*

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 海外旅行感想, 海外観光

アンドラ

アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわからず、朝起きて散歩。バス停まで山を下るような感じ。リフトがあるのでうまく使えばいい。バスターミナルでは電工表示板があり、何本もある。アンドラバスに限らず、alsa等もある。事前に悩んだバルセロナ乗継ももっとうまくできたかもしれない。しかし結果的にはandoバスが一番良かった。
ホテルは朝食がついていないが、必要。カウンターはレストランで払えというが、レストランは後でという。食事(8€)してすぐに出たかったので、カウンターに払いに行くとレストランだという。乗車券上そもそもバスがホテルに迎えに来ることになっているが、ホテルはよくわからないようだ。遅れるといやなので、朝食の支払いはせずに、すぐに直接ターミナルに向かう。カード番号を控えているから引き落としするだろうと思っていたら、すぐに引き落としていたことが確認できた。それならカウンターで支払えるようしてほしい。

入国時は深夜でよくわからなかったが、出国時はわかった。国境で運転手が下りて何かしていた。乗客はそのままである。沿道の国旗が変わったくらいである。携帯電話の番号が変わったかは確認し忘れた。

https://photos.google.com/share/AF1QipMj6s_8t0IOrH93nYmSpOOMbdimu7cAUHCtKkcwT08uVXyPTLXFRPOeqvt2pXvFdg?key=S1dZWU5pVEh5cXZjYm5EX0VlRjBENHVRVjlVQk5n
https://photos.google.com/album/AF1QipMx1ZW-e1FeOthTikI6OTPePHSJsxhPFDEHeotg

アンドラ公国(アンドラこうこく)、通称アンドラは、ヨーロッパ西部のピレネー山脈中にある立憲君主制国家。フランスとスペインに挟まれたミニ国家であり、フランス大統領とスペインのウルヘル司教の2名による共同大公を元首とする。首都はアンドラ・ラ・ベリャ。人口7万8千人、3万3千€ 淡路島よりやや小さい国
フランスとスペインに挟まれた、ピレネー山脈東部にある小さな国です。公用語はカタルーニャ語で、スペイン語が通じます。過去にはタックスヘイブンで有名でしたが、名残からか、現在も免税店が多く見られます。主要産業は観光で、冬にはスキーリゾートとなります。温泉施設もあり、スパを備えたホテルも何件かあります。日本ではあまりなじみのない国ですが、映画「アマルフィ 女神の報酬」で舞台となった場所です。23区よりも小さい国ではありますが、首都は当然あります。Andorra la Vella(アンドラ・ラ・ベリャ)で、首都というよりは、街の中心部といったところです。ちなみに、空港や鉄道はありませんので、レンタカーかバスでのルートとなります。

strong>空港からバルセロナサンツへ

バスは順調、余裕のある到着。第二ターミナルで運転手とは、鉄道駅を聞いてもコミュニケーションが取れなかったが、表示があり、それに差したがってあるいた。最後長い陸橋をわたるのだが、renfaの紫の表示がなくなり、戸惑う。元に戻り確認、間違いはない。そのまま進むとrenfaの表示、紫ではないが安心。次にチケットマシン、英語表示変換画面があると聞いていたが、わからない。見よう見まねで買う。値段を知っていたのでかえた。ガードをやめ現金に。マイアミの駅は英語だったがわからなかった。
列車にのると、芸人が音楽パフォーマンス、後でチップをあつめていた。乗る前に駅員と交渉していたのは、このことだったのだ。
サンツのついた駅が手前にある。三つ目のはずだから、ちがうのだが、心配になる。様子も違うのでおららまちがえないですんた。駅名は違うものが外国人にはよいが、、、、
AVEにはセキュリティチェック、38分の鉄道だたら、焦ってしまたかもしれない
ワイファイ環境はバルセロナ駅は悪い、renfaもない。アンドラバスも繋がらない。駅員にチケット受け取りマシーンはどこかと聞いても、そんなものはないという。トレインの説明書とはちがう。バルセロナ駅で、切符の自動発行機を探したが見つからず、駅員に聞いてもわからない、カウンターに行けという。カウンターでハードコピーに変えた。その方が安心である。

関連記事

ナムビア・ウィンドホック (147) 2019年2月18日 

(承前 ナムビア虐殺事件とドイツ) ヘレロ・ナマクア虐殺は旅行に出かける直前に知った。 私は

記事を読む

平壌、開城、板門店(1)

◎はじめに 観光学を研究するものとして、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)にも一度行って

記事を読む

[157]201909.26~29日 ミクロネシア連邦 ポンペイ島パリキールPNI  

2019.09.26深夜ミクロネシア到着。 迎えがきていない。電話する。十分というが、20分経って

記事を読む

5月18日 ポタラ宮、大昭寺

5月18日   いよいよメインイベントであるポタラ宮にでかける。血中酸素濃度を測ってからゆくが、8

記事を読む

3⃣ 7 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

2-⑧ 2018年9月20日 タシケント朝の地下鉄とキルギス共和国(138)ビシケク空港からホテルに向かう騒動

タシケントでは50年前に大地震があったそうだ。私は全く記憶がない。 地下鉄に乗ってみる。アルマトイに

記事を読む

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

no image

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記3 ぺトラ遺跡

◎ 2月8日~10日 ヨルダン・アンマン・ぺトラ 車が7時に迎え。ペトラまで往復130ヨルダン

記事を読む

Touristic problem of Jeju island richer than Okinawa and Kyushu held ~ Participation in press tour ~

It was a short time from November 2 to 4, but I pa

記事を読む

④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑