*

5月18日 オマーン・マスカット(104か国目)

公開日: : 最終更新日:2017/05/27 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

https://photos.google.com/share/AF1QipM1i87QaJAmTN6DmoLTLvtWlQKWSODwSTux9E1uGEhhsQIHfU9vRddm06iejoGNyg?key=Wk5ZWlcxSjlIQVc2bXJvckxBNE1zRG1VOWlKZm93

https://photos.google.com/share/AF1QipMdc-xBKo9zFtBRfx34da_3MzOps_wD6IMYWi_pEWVIUDZzXNNPT2RmCDDoxwSyPw/photo/AF1QipP0G4RgIsSrNczefVIkzpzI_jS8nEj0SShjAtB0?key=Y1F0c05ubXUyaGlUVy1GNjhJM0tJWF9hVE84aEhR

〇17日
バーレーンのホテル。宿泊するだけであるから、最も空港に近いところをBookingcomで選択。両替で懲りたので余計に両替し、タクシーを捕まえる。さすがにホテルを知らないが、スマホを見せて、行ってもらった。その間も、明日の予定がどうなのかと聞いてくる。正直に朝早くに空港から出るというと、迎えに来るというので頼むことにした。10時5分のオマーン航空である。
12時ころ宿に入り、ネット環境に入ると、メールが飛び込んできた。オマーンエアが欠航するという。代わりの便がガルフ航空だという。空港に予定より1時間早くゆかなければならなくなった。さっそく先ほどのドライバーに電話する。電話番号を向こうから教えてくれたので、助かった。

〇18日 
ガルフ航空も外国人労働者が多い。

機内から見える湾岸の風景は面白い。オマーンの山脈が見える。


入国審査。ここもビザがいる。ガイドブックには両替所のことが書いてあるがない。役にんが直接行う。私を含め外人観光客何人かが右往左往した。しかし人数がすくなく問題はない。それよりはビザ手数料。ガイドブックとは違い30日未満のツーリストビザが20ROである。100ドル出したら17ROしか戻らず、役にんがくすねたのかと誤解した。ガイドブックでは6ROとあったからだ。
外客数は2013年で200万人を超えたところであり、少ない数である。

タクシーは公認のデスクがあり、証明書を出すが金額はおよそしか言わない。メーターだという。両替しないと危ないと思い、両替書にいったら別のドライバーがよってくる。既に頼んだからと断る。
公認のドライバーは、MARINAホテルはつぶれたのではという。不安になり、インフォメーションセンターで確認するというと、逆に配車係はそんなことはないという。とりあえず行くことにする。到着してわかったが、隣のレストランがつぶれていた。
Marina Hotel
https://www.getyourguide.com/muscat-l233/muscat-panoramic-tour-t23852/

Bookingcomではないところのネット予約だったので心配。バウチャーを出せと言われ、スマホに入っているからネットを繋がないと出せないが予約番号はあるというと、なんとかなった。帰りのタクシーの商売をしたいらしく進めてくる。8から10ROというので、公認より安い。頼むことにした。Wifiはない。ガイドブックをよく読むとそうだった。こちらのミス。しかし痛い。散歩のとき、Wifiの使える店を選んではいった。

兎に角暑い。これなら4時以降でないと人は動かない。港とスークを見学し、その後オールドマスカットまで歩いてゆくつもりであったが、あきらめてホテルに戻った。アラブ式のサンドイッチは、チキン等を薄いナンに台なもので巻いて作ってあり、1ROと安い。同じものが西洋式のサンドイッチだと3ROもする。アラブ式サンドイッチにコーラを頼み、夕食にする。ホテルはビールが飲めるようだが、すぐにねた。

〇19日
朝早起きしてホテルの周辺を散歩。6時だがタクシー運転手がいる。観光案内するという。ホテルで空港行きの予約をしたというと、8ROで空港行きを受けるという、ホテルの予約をキャンセルするから、オールドマスカット経由で8でいいかというとよいという。早速チェックアウトして、そのタクシーに頼むというとこんどは10ROとい。面倒なので10でいいといってたのむ。すると本人ではなく別のバン型の車が来る。マージンをとるのだろう。オールドマスカットは昨晩行くつもりであったが、疲れたので中止。朝の涼しい方が正解。 マスラと違い整然としているのは王族の町なのだろう。綺麗だ。日本にはない。あるとすれば、皇居前かもしれない。

IMG_9190

空港につくと10のほか、5というのでそれはきいてないとことわる。斡旋のおじさんにごまかされているのかもしれない。気の毒だがダメというと諦めたようだ。道も混んでなく、昨日の12よりも率はいいはず。空港とマサラは40キロ。成田を思えば安いが、時間的には羽田。4、5千円は仕方がない。欧州とちがいとてもバスは使えない。日本も同じだろう。本当は現地通貨でなく、ドルが便利だが、日本だってタクシーはドルでのれないから仕方がない。Uberだとカード決済だから通過の心配がないので評判がいいのだろう。

Flydubaiは二回目。やはりインド人で溢れている。VFRである。オマーン航空もインド行き、フィリピン行きがごった返している。ドバイ行きにはアフリカ系の若い女性の集団、タンザニアからの観光客のようだ。日本人等と同じで、先に仲間がいると、列を乱して、先にいる仲間のところに割り込んできた。白人男性が肩をすくめていたが、レディーファースかといっておいた。結局LCCの類はバスで移動だから、先にバスの乗り込んでも仕方がないだが。

ホテルには朝食がなかったので、空港でとる。甘いものがほしく、水とビーフサンドイッチ2.5RO,ココアを注文。全部で5ROは高いというか、国際価格。カードが使えるので利用するのだ。
IMG_9197
IMG_9198
IMG_9199
IMG_9200
IMG_9201
IMG_9202
IMG_9203
IMG_9205

IMG_9206

関連記事

no image

『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/m

記事を読む

no image

渡辺惣樹『戦争を始めるのは誰か』修正資本主義の真実 メモ

第一次世界大戦の英国の戦争動機は不純  レイプオブベルギー  チャーチルの強硬姿勢 第二次世界大戦

記事を読む

no image

消費と観光のナショナリズム 『紀元二千六百年』ケネスルオフ著

今観光ブームでアトキンス氏がもてはやされている。しかし、観光学者なら「紀元二千六百年」を評価すべき

記事を読む

Middle East · Balkan Travel ALBANIA 8th MAY 2017  

Albania Travel Video https://goo.gl/photos/8WkNES

記事を読む

no image

5月6日 マルタからボローニャ

マルタ、サンマリノの旅の動画 https://photos.google.com/search/_

記事を読む

no image

『創られた伝統』

第一に、全ての「伝統」は歴史の中で恒常的に取捨選択された結果であり、長年の「伝統」であれ、その都

記事を読む

no image

TravelerとTouristの違い

観光学会等関係者には興味深い記事の紹介。英米人が両者の違いをどう考えているかよくわかる。trave

記事を読む

no image

人民元の動向と中国の通貨戦略 日本銀行アジア金融協力センター 露口洋介 2011.1

中国の現状は。日本の1970年を過ぎたところに当たる 大きく異なるのは、①中国は海外市場で

記事を読む

no image

宇田川幸大「考証 東京裁判」

政治論ではなく、裁判のプロセスを論じている点に独自性がある 太平洋戦争時のジュネーヴ条約の取

記事を読む

no image

『科学の罠』長谷川英祐著「分類の迷宮」という罠 を読んで

観光資源論というジャンルが観光学にはあるが、自然観光資源と文化観光資源に分類する手法に、私は異議を唱

記事を読む

no image
va旅行中東イスラム  イエメン

https://youtu.be/L3rXY5_HrQQ

no image
va旅行 独仏伊 仏ノルマンディ

◎ノルマンディーのポワント・デュ・オック Pointe du Hoc

no image
人流 人返しの法

人返しの法(ひとがえしのほう)は、江戸時代の天保の改革において、江戸

no image
va旅行 トルコ カッパドキアの カイマクル地下都市

大規模な地下都市が存在し、誰にも発見されずに生活している可能

no image
総理所信表明演説に登場した「人流」と旅主概念への期待 JN10月号原稿

岸田総理は「人流」規制を行う法改正を趣旨とする所信表明演説を行った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑