*

11月18日午後 ハルピンの安重根記念館 サンフランシスコのForgotten Camp

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 歴史は後から作られる」, 海外旅行感想, 海外観光

動画
https://www.facebook.com/shuichi.teramae/videos/713759562154474/

歴史認識が観光資源にならないかという発想から、安重根記念館を訪問したいと願っていたところから、今回は絶好の機会であった。ハルピン駅の改修工事が始まり、伊藤博文が暗殺された箇所には立ちよることができなかったが、展示は引き続き朝鮮族民俗博物館で行われているとのことで、昼食後博物館に立ち寄ってみた。あいにく土曜日で休館であったが、展示館は無休で開かれているようだったうえに、民俗博物館の係員の方が、博物館も見せてくれた。博物館自体の資料はジオラマが中心で学術的な価値は低いのであろうが、子供教育等には十分なものであった。中国人も、李鴻章、伊藤博文の日清戦争のことは歴史教育で学ぶようで、学生も知っていた。伊藤博文は、日本人の中ではハト派であったということも崔先生はしっていたが、賠償金が日本の国家予算の2年分という巨額であったこともご存じで、むしろ日本人が知らなさすぎるのかもしれない。戦争はもうかるものだという期待がうまれ、逆に日露戦争で賠償金が取れなかったことが、国民の反発を招いたということも認識しておいた方がいいように思う。

安重根については、以前のブログでも触れたので省略するが、安倍内閣の菅官房長官は記者会見で安重根を犯罪者として取り扱っている旨の発言をされ、国家の英雄としている韓国との違いが際立っている。歴史認識が観光資源になるという意味は、まず存在が知られていなければならないということであり、安重根以外にも当時処罰された朝鮮人が複数いたが、話題にならず、観光資源にならないということに気が付かなければならない。韓国人はもとより、日本人も横浜市立大学の私の授業を受けている学生は全員知っていた。中国人も教養ある人は知っていると思える。北朝鮮人も評価の仕方はともかく知っているはずだ。そのことが観光には重要なのである。

江藤新平も犯罪者として刑死しているが、佐賀では英雄であろう。しかし、明治維新の評価が変わってくると、西郷隆盛も坂本龍馬も評価が変わってしまう。それこそForgotten Personになってしまうかもしれない。

大阪市長が慰安婦像の取り扱いをめぐり、サンフランシスコ市との友好協定を破棄すると報道されている。市長の政治信条により、行政としての友好協定が破棄されることは疑問がないとはしないが、友好協定そのものがどれだけ行政的意味があるかもこの際だから議論しておいた方がいいかもしれない。議員等の出張ネタにしか過ぎないかもしれない。自費で訪問しているとは考えられないからである。

そのサンフランシスコ市が、慰安婦像だけではなく、日本の捕虜収容所に関する展示も行っていることを、ハルピンから大連に帰るときに利用した航空機内で配布されたCHINADAILY紙を読んで知ることとなった。「バターンの死の行進(The Bataan Death March)」で生き残った米国兵士が連れて行かれたのが奉天の捕虜収容所( Mukden POW camp)。そこでは捕虜200名以上がなくなっているのだそうだ(米兵以外もいる可能性はあるがよく読み取れなかった)。サンフランシスコでその収容所に関する展示会のオープニングセレモニーが、フライングタイガーの退役軍人が参加して、開催されたと記事が一面に写真入りで掲載されていた。その名も Forgotten Camp である。新聞ではバーコードを掲載してすぐにネットに飛んでいけるようにしていることにも驚かされた。
http://www.chinadaily.com.cn/world/2017-11/22/content_34851678.htm

大阪市長はこの捕虜収容所の展示についてはどう考えるのかも市民に説明しなければならないことになるのであろうが、多分無視されるであろう。

関連記事

no image

『結婚のない国を歩く』モソ人の母系社会 金龍哲著

https://honz.jp/articles/-/4147 書によれば、「民族」という単

記事を読む

④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

no image

伝統は後から作られる例 関西は阪神フアンという伝統

これも学士會会報の記事、何時も面白い話をしてくれる井上章一氏の「ゆがめられた関西像」 戦後しば

記事を読む

no image

モンゴル調査の写真

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

no image

マラウィ(150) 2019年2月23日~24日 

 どういうわけか、JNBとBLZの往復の分が、直接エアラインにはネットで予約が入りにくく、expe

記事を読む

no image

1⃣ 英国編(2018年8月2日~8日) 8月2日 FORTH橋を見てエジンバラに入る

今回の旅行は、一人旅ではなく、前半は家内と、後半は役所時代の同僚が一緒の旅である。勿論新しい国を訪問

記事を読む

3⃣ 3  2018.8.16  カサブランカ、マラケシュ

 映画カサブランカ 全編 1 https://youtu.be/9YwBMWvbE9A 2 ht

記事を読む

186 Sao Tome and Principe サントメプリンシペ(TMS)

人口16万人 1700ドル サントメ・プリンシペは1975年の独立当初は中華人民共和国を承

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

no image

『明治維新を考える』三谷博 有志舎 2006年

序章 明治維新の謎 維新という言葉 幕末から頻用されてきた「一新」という言葉を中国の古典に置き換え

記事を読む

no image
保護中: QUORA 第二次世界大戦時、なぜ戦況は悪化したのに、日本は戦争は辞められなかったのですか?

第二次世界大戦時、なぜ戦況は悪化したのに、戦争は辞められなかったので

no image
QUORA フランスには第一次世界大戦がきっかけで未だに住むことのできない地域があるって本当ですか?

この回答は次の質問に対するQuora英語版でのRichard

no image
カルムイク共和国

欧州唯一の仏教国

no image
Oneida Community Mansion House

https://www.bbc.com/reel/playlist/

no image
保護中: AIの進化が新たな局面を迎えた:GTP-3の衝撃

米国コロナ最前線と合衆国の本質(10)~AIの劇的な進展と政治利用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑