*

1⃣ 3 2018.8.3~6 エジンバラからロンドンLTN空港 そして Notinghill (映画「ノッティングヒルの恋人」)

公開日: : 最終更新日:2018/08/24 海外旅行感想, 海外観光

ロンドンの空港が多いことを今夏意味を持って体験。ヒースローは勿論、ガトウィック以外にも、ルートン、スタンステッドがある。
いずれも羽田のようには便利でないが、ヒースローは特急で15分だから、時間距離は短い。

オイスターカード、一日利用券、どっちが便利か?
ロンドンの地下鉄も網の目状だからわかりづらいが便利。しかし、地下鉄内で歩かされる。東京と同じ。
ただし、旅行中の5日、サークルラインで運行障害発生。マン島から帰ってきたときは深夜11時過ぎ、代替輸送のバスが一日乗車券等で使用できたのは便利であった。翌日も早朝ダイヤはみだれていた。昨夜の深夜バス328は頻度も確保され、どの駅員もよく代替バスラインを熟知していた。外国人にもよくきかれるのだろう。深夜労働の低賃金層には優しい。日本のナイトタイム論は観光から来ている。

ロンドンの宿もAirbnb 今度は家主同居。鍵の使い方が難しい。なかなか鍵があかずコツがいる。家内もダメだったので、鍵がおかしいのであろう。余計な気を使わされたから、二度とはつかわない。それ以外は問題ないのであるが、部屋に入れない可能性があることは最大の問題でもある。家内のはなしでは、大家は前にも同じトラブルがあったそうだ。しかし共用の玄関なので、勝手には直せない。

ノッチングヒルも広い。宿の周りだけがそうかと思っていたら、結構広い地域がノッチングヒルなのであり、駅のそばは中心ではなさそうであった。なお、アークヒルズがズとなっており、てっきり同じと思い込んでいたが、ヒルであった。動画の表題は間違いです。

https://photos.google.com/share/AF1QipOWs_81yk4EIXrbFP4LsnCc-sgC1G3Cg6T13hgIzlsDyjg0_bgczaC6-yLyWCsDsA/photo/AF1QipObXt2SgbB2n_My1OSBHuDtS8V5W3nh8t0_GRXf?key=VTdfbTY0ak8teWlYbFYzMVJ4Mmp0MkpEaEE2QkF3

https://photos.google.com/share/AF1QipOWs_81yk4EIXrbFP4LsnCc-sgC1G3Cg6T13hgIzlsDyjg0_bgczaC6-yLyWCsDsA?key=VTdfbTY0ak8teWlYbFYzMVJ4Mmp0MkpEaEE2QkF3
https://photos.google.com/album/AF1QipNTcV2_rBqj5fcIxR56GJt6sfj_jAxGcRxaGie3

映画ではこのノッチングヒルからホテルリッツに駆け付けるクライマックスの場面がある。ホテルは大きく感じるし、ノッチングヒルは高級住宅地の雰囲気がよく出ている。動画に出てくる旅行書の店はfakeで、あとから作ったお土産店。でも雰囲気があり、カサブランカのリックの店と同じである。日本映画も世界的話題になるものは、観光客用に偽物も必要であるが、差し当たって思い浮かばないから、残念である。

関連記事

2019.09.29 PNIからNANへ

2019.09.29  ポンペイオからマジェロへ 朝二時半起床。車で空港。ユナイテッドの

記事を読む

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

『この道』 http://www.woong.com/songbook/japan

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

no image

よそ者としての「tourist」の語感

http://www.bbc.com/news/world-asia-india-44312894

記事を読む

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(6)ツァガンノール、リンチンフンべ、野営

2015年8月25日 村役場でツアー運転手協会の会合に参加。会合とともに学生によるアンケートも

記事を読む

5月22日 チベットからの帰国後のこと

〇ヒマラヤ登山 機内で読んだ中国の新聞記事。14日に、両足義足の、私と同年六十九歳の中国人登山

記事を読む

保護中: 平壌、開城、板門店(1)

◎はじめに 観光学を研究するものとして、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)にも一度行って

記事を読む

no image

170-2 Belém ベレン 

https://photos.google.com/photo/AF1QipNLldgVNWY8

記事を読む

リンチェン・ドルマ・タリン著三浦順子訳『チベットの娘』を読んで

河口慧海のチベット旅行記だけではなく、やはりチベット人の書物も読まないとバランスが取れないと思い、標

記事を読む

PAGE TOP ↑