*

セイシェル(142)2019年2月15日~16日  

公開日: : 最終更新日:2019/03/02 海外旅行感想, 海外観光

アジスアベバを離陸、ソマリア上空を飛んでセイシェルに到着。その間の動画である。

https://photos.google.com/album/AF1QipNu77cYbaDS97slRP-g9GwxVhjzzKB86IshyIZR

セイシェルに到着。入国で、ネットで評判どおり、宿と出国の航空券を見せろといわれる。東京で行われたセイシェル観光局のプロモーションに出たことがあるが、観光地にしては、ずいぶんちぐはぐな対応である。

 入管でスマホをみせる。リュックもあけろといわれる。林檎を機内で食べておいたので、動植物に関する宣誓書違反はないが、機内でくばられたバターをパンと一緒にバックにいれた。これはどうか?何も言わない。その昔、チリで、後で食べようと思い、ラウンジで入手したリンゴをリュックに入れていたのを忘れ、違反だとして始末書を書かされたことがあるからだ。それ以来、入国カードに動植物の持ち込みに関する記述がある場合には気を付けることにしている。カードがなければ、指摘されればその場で破棄すれば良いだけのことだが、署名までしていると厄介なことになる可能性があるからだ。空港で両替。2ドルという少額なので、カウンターへゆく。バス代が必要だから。 宿はすぐそばだが、最初に聞いたおばさんが、英語がわからないのか、分からないと言われ、しばらくあるいたが、どうもちがうと思い、もどりがてら、道を聞くとすぐそばだった(写真参照)。 やれやれ、汗をかく。ひとやすみ。フロントでバスを聞くと三十分に一本という。しかし、バス停で待っていた感じでは10分に一本だ。公共交通機関で移動できるだけ先進国である。今回の旅行はドバイの鉄道とセイシェルのバスだけで、あとは全部タクシーであった。

 セイシェル航空はドタキャンが多いとネットの書き込みがあった。心配で宿にリコンファームをたのんでいたが、前夜にオンラインチェックインの案内がメールできた。これなら心配ないと安心したが、名前のインプット機能に不具合があり、入力できない。同じような経験をしたことがあり、その経験を思い出しワードに書いて、コピペでインプットした。なんとかなるものである。

 部屋は長期滞在型。リビングとキッチン、バスルームに二つの寝室。一日70ユーロはこの辺りの相場。国力よりはたかい。クレジットで支払うというと、クレジットではドル払いになるといい、102ドルだという。ユーロとは1.13の交換レート。そんなものか。 部屋はネット環境にない。迂闊だったが、部屋の目の前がwifi環境の公共の場所。窓を開けてスマホをかざすとつながる。撮影した写真をアップロードする。どういうわけか、何枚かアップロードできないとサインがでる。

  バスは7ルピー。ほぼ満席だったが、席にすわれた。運転はかなり乱暴。道は混雑だか、ビクトリアまでは、世相もわかり楽しい。中心部でおりる。感じはカリブの街に似ている。人々は大半がクレオール。 バスターミナル、時計台、市場、教会、ヒンドゥー寺院などをみて、また、バスに乗る。マーケットは魚が多いのはあたりまえか。帰りのバスは立ちっぱなし。スマホ地図で自分の位置を確認し、空港そばに来た時、停車ボタンをおした。バスの奥にいたので出るのに焦ったが、無事下車できた。

 翌日は早朝六時半、空港売店に朝食を買いに行く。早朝便が多いようだ。むかえの旅行会社の社員が大勢待っている。パックなら、これですぐに観光か!クロワッサンと、チョコレートケーキにコーヒーで十ドル。いらない現地通貨一ドル分をだして差し引いてもらった。昨日買ったペットボトルが2ドル。バスがビクトリアまで往復1ドルだから、それに比べると、輸入に依存する国だから物価がたかい。

 チェックアウトしてイミグレにゆくが、分からずはじめ国内線のセキュリティに行ってしまう。係員がオンラインチェックインでも、紙搭乗券が必要で、スマホではダメという。これでは、混雑時意味がない。オンラインチェックインだから、いつもの二時間前より遅れて90分前だったが、私以外乗客がいない。しかし、機内に入るとほぼ満席。団体客が多いのだろう。機内に乗り込んで到着時間を調べていてわかったが、私の時計がエチオピア時間だった。九時だと思っていたら、十時だったのだ。九時45分である。チェックイン済みだから、十時の締め切りには間に合うことは間に合う時間だが、危うい。テイク・オフが早すぎ、問題だと思ったが、そんなことはなかったのだ。 スマホの時計が自動更新されなかったのは初めてだ。通常は自動更新される。これも今後の旅の教訓になる。昨日は一時間の違いが関係なかったので、気がつかなかった。 紙の搭乗券には座席番号がかいていない。窓際の席のはずだが人がいる。でも隣が空いていて、どいてくれたから、その人も適当だったかもしれない。席についてスマホをみたら、13Fではなく、7Fだった。7の方がゆったりしていたが、しかたがない。13はセキュリティ番号のようだが、意味不明。

https://photos.google.com/album/AF1QipP6Ozax7P_HPZpkHJGfM97Z_7ATk3DVwSC-J-jc




セイシェルは1976年英国より独立 2002年 人口86000人 一人当たり名目GDP8千ドル アフリカでは高水準の国民所得。世界銀行によると、2017年の一人当たりGNIは14180ドルで、アフリカの同年のデータがある国・地域では1位

関連記事

北中米旅行記⑥ ハバナ鉄道駅と欠航 11月10日、11日

◎鉄道駅 朝散歩。鉄道駅と中華街に出かける。キューバはクラシックカーと同様、鉄道ファンには古い

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 雲南省河口からラオカイ、ラオカイからハノイ、ハロン湾

◎ラオカイ https://youtu.be/4vzJIRmX0yY https

記事を読む

no image

172-2、3 マイアミビーチ、リトルハバナ 

アメリカンは電子チェックインしていたが、シートが自動的に割り当てられる運賃で、真ん中の席になって

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

https://youtu.be/RijLPLzz5oU 中国とロシア  たった二週間のモ

記事を読む

no image

動画で見る世界人流・観光施策風土記アセアン・インド編 ⑧アムリットサル 印パ国境越え 

https://youtu.be/jHmIr78Lw38 ◎ダラムサラ  ローラット法

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記7 ケニア・ナイロビ

2月14日~16日 ケニア・ナイロビ ナイロビ空港はトランジットが多く、大半の客がバスをお

記事を読む

動画で見る世界人流・観光施策風土記 アフリカ編 チュニジア(TUN) 

チュニジア革命とベンアリ政権の崩壊後、国は経済を回復しようとしています。元独裁者と彼の一族は国を逃

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(6)ツァガンノール、リンチンフンべ、野営

2015年8月25日 村役場でツアー運転手協会の会合に参加。会合とともに学生によるアンケートも

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 中国編② 雲南省 建水 元陽 

棚田の消滅?「食糧危機」をあおってはいけない https://youtu.be/_uiv2

記事を読む

no image

va旅行中国 土木施設 中国ラオス鉄道

中国国有企業が建設する「老中(ラオス中国)鉄道」の橋。時速160キロ仕様の

記事を読む

PAGE TOP ↑