*

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

公開日: : 最終更新日:2021/07/03 2018年アメリカ・カリブ旅行, 海外旅行感想, 海外観光

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りをしたときにマイアミは何度も利用したので慣れてはいるものの、今度は時間が無駄に感じた。移動に一日費やされたからだ。

〇 16日キュラソーからサントドミンゴに到着

https://photos.google.com/photo/AF1QipPoltfm9oHXBdNSEnv-jLw7JPhtB8vWMMnLD73E

到着し、初日であるから40ドルでタクシーに乗る。ホテルで一休みし、周りの騒音で目が覚めたら日が落ちていた。お祭りがあるのかと、外に出てみたが、大音量のカセット。治安のことがわからないので、恐る恐る散歩。近くに広場があり、そこで食事。しかし、そこは町のまさに中心であった。コロンブスの子孫が住んだという建物が、薄明かりのもと、シルエットで見える雰囲気のあるところであった。

〇 17日 サントドミンゴ VELTRAの現地ツアーに参加(50ドル)

https://photos.google.com/photo/AF1QipMJP_fd5olP0n5Ayw4PCVFFoYeTintPRCrD0DBK

朝早く目が覚め、近くを散歩のあと、屋上で朝食。早めに対応してくれた。
治安のことが頭にあったので、VELTRAの現地ツアーを購入していった。50ドルだから高くはない。朝ホテルに迎えに来てくれる。
コロンブス博物館と灯台。現地人もスペイン人襲来の時に逃げ込んだという洞窟を案内され、土産物店に直行。2時に開放される。
その後は、一人で散策。様子がわかってきたので、一人歩きしても全く問題がない。ガイドブックは、旧市街は注意しろと出ているが、まず大丈夫である。
ドミニカはスペイン人が最初に来た場所。今日の中南米諸国はすべてドミニカ共和国から始まっている。

暗くなり、昨日と同じ店にゆく。今度は二回目だから余裕。割高な白ワインではなくビールを注文。親子で仮装した人が記念撮影用に回ってきたのでお願いした。

関連記事

1⃣ 6 2018.8.6 ② ジャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey)(122カ所目)

ガーンジ島GCI を12:40発 frybe6420便(予約番号AT4BK6) ジャージー島JER着

記事を読む

no image

va旅行 トルコ カッパドキアの カイマクル地下都市

大規模な地下都市が存在し、誰にも発見されずに生活している可能性は? 1963年、トル

記事を読む

no image

2019年11月10日 江蘇省 南京(830万人) 

10日朝2時、羽田発のピーチで上海へ、 中国人の利用者の方が多かった。朝上海につき、荷物もなく、

記事を読む

va旅行 USA50州 これも観光資源 グレーハンズ最長ルートとグレンミラー・ホテルペンシルベニア

USA50州は、南北戦争がらみの州か、西部開拓の現地民がらみの州が多い。カリブ海諸地域と組み合わせ

記事を読む

CUBA ➀

 8th Nov. 2016  I left Kingston early in the mo

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 ロシア編 カルムイク共和国 欧州唯一の仏教国

https://youtu.be/XVxsb2dzagA https://youtu.

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 ロシア編 イルクーツク、ウラン・ウデ

◎イルクーツク 人口は約59万人。 首都モスクワからはシベリア鉄道で繋がってお

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 中国側・憑祥とベトナム側・ドンダン/ランソン

https://youtu.be/ghuzWnTwu7U

記事を読む

1-3 2018年9月10日 チームネクストモスクワ調査2 モスクワ大学での意見交換会

今回モスクワ大学を訪問で来たのは、鳩山紀一郎長岡科学技術大学准教授のおかげである。氏はモスクワ大学

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

PAGE TOP ↑