*

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 海外旅行感想, 海外観光

アンドラ

アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわからず、朝起きて散歩。バス停まで山を下るような感じ。リフトがあるのでうまく使えばいい。バスターミナルでは電工表示板があり、何本もある。アンドラバスに限らず、alsa等もある。事前に悩んだバルセロナ乗継ももっとうまくできたかもしれない。しかし結果的にはandoバスが一番良かった。
ホテルは朝食がついていないが、必要。カウンターはレストランで払えというが、レストランは後でという。食事(8€)してすぐに出たかったので、カウンターに払いに行くとレストランだという。乗車券上そもそもバスがホテルに迎えに来ることになっているが、ホテルはよくわからないようだ。遅れるといやなので、朝食の支払いはせずに、すぐに直接ターミナルに向かう。カード番号を控えているから引き落としするだろうと思っていたら、すぐに引き落としていたことが確認できた。それならカウンターで支払えるようしてほしい。

入国時は深夜でよくわからなかったが、出国時はわかった。国境で運転手が下りて何かしていた。乗客はそのままである。沿道の国旗が変わったくらいである。携帯電話の番号が変わったかは確認し忘れた。

https://photos.google.com/share/AF1QipMj6s_8t0IOrH93nYmSpOOMbdimu7cAUHCtKkcwT08uVXyPTLXFRPOeqvt2pXvFdg?key=S1dZWU5pVEh5cXZjYm5EX0VlRjBENHVRVjlVQk5n
https://photos.google.com/album/AF1QipMx1ZW-e1FeOthTikI6OTPePHSJsxhPFDEHeotg

アンドラ公国(アンドラこうこく)、通称アンドラは、ヨーロッパ西部のピレネー山脈中にある立憲君主制国家。フランスとスペインに挟まれたミニ国家であり、フランス大統領とスペインのウルヘル司教の2名による共同大公を元首とする。首都はアンドラ・ラ・ベリャ。人口7万8千人、3万3千€ 淡路島よりやや小さい国
フランスとスペインに挟まれた、ピレネー山脈東部にある小さな国です。公用語はカタルーニャ語で、スペイン語が通じます。過去にはタックスヘイブンで有名でしたが、名残からか、現在も免税店が多く見られます。主要産業は観光で、冬にはスキーリゾートとなります。温泉施設もあり、スパを備えたホテルも何件かあります。日本ではあまりなじみのない国ですが、映画「アマルフィ 女神の報酬」で舞台となった場所です。23区よりも小さい国ではありますが、首都は当然あります。Andorra la Vella(アンドラ・ラ・ベリャ)で、首都というよりは、街の中心部といったところです。ちなみに、空港や鉄道はありませんので、レンタカーかバスでのルートとなります。

strong>空港からバルセロナサンツへ

バスは順調、余裕のある到着。第二ターミナルで運転手とは、鉄道駅を聞いてもコミュニケーションが取れなかったが、表示があり、それに差したがってあるいた。最後長い陸橋をわたるのだが、renfaの紫の表示がなくなり、戸惑う。元に戻り確認、間違いはない。そのまま進むとrenfaの表示、紫ではないが安心。次にチケットマシン、英語表示変換画面があると聞いていたが、わからない。見よう見まねで買う。値段を知っていたのでかえた。ガードをやめ現金に。マイアミの駅は英語だったがわからなかった。
列車にのると、芸人が音楽パフォーマンス、後でチップをあつめていた。乗る前に駅員と交渉していたのは、このことだったのだ。
サンツのついた駅が手前にある。三つ目のはずだから、ちがうのだが、心配になる。様子も違うのでおららまちがえないですんた。駅名は違うものが外国人にはよいが、、、、
AVEにはセキュリティチェック、38分の鉄道だたら、焦ってしまたかもしれない
ワイファイ環境はバルセロナ駅は悪い、renfaもない。アンドラバスも繋がらない。駅員にチケット受け取りマシーンはどこかと聞いても、そんなものはないという。トレインの説明書とはちがう。バルセロナ駅で、切符の自動発行機を探したが見つからず、駅員に聞いてもわからない、カウンターに行けという。カウンターでハードコピーに変えた。その方が安心である。

関連記事

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

Is it true only 10% of Americans have passports?

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-42586638

記事を読む

[156]2019.9.26 マーシャル諸島共和国 マジュロMAJ 

https://photos.google.com/photo/AF1Qi

記事を読む

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着 エアアスタナでアルマトイに

記事を読む

北中米旅行記② 11月6日 バハマ諸島・ナッソー

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー  マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haは

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

no image

3⃣ 6 2018.8.19 サンモリッツ、ティーラーノ、ルガーノ

サンモリッツ 人口は5千人であるから、2万人の軽井沢町、1.3万人の箱根町より小さく、6千人の草津

記事を読む

no image

170-3 São Paulo 

https://photos.google.com/share/AF1QipOoynuo

記事を読む

1⃣ 2 2018.8.2-3 Edinburgh SCOTLAND(119)

3日 一人早起きして朝の散歩。丘の名前はあるがネットで何度調べて覚えてもすぐ忘れてしまうので、もう表

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

PAGE TOP ↑