*

167 Belize ベリーズ

公開日: : 海外旅行感想, 海外観光

1月24日NRTAA176DFWDFWAA2451BZEベリーズ
11:30 8:1511:14 14:09市内観光

https://photos.google.com/share/AF1QipPVnrcHy0vj-C1GBT8N0SAQvoRM4JQcN7AzLimUetpI94zsrxmKaFtNVJk3fTka7Q/photo/AF1QipO_xgyNuMkFrSasO13MxNNsF-BdSGM3qQJ4oyWH?key=Ul83YVpUM1pESVdWcUVwOGZ0LUZ3cUtnM2ZqY3hB

1月25日ベリーズ市内観光 米ドル使用可ラウンジなしBZE MIAトランジットチェックイン
席未定カウンター14:22AA244017:35

https://photos.google.com/share/AF1QipPxfoSfPi5HOo6TpgRZKus6I_xrUWAmBDHspIfctt8s1kvBnaHeNveJXlDmq0othQ/photo/AF1QipNNZGRzrlEGeMLyN-JghvR8lctck0d9I1rcOTqw?key=Q2N3NWRHLUJ3bFBqZHBVaWxmZ2ZGOS11WWU0bWRB

朝、ウェブチェックインで一苦労。コパ航空、最後にパスポート発行国を入力するに、うまくいかない。十分以上挑戦。Japanでははねられる。jpと入れて成功。同じことが生セルでもあったことを思い出す。デジャブだ。

明日の朝五時発なので、空港に泊まる予定。時差もあり、この方が楽。ただしマイアミ空港にトランジットで居座るには、搭乗券がないとまずいので、ウェブチェックインして、電子搭乗券を手に入れないといけない。 朝の散歩。昨夕日が落ちたので引き返した海岸に行く。ベリーズ博物館、中央銀行、ラディソンホテル、クルーズターミナルなど。建物はカラフルなのだが、傷んでいるものが多く、廃屋もある。 台湾と国交があるのか、青天白日旗が掲げられた屋敷があった。 チェックアウトの11時少し前、初めて他の客を見かけた。タクシーは11時30。でも早めにきてくれた。 空港は大混雑。出国カードを記入している間に人数が急に増加。なんとか窓口にたどり着いたら、電子搭乗券はダメとか。とり直してくれば、優先するという。同じような例があるようだ。ロビーも大混雑だが、隅の方は空いているから、増築は考えないのだろう。日本の地方空港は、すぐに増築するだろう。レストランもなく、皆、カウンターで食べ物を買ったらロビーのベンチで食べている。客は大半がアメリカ人。アメリカン、ユナイテッド、サウスウェスト、マヤなどで運んでいる。 アメリカン2440は、無料ワイファイ。各自スマホなりで映画などを見る。そのために、テーブルにスマホ台とUSBポートも付いている。多分この方がコストが安くつくのだろう。

  マイアミ空港はイミグレに来ると思いだす。とにかく長蛇の列。アメリカンのDターミナルで入国し、再度出国手続きをして、スターアライアンスのターミナルJを探したが見つからない。どうもDターミナルからは直接いけないようだ。再度入国して、地上を横移動してようやくJターミナルに到着。再度出国、あまり混雑しておらず、簡単だった。 AVIANCAのラウンジ、明日のフライトなので、今日は使えないと言われる。何時から開くのか聞くと24時間オープンだという。カウンターの隣の女性が、朝が早い便だから、使ってもいいと言ってくれた。ゴールドカードは持っているかと言われ、全日空のカードをみせたら、コピーしていた。 ホテルに宿泊するよりはるかに快適だ。

今回の旅行は、当初中南米諸国をすべて回ることにしたいと、3週間の計画を立てていたが、ハイチへの旅行に自信が持てず、またアイランドホッピングは予定が来ることの多いので、次回に一部を回すことにして、大陸部諸国の旅行を完成させることに予定を変更した。

アメリカンを利用してダラス経由でベリーズにゆく。マイレージ使用は条件が変わり、6区間までとなってしまったので、ベリーズからマイアミはマイレージは使用しなかった。ベリーズは 四国程度の国土面積に人口30万人、一人当たり4500ドル PPPは8000ドル

 ダラスの気温が低く、東京を出るときの服装がやくだった。ダラスベリーズ間の電子搭乗券は最初の成田ダラス間の電子搭乗券が終了すると切り替わっていたが、トランジットでセキュリティを通過するときに間に合うか分からず、成田で紙の搭乗券を発行してもらっておいた。

 ダラスのアメリカンのラウンジは充実している。夜食用に食べ物を確保しておいたが、ベリーズ入国審査用紙に、食物の持込をチェックする欄があり、一応正直に記入した。聞かれたら自分が食べる食事のためだといえば、問題はない。昔チリのサンチャゴで、申告書に記載しないで入国しようとしたら、指摘されて、始末に時間がかかったことがあるからだ。

  ベリーズの空港は街からはなれており、ジャングルのなか。湿地帯だった。イミグレは混雑しており、時間がかかった。だった一日しか滞在しないことに不審を抱かれてしまったのか、色々聞かれたが、こちらも慣れており、帰りの航空機のアプリ情報を見せて、納得してもらった。通関は簡単で、申告なしのレーンで、何事もなく簡単に通過。出口で空港タクシー乗り場があり安心。25ドルだということで、事前情報通りだ。 宿に到着した時に同じタクシーの運転手に帰りも予約した。 宿は悪くはなかった。インド人の女性が応対。現金で29米ドル。水は2ベリーズドル。食事施設はない。水圧が足りないのか、トイレットペーパーは直接流さないでくれと言われた。

  一休みして、明るいうちに街を見学。観光都市なのだが、あまり派手さはない。英国植民地であった名残の施設が、日本人には異国情緒を感じさせる。インド人と中国人が多いのか。テイクアウトの店でも鉄格子付きだから、治安の程度を感じた。といってベリーズが特別ではなく、中南米では変わったことでもない。 旅客船ターミナルがあり、カンクンやメリダ行きのツアーの広告。道路事情が悪いであろうから、船が便利なのだろう。やたらと駐車場が多いのは、ここから、ベリーズの島にゆく滞在客用のものなのだろう。

曜日が合わず、ブルーホール観光はできなかったが、それほど残念には感じなかった。レユニオンのラグーンを思い出す。 ベリーズシティーの建物を写真に撮ると綺麗に写るが、人間の目で見ると、アラが見え、それほど美しくはない。また、一筋中に入ると、治安悪化地域の印が、地球の歩き方には出ている。海岸線を灯台まで行こうとしたが、うす暗くなってきたので、用心して引き返した。

Sea Breeze Guest House  Gabourel Lane Belize City,ベリーズ 29ドル 現金

関連記事

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(5)

2015年8月23日 アムステルダムからの夫婦、ゲルから出かけることもな椅子に腰かけて二人で景色を

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(6)ツァガンノール、リンチンフンべ、野営

2015年8月25日 村役場でツアー運転手協会の会合に参加。会合とともに学生によるアンケートも

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックア

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

3⃣ 3  2018.8.16  カサブランカ、マラケシュ

 映画カサブランカ 全編 1 https://youtu.be/9YwBMWvbE9A 2 ht

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(7)

2015年8月27日 野営の朝は気持ちが良い。対岸のツアーキャンプは、西洋人の四人組で馬6頭オ

記事を読む

1⃣ 3 2018.8.3~6 エジンバラからロンドンLTN空港 そして Notinghill (映画「ノッティングヒルの恋人」)

ロンドンの空港が多いことを今夏意味を持って体験。ヒースローは勿論、ガトウィック以外にも、ルートン、ス

記事を読む

no image

3⃣ 2  2018.8.15 フェズ、カサブランカ泊

https://photos.google.com/share/AF1QipMWth67t8N3_w

記事を読む

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

チューリッヒ https://photos.google.com/share/AF1QipP0

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑