*

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年8月9日 ツールーズ カルカソンヌ城壁都市(世界遺産)

公開日: : 最終更新日:2023/06/14 シニアバックパッカーの旅

2018年8月9日 ツールーズ、カルカソンヌ、アンドラのアルバム

https://photos.google.com/album/AF1QipMdRIYCq8V7IlUlGZOU_Dz9Sl4Aw-8ymzYAHK5y

ツールーズを早朝出発しカルカソンヌにゆく。切符を買うのに労力を使わないようにするため、事前ネット購入。でも出発番線を間違うといけないので早めに到着。
カルカソンヌ駅前にミディ運河がある。一目瞭然。運河に乗る必要などまったくないと思った。乗れば写真が取れなくなる。パナマなどを経験しているからこの程度の規模の小さいものに乗っても、同じである。小さな子供でもいれば違うであろうが。その分時間を節約できる。10時半の出航まで街を見て歩く。
役所の先輩で港湾技官の運河研究家がいる。彼などの引率で、ミディ運河を全線乗るのであればまた興味の持ち方も違うのであろう。

 

ミディ運河

https://photos.google.com/photo/AF1QipOgJevQChZwa65lxwbAg4oTbplpGsIPo2qAiN2R

https://photos.google.com/photo/AF1QipNGD46yBueUd73ac2C5x9Ox9aXhEtGxh7v2fmSa

https://photos.google.com/photo/AF1QipMECJpE8w65bEAT69V-k-4pz0nhEP2w0Q3NQxLl

https://photos.google.com/photo/AF1QipM4yrw172js_rZccR5Ygfdg-RQDOP_N3plvO8_y

https://photos.google.com/photo/AF1QipO8vzXZVGOt2uH_9uhQXq9QiU84n5Z5usfS1lqa

https://photos.google.com/photo/AF1QipNSTDBpgmG5jabqGXHAF0SbcO67ubsc81Rf52bI

https://photos.google.com/photo/AF1QipNLHL9zTIH-XWPwuMRYfYHv1gMtnYCOBrBxgvsA

https://photos.google.com/photo/AF1QipOEfMC6dy3RpQkRpQZEYy3MLIAyFCxI6kV0JCRR

https://photos.google.com/photo/AF1QipMvi5j_PBa4jR8G0p2v05uK4XgKTReep7XwRO3l

https://photos.google.com/photo/AF1QipNVFYxV-t-UJQgT41lyDahywI2OYPPAaYciHxhy

 

ネットの説明文
17世紀、南仏の経済発展の基礎となる物流を助けるため、徴税師ピエール・ポール・リケが発案した、地中海と大西洋を結ぶ大運河計画。 当時大西洋から地中海にものを運ぶには、スペイン・ポルトガルのイベリア半島をぐるっと大回りする以外に航路がなかったため、スペインにジブラルタル海峡の通行税を支払わなければならなかったのです。ミディ運河構想は、時間と通行税削減のために考え出された一大プロジェクトでした。 総延長360kmの水路と、閘門(ロック)、水路橋、橋、トンネルなど328の構造物をもつミディ運河。1996年にユネスコの世界遺産に登録されたこの芸術的運河は、1667年から1694年にかけて建設、のちにカルカッソヌも通るようになりました。産業革命への端緒を開いたこの運河は、近代の卓越した土木工事の典型例ですこの運河の登場によって、南仏のワイン出荷量は飛躍的に増えたとも言われています。17世紀の産業革命を支えたミディ運河はしかし、鉄道の登場と共にその役割を終えます。現在では運河は観光客を乗せて遊覧船が行き来し、また船を引く馬が通った運河沿いの側道では、ジョギングや散歩を楽しむ人々で賑わっています。

https://photos.google.com/share/AF1QipM8a6amovO9JouoC4fL1guBUPjVGZEvJgmZiTKrFc8IRc0gLvCsvH1ATOrmcw8xfw?key=S0lqeWVLbUEzOG5RU2dSZDFZd3JnT01JenNsOVh3
https://photos.google.com/album/AF1QipPE2AYwBf7HnT1xTAda4Rqsf32O1TsxrSyNxm3F

 

https://photos.google.com/photo/AF1QipPpXRlbNDOY1gOlOvKAvwroQQ95jESxyaGfB9ys

https://photos.google.com/photo/AF1QipNHyPCw9Vi-7YmjXBPDGXFmhXUA4hVlxnDIvHqW

https://photos.google.com/photo/AF1QipMaydm_4wnyl4N4cdsuXVxyHNrnjWWJ-K3oq-6O

https://photos.google.com/photo/AF1QipNVGYUnL6XooxN_KjBC6Lobf40K0Wpw6fcwwwsB

カルカソンヌ城見学

https://photos.google.com/photo/AF1QipNRYrgtbMX1fUhIidkCdpDbvBdZ1yRP_nLOiNh3

      

https://photos.google.com/photo/AF1QipPAjL8GbmAxGiaTlvLraEYGfDD0ZMU5L6Pv3fHt

https://photos.google.com/photo/AF1QipPx8As00Wm6iQyto1k7eb_cf9bLK-_hbrLcmXHO

https://photos.google.com/photo/AF1QipPCqLJSIxowpoBUdeg5j_1OoFoEbFsW9TCR7U7g

https://photos.google.com/photo/AF1QipPvXaH28P1FaziceuiKgO3elC-efb3gNm1748XZ

https://photos.google.com/photo/AF1QipMd7JDx3dEEOwuKN2w0UsPd4bBwjVFuiwO_CBfj

https://photos.google.com/photo/AF1QipMHjAekqRZPcoHddmPpswH7-r5NA01ws6cwSK-C

https://photos.google.com/photo/AF1QipMXxbBaGB7lW7uRcagiEc49zjGyT6Creb3z2zRc

 

 

https://photos.google.com/share/AF1QipN22F-d60GgxhFEg8RHiN1yaTG_B-uYh1n-iq13gFTOXrxVsije4_LF290BzRDinQ?key=dTFzcTVjeXF1Skh3UmZRNHVxTmpVYTgwQkl3MTVR
https://photos.google.com/album/AF1QipOxwH2NrYPGLhkPLLZcGtbQCJ0Y4aYEk1dneYVI

フランスではカルカソンヌ城を見ないで城を語るなかれというそうだ。日本でいえば松島みたいなものである。カルカソンヌもモンサンミシェルもそうであるが、城の中ではお土産屋がひしめいているが、城壁のそとはすっきりしている。その点日本の名所は、お寺の中はすっきりしているが、周辺が土産物店等でごちゃごちゃしている。どっちがいいのか、これも文化の差であろう。早めに終わったので、カルカソンヌにも一足早い電車でもどる。既存の切符は有効であった。

https://photos.google.com/share/AF1QipO-YFHf3vRmQx82Uh1SeQVGw7p-NUw_A97eTChoQGonYdecynoK7rkWeBBR6SsEjw?key=d2xKeUZ0dUJ4NEE3R1FRSGQtcVEyZFJxZGlmZ2NR
https://photos.google.com/album/AF1QipN6p70Rwbxpz4Hj4IvIfPrhYkR09e_JzdvMsc2G

ツールーズ到着時は小雨。まずアンドラ幾のバス停を確認。しかしガロンヌ川に到着したころはカスミがかかったようになっていた。ここでもトラムの一部が運休していた。名物のカスレを食べてみようとしたが、レストランではやっていないという。銀座でかつ丼を注文するようなものか。しかし、駅まで戻る途中で偶然看板が目に入る。20€近くするから結構高いものだ。おなかがへっていたのでおいしかった。親父も愛想がよかった。

https://photos.google.com/photo/AF1QipMB6HCsBthx2f1BQUWoWR21syQ0pUr07jIQlhBC

   

https://photos.google.com/photo/AF1QipMa8Ci5aLUCoGCrR3YzctcjwEfvRq9Sjp8n1A4A

   

 

アンドラ行きバス(684245) 20時発 アンドラ着23時

バスが到着するまで不安である。トイレはないが、途中駅でいえばできるようだった。バス会社はホテルの近くのバス停まで送ってくれた。それも条件に入っているようである。地元バス会社なので、alsa等の大手への競争条件なのであろう。

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年5月3日日中 バジリカータ州 マテラ

  2022年5月3日バーリからMateraへ           旅

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 リベリア(国連加盟国179か国目)空港のみ

https://photos.google.com/photo/

記事を読む

no image

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年8月27日早朝 マシュハドからバジギレン国境へ

facebook投稿文 2020.8.27 イラン・トルクメニスタン国境バジギランごえ

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年8月7日 ホテルRITZ

7日の日 イングランド銀行で古い£紙幣を新札に交換してもらい、リッツに移動。レセプションは意外なほど

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 1978年12月 新婚旅行 英国(国連加盟国4か国目)、アイスランド(国連加盟国5か国目) 米国(国連加盟国6か国目)(⑴アラスカ州アンカレッジ)

1978年12月9日に神田の学士会館で結婚式を挙げ、東京プリンスホテルに宿泊し、新婚旅行に叔母夫妻が

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

no image

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

🌍🎒2023夏 シニアバックパッカーの旅 2023年9月1日 南スーダン(国連加盟国169か国目)

 Facebook投稿文 2023.9.1 南スーダン、国連加盟国169ヶ国目

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2013年5月 ブータン(国連加盟国55か国目)

加賀市長在職時、議会の承認を得て、かねてよりマスコミに幸福度ナンバーワンともてはやされ、興味があった

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 北中米旅行記➀ 2016年11月5日~6日 アンティグア・バーブーダ(国連加盟国79か国目)

◎ JFK空港  チームネクストの調査を終え、一足先にJFK空港まで地下鉄で向かった。駅で切符を購

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑