*

ヴァーチャル旅行インド編 ⑤シッキム(錫金)ガントク 中印間でチベット・中国、シッキム・インドの調整 入域許可書に写真が必要

公開日: : 最終更新日:2021/09/01 海外観光

Image result for シッキム

◎カンチェンジュンガ

まさにヴァーチャル旅行

カンチェンジュンガ - Wikipedia

◎ シッキム 

シリグリからガントクまでバスで4時間 シッキムの入域許可書を、空港、スイリグリー(シリグリ)で入手 事務所はバスターミナルの近くにあるが、16時までかもしれないので、時間的リスクがある場合は、空港又はダージリン、ランポで入手するようにする。 写真が必要 

空港にプリペイドタクシーカウンターがある。ガントクまでタクシーで1500Rp(早く着きたかったので奮発、1.5円/ルピー)。乗り合いでいく場合でも、シリグリまではタクシーに乗る必要がある。3時間半くらいでガントクに着く。乗り合いだと、シリグリでの乗り換えも考慮して4,5時間は見ておいたほうがいい。

<入域許可証(パーミット)>
シッキムに入域する場合は入域許可証が必要。ビザ申請と同時にとれると聞いてたが(HPにも書いてあった)、ビザ申請を外注化したためか、受け付けてもらえず。で、シッキム州政府のHPを信じてRanpoの州境まで行ったら、あっさりとれた。なお、申請は無料ですが、顔写真が必要。(写真はRanpoのチェックポスト)パーミットはあちこちで確認。シッキム州政府(http://sikkim.gov.in

<ガントク Gangtok><br />シッキム州の州都です。急峻な尾根の斜面に、ビルが張り付くように建っています。箱根の強羅などに、もっとびっちりと建物が建っている様をイメージするといいかもしれません。したがって、荷物を持って移動することは極力避けたほうがいいです。「地球の歩き方」等の地図は、この急斜面があるため、慣れるまで感覚的に掴みにくいと思います。慣れると居心地のいい町だと思うようになりました。MG Marg.という中心街は整備された歩行者天国になっており、ジープスタンドも近いのでとても便利です。ただし、オンシーズンということもあって、宿はどこも高めでした。

◎ガントク Gangtok

Image result for ガントク

シッキム州の州都。急峻な尾根の斜面に、ビルが張り付くように建っている。荷物を持って移動することは極力避けたほうがいい。MG Marg.という中心街は整備された歩行者天国になっており、ジープスタンドも近いのでとても便利。

Image result for ガントク
Image result for ガントク
Image result for ガントク
<北シッキムのツアーについて><br />ガントクにはたくさんの旅行代理店があります。いくつかの代理店とメールのやりとりをして、最終的にBlue Sky Tours & Travelsを選びました。だいたい、どこも同じくらいの値段を提示していました。ユムタン渓谷(写真)までの2泊3日のツアーが多いのですが、ここまで来たらぜひともその先のゼロポイント(4400メートル地点)まで行ったほうがいいです。素晴らしい山岳風景が続き、圧巻です。なお、我々は2人で16,000Rp(宿泊、食事や水なども含む)でした。ジープのチャーター代がかなりを占めるので、人数が増えればかなり安くなります。代理店に他の人とシェアしたい旨を伝えれば、相手を探してくれます。

◎北シッキムのツアー(番外 ヴァーチャル)


ガントクにはたくさんの旅行代理店がある。いくつかの代理店とメールのやりとりをして、最終的にBlue Sky Tours & Travelsを選ぶ。だいたい、どこも同じくらいの値段を提示。ユムタン渓谷(写真)までの2泊3日のツアーが多いが、ここまで来たらぜひともその先のゼロポイント(4400メートル地点)まで行ったほうがいい。素晴らしい山岳風景が続き、圧巻。なお、我々は2人で16,000Rp(宿泊、食事や水なども含む)でした。ジープのチャーター代がかなりを占めるので、人数が増えればかなり安くなります。代理店に他の人とシェアしたい旨を伝えれば、相手を探してくれます。

◎シッキム(錫金)歴史

シッキム州(Sikkim)は、ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間に位置する。かつてシッキム王国だった歴史的な経緯により、インド28州のうち人口最少、面積はゴア州に次いで2番目に狭い小さな州。

1947年にインド連邦が独立すると、シッキムにおけるイギリスの地位はインドが継承。1950年にシッキムはインド・シッキム条約を結び、外交と防衛、通信をインドに委ねる保護国になった。

1975年4月9日パルデン・トンドゥプの退位を求めるデモ隊に宮廷親衛隊が発砲して混乱し収拾がつかないと、カジ・レンドゥプ・ドルジ首相からのインド軍派兵の要請に基づき、混乱を収束させるためインド軍が介入、王宮軍は武装解除され、パルデン・トンドゥップは幽閉された。翌日の立法議会は王政廃止とインドへの編入を全会一致で議決、14日に行われた国民投票でもインドへの編入が賛成多数で承認された。15日にはシッキムをインドの第22番目の州とする憲法改正案がインドの国会に提出され、26日に両院を通過した。同年5月16日、大統領が憲法改正案を認証し、ここにシッキム王国は滅亡、シッキム州としてインドに編入された。

中華人民共和国政府は、シッキムが清の属国であったチベットの属国であったという歴史的経緯から、インドによるシッキムの併合を認めていなかった(中印国境紛争)。このため、中国で発行される地図には長い間シッキムが独立国家として描かれていた。

2003年、中国の温家宝首相がインドのアタル・ビハーリー・ヴァージペーイー首相と会談した際、両国の辺境問題 (インドが中国のチベット支配を、中国がインドのシッキム支配をそれぞれ認めていないこと) について議論された。この結果、インドと中国はチベットにおける中国の主権とシッキムにおけるインドの主権を相互承認し、中国で出版される地図でシッキムは独立国家としては描かれなくなった。2005年、中印両国は、チベット・シッキム間のナトゥ・ラ峠(Nathu La)とジェレプ・ラ峠(Jelep La)について、その開放を提案した。

ヒマラヤ山脈に囲まれ、高度280m以上で、カンチェンジュンガ (標高8586m)はインド最高峰、世界第3位である。75%がネパール人で、イギリス保護国時代の移民である。15%がブティヤ人(チベット系)、7%がレプチャ人。ネパール人の宗教はヒンドゥー教で州の最大宗教だが、ブティヤ人とレプチャ人の宗教は主にチベット仏教である。

関連記事

5月16日 中東旅行の開始 レバノン・ベイルート(101か国目)からスタート

〇中東のイメージ 中東、中近東の東はヨーロッパから見た東であり、中国から見た西洋よりは手前である。

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行インド編 ⑬ エローラ

◎石窟寺院 https://youtu.be/k1SE25mURhc エローラにあ

記事を読む

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

 昆明、石林、九郷、麗江、束河、成都の旅 2017年 9月15日~18日

 雲南、四川の観光  中国は国内観光需要が旺盛で、有名観光地はどこも山手線並みの混雑で、身動きが

記事を読む

va旅行カリブ11 SMX 蘭領セント・マーチン

島内に空港は2つある。フランス領側北部のグランカーズ・エスペランサ飛行場と、オランダ領側西

記事を読む

no image

va旅行北欧州 ベルファスト、ダブリン、リバプール、ウェールズ

◎ロンドン⇒ベルファスト ◎DERRY デリー(英語: Derry、[2])、

記事を読む

no image

VA旅行USA50 COACHの使い方   EmpireBuilder号 Cardinal号 California Zephyr号

全米50州旅行には航空機とAMTRACKの組み合わせが重要。AMTRACKの寝台車は高額であり、費

記事を読む

ヴァーチャル旅行インド編 ②ポートブレア(アンダマン諸島)

https://youtu.be/RnAlWHWG5Xs ◎アン

記事を読む

no image

va旅行独仏伊  仏

◎Strasborg フランス北東部の、ライン川左岸に位置する。河川港を抱える交通の要衝であ

記事を読む

[157]201909.26~29日 ミクロネシア連邦 ポンペイ島パリキールPNI  

2019.09.26深夜ミクロネシア到着。 迎えがきていない。電話する。十分というが、20分経って

記事を読む

no image
va旅行 パタゴニア

◎ヤマナ https://youtu.be/M3mFfMQf

no image
va旅行 トルコ編 ⑨ VAN トルコ・イラン(陸路)

https://cdn.trt.net.tr/vi

va旅行 トルコ・ギリシャ⑧ カルスKARS アニ遺跡

カルス(Kars)は、アルメニアとの国境から45km。11年の人口は

no image
ヴァーチャル旅行 トルコ編 番外 マラテヤ ネムルトダーウ

◎マラテヤ マラティヤはユーフラテス川上流部の西岸に広がる標高

va旅行 トルコ編 ⑦ シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ 危険情報レベル2

◎シャンルウルファ空港 空港は中心部から北東35km、バスが発

→もっと見る

PAGE TOP ↑