*

2⃣ 4  2018.8.11 バスク(125)パンプローナ、サン・セバスチャン、ビルバオ

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 海外観光

 〇パンプローナ

サラゴサ17:29発パンプローナ19:22着 Alvia530 2号車5aでゆく。

ヘミングウェイ通りとサラサーテ通りがある。日本人でも知っている名前は、やはり学校教育の賜物である。

牛追い祭り
ここパンプローナの牛追いはアメリカの小説家、ヘミングウェイの作品『日はまた昇る』や『午後の死』で有名になり、アメリカ人観光客が多くなったとか。
旅行前に、エヴァーガードナー出演の映画を借りてきた。子供の頃に北京の55日という映画ポスターでその名前を記憶していた。この映画は製作費がかかりすぎるというので、闘牛シーンはメキシコで撮影したという。もちろんお祭りは現地撮影。DVDには裏話編が付録でついている。最初に出てきたジュリエットグレコという女優は、製作者のザナックの愛人になったという人で、シーンをワンカット増やしたとか。今ならセクハラ騒動に巻き込まれるだろう。

赤のスカーフを首に巻くのは、斬首刑となったフェルミンの受難を思い出すためとされている。このような祭りは海外保険が効かないこと、事前学習の後、初めての参加では恐ろしいことを踏まえ、上からの見学。エンシエロの開始前、参加者は壁に設置された聖フェルミンの像に向かって、讃美歌を3度、それぞれカスティーリャ語とバスク語(地方の言葉)で歌う。ベランダを貸し出すというビジネスもある。場所にもよるが、一人1万円くらい。祭り期間中のホテル代は通常の2〜5倍ほどするので、牛が目の前を通り過ぎる10秒ほどのために払うのは考えます。

エンシエロでは、1910年から現在まで、15人の方が亡くなっている。朝、闘牛場まで移動した牛たちはその日で殺されてしまう。闘牛の牛は食用となり、地域によっては闘牛専門のレストランもある。この状態を、ヘミングウェイの『午後の死』から引用…
「完全な闘牛試合は、見物人を我を忘れるほどの世界へと誘い、自分を不死のものに感じさせる。 宗教的法悦に劣らず深い陶酔を与えるのだ。
そして、この恍惚が過ぎ去ると、人は大きな感動のあとならではの感じえぬ、あの虚無感、自分が変っ たという感覚、そして悲しみを味わう。」(『午後の死』より)
闘牛に関しては、賛否両論。実は、サンフェルミンの開催中に動物愛護の観点からデモを起こす団体もいる。また、バルセロナを代表とするカタルーニャ地方では2011年から闘牛を禁止。

 〇バスク

Alvia534にてパンプローナ 11:19発 サンセバスチャン 13:03着

https://photos.google.com/share/AF1QipPV7qFPvgU_zPH9EI8X9QjpejuljSIKgtMZ2IGSj93vRzVE_rzQNXXHUwLBeVE6Nw?key=V2JPTnU4cnlIcGthSjltbnM5MFQtTWlXcDdqclZn

https://photos.google.com/album/AF1QipNDWmteV1Llu1f_tlTv8zDe3UnDmWGVXoryZa-8

ビルバオ

サンセバスチャン15:10発 ビルバオ16:30着

美術館
https://photos.google.com/share/AF1QipMNO_WYb2raPahNRzDCjxQEcA5EqNtlPjeZFD5cN9Z4gxHa1Xc_MSGM8420gsbKMg?key=ZXFEX2JsclB5dXVMTjVxNlRRa3hUY0lidUNOMFVn

https://photos.google.com/album/AF1QipMK6bKgXf69CwUVKl_fjVfmeqkypM4krLk0KUBW

霧の彫刻

https://photos.google.com/share/AF1QipOYB-YJcGHFYrdehL0G2nMdHNhlIGEzgyzNsOVP5HZJTeAszXkKvmpH8FdRD2h-AQ?key=TmlEUzM4dEdVZmxOS05tN0Nucm1paWMwQXNSMjBB
https://photos.google.com/album/AF1QipPiJ4mo268VKHMDKOq_RU2KOIuJpJGRt8UOvrJ0

ビスカヤ橋

https://photos.google.com/share/AF1QipOVtDBGtNQtpQ9WlSDoxAu-vabk7dx4zqBhG1WcD1aCq7cVRAYQdzGwaOyDLrUgjA?key=aXdNVlllRWhFazdvMVJ4cmRDQ0dpWUJoN0xuMEtn

https://photos.google.com/album/AF1QipNYdqP7HNlmv1wr_kImfyOMYIiOs-5ieUre6UCw

ネット情報
シニア(年金受給者) 9 €ユーロ

1991年、バスク州政府はソロモン・R・グッゲンハイム財団に対して、ビルバオの老朽化した港湾地区にグッゲンハイム美術館を建設することを提案した[4][5][6]。バスク州政府は1億USドルの建設費用を負担すること、5,000万USドルを作品の新規購入費用に充てること、グッゲンハイム財団に対して展示会1回あたり2,000万USドルを支払うこと、美術館の年間予算1,200万USドルを補助することなどを承諾した。これらの代わりにグッゲンハイム財団は美術館を管理し、財団が所蔵する作品の一部を回して特別展を開催することを承諾した

ビルバオはスペイン屈指の工業都市だったが、1990年代以降に産業が衰退した。美術館はビルバオの経済活性化の一環として開館した「グッゲンハイム効果」または「ビルバオ効果」という言葉が生まれた。最初の3年間に400万人を集め、約5億ユーロの経済効果を得たとされる。バスク州政府は、観光客がホテル、レストラン、ショップ、交通機関に落とす金額は1億ユーロに上り、支払った建設費用を上回っていると見積もっている。バスク人彫刻家のホルヘ・オテイサはゲーリーの建物がバスク芸術の伝統を侮辱するものだと考え、建設開始前から美術館の建設に反対した[33]。オテイサは自身の作品が美術館に展示されることを拒否し、自身の全作品群をナバーラ州政府に寄贈した上に[25]、グッゲンハイム財団と契約を結んだバスク民族主義党(バスク州議会与党)党首のシャビエル・アルサリュスに対して告訴状を作成した。
2007年にバスク会計監査裁判所が発表した報告書によれば、2002年から2005年までの間に、美術館は2700万USドル以上を作品の新規購入に充て、アルセロール・ギャラリー内に展示されているリチャード・セラの『The Matter of Time』などを購入した[38]。2008年の別の会計監査では、作品購入用の資金が銀行口座から失われていたことが明らかにされた[39]。グッゲンハイム財団は「財政面・会計面の不規則性の問題があり、1998年からディレクターのロベルト・セアルソロ・バレネチェアが、美術館の建設・作品の購入用に設立された2つの会社から彼自身の口座に資金を流用していた」と主張し、バレネチェアに対する訴訟を提起

関連記事

 昆明、石林、九郷、麗江、束河、成都の旅 2017年 9月15日~18日

 雲南、四川の観光  中国は国内観光需要が旺盛で、有名観光地はどこも山手線並みの混雑で、身

記事を読む

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着 エアアスタナでアルマトイに

記事を読む

1-5 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査4 Fusion Auto社 ワールドカップ対策

Fusion Auto社Fusion Auto社は6月14日~8月15日にロシアで開催されたワール

記事を読む

1⃣ 4 2018.8.5 Isle of Man(120カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipMJgy1f-zslrM

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 3

21th August It was decided to try to reindeer m

記事を読む

モーリシャス(143) 2019年2月15日 

セイシェルの宿にいたとき、エアオーストラルからメールが来た。オンラインチェックインの案内である。こ

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

CUBA③ 10th NOV 2016  Havana Train Station  & Flight Cancellation

Morning walk. I went out to the train station and

記事を読む

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

 ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えないのが予定外。メールを打っていたらさ

記事を読む

[157]201909.26~29日 ミクロネシア連邦 ポンペイ島パリキールPNI  

2019.09.26深夜ミクロネシア到着。 迎えがきていない。電話する。十分というが、20分経って

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑