*

11月17日大連経由哈爾浜 馬迭爾賓館

公開日: : 最終更新日:2017/11/27 海外旅行感想, 海外観光

FACEBOOKにアップしたGooglephotoで編集した動画
https://photos.google.com/share/AF1QipPPqg27T7LYPp2MfdjhGgS-l3RENTX-7mEvwGJ7ZrI42zjipX0uccmocAEzXiK0Nw?key=WTBHODFzM1NJazhrcnI4SFJIQUNxdi1mM0s0ZGlB

中央大街馬迭爾賓館
https://photos.google.com/share/AF1QipMslJck2ZZL5xIDcQqD0up3pYPAGY2ShIXyK6enZX7fuktt12toJ5fQPNNMCH2R6w?key=YktyUEg1TTVBdlRFeW11bHUyRDJmYlBKRnU4UzJB

高媛氏の論文「観光の政治学」を読んで、かねてからハルピンに行ってみたいと思っていた。戦前の日本人男性はハルピンの「裸踊り」を見ることにひそかな憧れを抱いていたということも高さんの論文で知った。パリのムーランルージュはまだ遠かったからであろう。

今回、東北財形大学の崔先生が中東鉄道歴史的建造物調査団に加えてくれたのでありがたかった。崔衛華先生に三人の修士課程の男性の学生(楊成林、買青鑫、倪嘯東)、それに私である。

いよいよあこがれの哈爾浜市に出発。哈爾浜をハルピンと書くと味もそっけもなくなるように思うのは漢字文化圏の人間だからなのだろう。柳川市出身の北原白秋の詩集の影響かもしれない。そういえば中国人の詩人に罹秋白という人物がいたことを綏芬河の博物館で発見。東洋人には秋は白いのであろうか。それにしても大正時代の日中の文学的感覚はかなり似通っていたのである。

成田から中国南方航空で大連に行き、いったん入国して国内線の中国東方航空に乗り継いだ。乗継時間が心配であったが、手荷物しかなく、崔先生が私のパスポートを受け取ると先にカウンターにいってチェックインしてくれたので、十分に時間はあった。
中国本土の国内航空の路線の伸びは激しいものがある。2015年の数字では日本の六倍の輸送量であり、いずれアメリカの輸送量を上回るであろう。世界最大の国内航空市場を持つ国となる。

ハルピンについたのは暗くなってから。中央大街が目に入る。ネットで何度も見ておいたのですぐ分かったが、雰囲気がある。しかし寒い。モデルンホテルはモダンのロシア読みなのであろう。超高級というわけではないが、一番の老舗であるからコストパフォーマンスは一番良い。崔先生の計らいでメゾネットタイプの部屋を使わせてもらったが、日本語のできる買君と相部屋であった。いてもらった方が便利ではあるが、相部屋は家族以外とは久しぶりで少し戸惑ってしまった。

到着した17日の様子は、中央大街とモダンホテルを中心に、いつものGOOGLEPHOTOを載せておく。
https://photos.google.com/share/AF1QipMslJck2ZZL5xIDcQqD0up3pYPAGY2ShIXyK6enZX7fuktt12toJ5fQPNNMCH2R6w?key=YktyUEg1TTVBdlRFeW11bHUyRDJmYlBKRnU4UzJB

関連記事

[157]201909.26~29日 ミクロネシア連邦 ポンペイ島パリキールPNI  

2019.09.26深夜ミクロネシア到着。 迎えがきていない。電話する。十分というが、20分経って

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

2-⑨ 2018年9月21日 ビシケク→陸路→アルマトイ→深夜便→ウルムチ

ビシュケクからウルムチへの移動に陸路を考えた。当初タシケント・サマルカンド間を鉄道移動する予定であっ

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 イラン編 イラン制裁をめぐる塩崎 悠輝氏のコメント

NEWSPICKSに塩崎氏のコメントが出ていた。 素人の私にはわかりやすい解説である。イランはアメリ

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 2

20th August In about four hours, beyond the mou

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

[153] 9月26日ソロモン諸島ホニアラ(HIR)離着陸だけ

https://photos.google.com/photo/AF1QipM7bkw0V6ua

記事を読む

1⃣ 5 2018.8.6 ➀  ガンジー島(121カ所目)

https://photos.google.com/share/AF1QipM1XCFt9PA

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑