*

173 NICARAGUA ニカラガ 

公開日: : 最終更新日:2020/02/13 海外旅行感想, 海外観光

予備知識( ニカラグアは中央アメリカにある大平洋にもカリブ海にも面している国で、国土面積は日本の約3分の1ほどの広さ。ニカラグアの主な産業は農牧業と観光業。公用語はスペイン語、先住民はその民族の言葉で学ぶ権利がある。)

マイアミのドーミトリーの同室の客は、韓国人4人のグループが朝の三時、も一人が四時に出発していった。私はホテルが信頼できず、早めに出ることにした。六時少し前に行くとバス乗り場だれもおらず不安がつのったが、6:00になると客が三人になった。やれやれ。カードキーはどうするか聞いておらず、返すタイミングがなかった。

 ブッキングコムではプール付きの写真を見かけるが、見かけだおしが多い。安宿はなおさらである。確かにプールはあるが、ありだけである。この宿泊施設も同じだった。

 出発後、ブッキングコムからマイアミの宿からノーショーの連絡がくる。宿泊したと答える。例の愛想の悪い女性と、あとできた愛想の良い男性の間の連絡不足だろう。女性は私のパスポート写真まで撮ったはず。

  空港では、二階の柱6番、ブリティッシュエアウェイズの入り口で降車した。明日帰りにはここから乗車することになる。五時到着だから、六時のバスになるのか。 プライオリティレーンは何処と聞いたらセキュリティのところを案内された。チェックインしなおして座席を変えるのも面倒で、そのまま入る。

 アメリカンのラウンジの方がマイアミの宿よりマシ。払込しているので明日も宿に行くことにするが。 ニカラグア行きの航空機には、車椅子や老人が沢山乗り込んできた。完全にスペイン語の世界。

 ニカラグアはアメリカと対立していたこともあり、国際イメージが良くないから、治安の心配をされてしまう。上記写真のように地球の歩き方でも懇切丁寧に説明されている。ブッキングコムで探した宿はバックパッカー用の安宿だが、設備は充実している。宿の主人の人柄が出ていた。自信をもって推薦する。カードでタクシーのピックアップも可能であるから、安全である。

 宿から、いつものように徒歩で下記写真にあるディスカバの丘に向かった。最初マグアナ湖までいくつもりであったが、やはり遠い。帰りが暗くなってしまうので丘どまりにした。丘に登ればマナグア湖を見ることはできる。暗くなってからの横断歩道は慣れないと怖いから、なおさらである。

 陸上移動の情報があれば、わざわざマイアミ経由でニカラグアからサンサルバドルへ行かなくてもすんだのだが、仕方がない。 宿でカード払いできたタクシーは15ドル。11時に来てもらう。相乗りがいた。それでやすいのか。レシートを探したがなかったので、ビザのレシートを用意しておいた。おりぎわにレシートをみせたら、宿に電話して、メールで写しをもらっていたようだ。昨夜レシートを準備したつもりが見当たらなかった。 車内で名前から寿司の話になり、どんな寿司が好きかと聞かれたので、なんでも好きだと答えておいた。 現地通貨は、入国時70ユーロ両替。25ドル相当分をタクシーに支払った。残りの分をドルに変えたが30ドル戻ってきた。するとタクシー代が40ユーロは高い。

  飛行機からはマナグア湖は見えなかった。マイアミ近くになるとヘミングウェイで有名なキーウェスト ではないかと思われる島々がみえる。さらに進むとエバーグレース国立公園がみえる。今度マイアミを訪問することがあれば、ランドツアーで、キーウェストとエバーグレースに行ってみたいものだ。

 観光地アルバからの出国地での入国手続きを済ませてきたのとは異なり、入国手続に一時間近くかかる。ニカラガは観光地ではないから、特別扱いはないのだ。五時のシャトルが六時のシャトルになってしまった。バスの乗客はもう一人、空港従業員のようだ。従って宿がある建物は、従業員用でもあり、無料シャトルもそのためにある。 前回のカードキーがあり、そのまま105号室の同じベッドで休む。もう一人先客がいた。宿の管理人が来たので、チェックイン。パスポートの写真をとるだけ。どうやって部屋に入ったのかと聞かれ、前回のカードキーを持っていたからだと答えると納得。前回のことを聞かれるが、英語力が不足して、あまりコミュニケーションが取れない。要はブッキングコムへの私の評価が悪いことを気にしていたようだ。今回は埋め合わせに全て満点にしておいた。 八時には睡眠。

 朝五時にシャトルバスへ。既に満員。空港従業員が先に乗り込んでいて、宿泊客五人が溢れてしまった。次の六時まで待つかと覚悟すると、他の客がウーバーを呼ぶのでシェアするかと聞いてきた。1ドルだというので、喜んで参加。

 アメリカンのラウンジで朝食。それでも出発まで四時間近くある。仮眠用のソファーがあるが、睡眠は十分にとっている。30ドルの宿より、アメリカンラウンジの方が快適である。 いよいよサンサルバドル行きに乗り込む。前回はサンサルバドル空港はトランジットで立ち寄った程度。その時はパソコンを持参していたので、マウスパッドをラウンジに置き忘れたことを、他の乗客が親切に教えてくれたことがあったことを思い出す。宿泊はグアテマラシティにして、そこからランドツアーで、エルサドバドルのマヤ遺跡に出かけた。私一人しか参加者がいなかった。 今回は逆にサンサルバドルに宿泊して、ホンジュラスのマヤ遺跡のランドツアーに参加。料金は二人分払っている。https://photos.google.com/share/AF1QipNKwvCUSpCh5pHPv3RDbKQZ1pe88Ap0HzlkEtkoP0UKHHnlcA3NMqxgTPGJ6nuRRA/photo/AF1QipPlGJNVi643JfsR0avdKJ9J02aRATwj3D9hqsFJ?key=VFhXU3NEYno1bFh1MmZiUnlDbENtNmwwQlNXTklB   

https://photos.google.com/share/AF1QipP2SGT_34KDu9KCmueBjPjxH7y3aaAJ9gE61PyfUd324B7lOYvvignaX3Togxn9NQ/photo/AF1QipO9YpHfRki3ZYAPSrByDq4J4WNUDB6OJNYWQo2h?key=eFB1ZG53S013YU92M05vUENVSUFuSS0yRVR1U1Nn

参考 ニカラグア事件は、ニカラグアに対する軍事行動などの違法性を主張し、1984年4月9日にニカラグアが違法性の宣言や損害賠償などを求め、国際司法裁判所(ICJ)にアメリカを提訴した国際紛争である。1986年6月27日に本案判決が下されICJはアメリカの行動の違法性を認定したが、結局アメリカの賠償がないままニカラグアの請求取り下げを受けてICJは1991年9月26日に裁判終了を宣言した。国家間の武力紛争の合法性が裁判の場で争われることは稀であり、中でも本件のICJ判決は国際法上の集団的自衛権行使のための要件や武力行使禁止原則の内容について初めて本格的な判断がなされたリーディングケースといえる判例である。しかしニカラグアへの損害賠償などを命じたICJの判決をアメリカは履行せず、その上判決履行を求めてニカラグアが安保理に提訴するも再度アメリカの拒否権行使によって否決されたなど、本件でICJは裁判所として紛争解決の機能を果たすことができなかったとする批判もある

関連記事

no image

『支那四億のお客様』カール・クロ―著 

毎朝散歩コースになっている一か所に商業会館ビルというのがある。この本を出版したのが倉本長治氏のよう

記事を読む

 ③ 19日 80か国目の国ミャンマーへ

ミャンマーは時差がバンコクの三十分おくれの変則。飛行機から見る川はマレー半島部にあるのでイラワジ川で

記事を読む

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

no image

11月11日 蘇州(1051.87万人)

13世紀に中国を訪れたマルコ・ポーロが「東洋のベニス」と呼んだと日本ではされているが、東方見聞録

記事を読む

1⃣ 8 2018.8.8 ロンドンからボルドーへ

https://photos.google.com/share/AF1QipOZv6X0GNAdB5

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

北中米旅行記⑥ ハバナ鉄道駅と欠航 11月10日、11日

◎鉄道駅 朝散歩。鉄道駅と中華街に出かける。キューバはクラシックカーと同様、鉄道ファンには古い

記事を読む

1-4 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査3 ヤンデックスのライドシェサービス

ヤンデックス社の予備情報(ネット情報) ヤンデックスは単なる配車アプリではない。近年はグーグ

記事を読む

no image

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記3 ぺトラ遺跡

◎ 2月8日~10日 ヨルダン・アンマン・ぺトラ 車が7時に迎え。ペトラまで往復130ヨルダン

記事を読む

no image

モンゴル調査の写真

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

PAGE TOP ↑