*

2⃣ 1 2018.8.9 ツールーズToulouse カルカソンヌCarcassonne

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 海外旅行感想, 海外観光

ツールーズを早朝出発しカルカソンヌにゆく。切符を買うに労力が使わないため、事前ネット購入。でも出発番線を間違うといけないので早めに到着。
カルカソンヌ駅前にミディ運河がある。一目瞭然。運河に乗る必要などまったくないと思った。乗れば写真が取れなくなる。パナマなどを経験しているからこの程度の規模の小さいものに乗っても、同じである。小さな子供でもいれば違うであろうが。その分時間を節約できる。10時半の出航まで街を見て歩く。
役所の先輩に運河研究家がいる。彼などの引率で、ミディ運河を全線乗るのであればまた興味の持ち方も違うのであろう。

ミディ運河

ネットの説明文
17世紀、南仏の経済発展の基礎となる物流を助けるため、徴税師ピエール・ポール・リケが発案した、地中海と大西洋を結ぶ大運河計画。 当時大西洋から地中海にものを運ぶには、スペイン・ポルトガルのイベリア半島をぐるっと大回りする以外に航路がなかったため、スペインにジブラルタル海峡の通行税を支払わなければならなかったのです。ミディ運河構想は、時間と通行税削減のために考え出された一大プロジェクトでした。 総延長360kmの水路と、閘門(ロック)、水路橋、橋、トンネルなど328の構造物をもつミディ運河。1996年にユネスコの世界遺産に登録されたこの芸術的運河は、1667年から1694年にかけて建設、のちにカルカッソヌも通るようになりました。産業革命への端緒を開いたこの運河は、近代の卓越した土木工事の典型例ですこの運河の登場によって、南仏のワイン出荷量は飛躍的に増えたとも言われています。17世紀の産業革命を支えたミディ運河はしかし、鉄道の登場と共にその役割を終えます。現在では運河は観光客を乗せて遊覧船が行き来し、また船を引く馬が通った運河沿いの側道では、ジョギングや散歩を楽しむ人々で賑わっています。

https://photos.google.com/share/AF1QipM8a6amovO9JouoC4fL1guBUPjVGZEvJgmZiTKrFc8IRc0gLvCsvH1ATOrmcw8xfw?key=S0lqeWVLbUEzOG5RU2dSZDFZd3JnT01JenNsOVh3
https://photos.google.com/album/AF1QipPE2AYwBf7HnT1xTAda4Rqsf32O1TsxrSyNxm3F

カルカソンヌ見学

https://photos.google.com/share/AF1QipN22F-d60GgxhFEg8RHiN1yaTG_B-uYh1n-iq13gFTOXrxVsije4_LF290BzRDinQ?key=dTFzcTVjeXF1Skh3UmZRNHVxTmpVYTgwQkl3MTVR
https://photos.google.com/album/AF1QipOxwH2NrYPGLhkPLLZcGtbQCJ0Y4aYEk1dneYVI

フランスではカルカソンヌ城を見ないで城を語るなかれというそうだ。日本でいえば松島みたいなものである。カルカソンヌもモンサンミシェルもそうであるが、城の中ではお土産屋がひしめいているが、城壁のそとはすっきりしている。その点日本の名所は、お寺の中はすっきりしているが、周辺が土産物店等でごちゃごちゃしている。どっちがいいのか、これも文化の差であろう。早めに終わったので、カルカソンヌにも一足早い電車でもどる。既存の切符は有効であった。

https://photos.google.com/share/AF1QipO-YFHf3vRmQx82Uh1SeQVGw7p-NUw_A97eTChoQGonYdecynoK7rkWeBBR6SsEjw?key=d2xKeUZ0dUJ4NEE3R1FRSGQtcVEyZFJxZGlmZ2NR
https://photos.google.com/album/AF1QipN6p70Rwbxpz4Hj4IvIfPrhYkR09e_JzdvMsc2G

ツールーズ到着時は小雨。まずアンドラ幾のバス停を確認。しかしガロンヌ川に到着したころはカスミがかかったようになっていた。ここでもトラムの一部が運休していた。名物のカスレを食べてみようとしたが、レストランではやっていないという。銀座でかつ丼を注文するようなものか。しかし、駅まで戻る途中で偶然看板が目に入る。20€近くするから結構高いものだ。おなかがへっていたのでおいしかった。親父も愛想がよかった。

アンドラ行きバス(684245) 20時発 アンドラ着23時

バスが到着するまで不安である。トイレはないが、途中駅でいえばできるようだった。バス会社はホテルの近くのバス停まで送ってくれた。それも条件に入っているようである。地元バス会社なので、alsa等の大手への競争条件なのであろう。

関連記事

トーゴ(141)はLomeの、ブードゥー教市場と都心風景 2019年2月12日~13日 

 昨日、ロメのホテルに入り、そのまま就寝した。日中リュックをしょって歩いたので、くたびれたのと、時

記事を読む

3⃣ 3  2018.8.16  カサブランカ、マラケシュ

 映画カサブランカ 全編 1 https://youtu.be/9YwBMWvbE9A 2 ht

記事を読む

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。 タシュケントは

記事を読む

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック (147) 2019年2月18日 

(承前 ナムビア虐殺事件とドイツ) ヘレロ・ナマクア虐殺は旅行に出かける直前に知った。 私は

記事を読む

1 2019年24日~10月16日  太平洋島嶼国等への旅の起点 豪州

2019.09.24 三週間の太平洋諸国巡りの旅。 訪問地数も152国・地域から166国・地域

記事を読む

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張

記事を読む

2⃣ 5 2018.8.12  セネガル・ダカール・ゴレ島(126)

https://photos.google.com/share/AF1QipPbofFVTmuUpA

記事を読む

マダカスカル・アンタナナリボ(145)2019年2月16日~18日  

 機内で入国カードをもらい記入していたのと、ビザをとっていたので、拍子抜けするくらい簡単に入国でき

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記5 キガリ虐殺記念館

ラルナカからアンマン、アンマンからドーハと元の道を戻る。ドーハは人人人。春節の影響もあるのだろう。ラ

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑