス

景洪市(けいこうし)は中華人民共和国雲南省シーサンパンナ・タイ族自治

no image
ラオス・中国国境 ラオス・ボーテン~中国・モーハン①

http://tabilista.com/09-%E3%83%A9%

→もっと見る

PAGE TOP ↑