*

11月17日大連経由哈爾浜 馬迭爾賓館

公開日: : 最終更新日:2017/11/27 海外旅行感想, 海外観光

FACEBOOKにアップしたGooglephotoで編集した動画
https://photos.google.com/share/AF1QipPPqg27T7LYPp2MfdjhGgS-l3RENTX-7mEvwGJ7ZrI42zjipX0uccmocAEzXiK0Nw?key=WTBHODFzM1NJazhrcnI4SFJIQUNxdi1mM0s0ZGlB

中央大街馬迭爾賓館
https://photos.google.com/share/AF1QipMslJck2ZZL5xIDcQqD0up3pYPAGY2ShIXyK6enZX7fuktt12toJ5fQPNNMCH2R6w?key=YktyUEg1TTVBdlRFeW11bHUyRDJmYlBKRnU4UzJB

高媛氏の論文「観光の政治学」を読んで、かねてからハルピンに行ってみたいと思っていた。戦前の日本人男性はハルピンの「裸踊り」を見ることにひそかな憧れを抱いていたということも高さんの論文で知った。パリのムーランルージュはまだ遠かったからであろう。

今回、東北財形大学の崔先生が中東鉄道歴史的建造物調査団に加えてくれたのでありがたかった。崔衛華先生に三人の修士課程の男性の学生(楊成林、買青鑫、倪嘯東)、それに私である。

いよいよあこがれの哈爾浜市に出発。哈爾浜をハルピンと書くと味もそっけもなくなるように思うのは漢字文化圏の人間だからなのだろう。柳川市出身の北原白秋の詩集の影響かもしれない。そういえば中国人の詩人に罹秋白という人物がいたことを綏芬河の博物館で発見。東洋人には秋は白いのであろうか。それにしても大正時代の日中の文学的感覚はかなり似通っていたのである。

成田から中国南方航空で大連に行き、いったん入国して国内線の中国東方航空に乗り継いだ。乗継時間が心配であったが、手荷物しかなく、崔先生が私のパスポートを受け取ると先にカウンターにいってチェックインしてくれたので、十分に時間はあった。
中国本土の国内航空の路線の伸びは激しいものがある。2015年の数字では日本の六倍の輸送量であり、いずれアメリカの輸送量を上回るであろう。世界最大の国内航空市場を持つ国となる。

ハルピンについたのは暗くなってから。中央大街が目に入る。ネットで何度も見ておいたのですぐ分かったが、雰囲気がある。しかし寒い。モデルンホテルはモダンのロシア読みなのであろう。超高級というわけではないが、一番の老舗であるからコストパフォーマンスは一番良い。崔先生の計らいでメゾネットタイプの部屋を使わせてもらったが、日本語のできる買君と相部屋であった。いてもらった方が便利ではあるが、相部屋は家族以外とは久しぶりで少し戸惑ってしまった。

到着した17日の様子は、中央大街とモダンホテルを中心に、いつものGOOGLEPHOTOを載せておく。
https://photos.google.com/share/AF1QipMslJck2ZZL5xIDcQqD0up3pYPAGY2ShIXyK6enZX7fuktt12toJ5fQPNNMCH2R6w?key=YktyUEg1TTVBdlRFeW11bHUyRDJmYlBKRnU4UzJB

関連記事

[162]2019.10.07 仏海外領 ウォリス・フツナ

https://photos.google.com/photo/AF1QipPZSEju7ciyP

記事を読む

平壌、開城、板門店(4)

◎米軍へのこだわりが観光資源にも反映されている。 まず朝鮮戦争。金正恩第一書記になってから建て

記事を読む

平壌、開城、板門店(3)

◎金さんはアントニオ猪木さんの一団数十人が訪朝するので忙しいが、朝鮮国際旅行社の金哲日本部長から頼ま

記事を読む

1⃣ 3 2018.8.3~6 エジンバラからロンドンLTN空港 そして Notinghill (映画「ノッティングヒルの恋人」)

ロンドンの空港が多いことを今夏意味を持って体験。ヒースローは勿論、ガトウィック以外にも、ルートン、ス

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(1)~

モンゴル国最北部に、モンゴル人が「モンゴルのスイス」と呼んでいるフブスグル地域(同国最大のフブスグ

記事を読む

[161]2019.10.05米領サモア パゴパゴ 

米領サモアは、入国許可書取得が必要で、約2000円下記のネットで取得。  10月5日FGI

記事を読む

2⃣ 2 2018.8.9 ~ 8.10 ANDORRA(123) その後 バルセロナ経由

アンドラ アンドラは独立国家なので、当然docomoメッセージは入る。深夜到着なので勝手がわか

記事を読む

1⃣ 6 2018.8.6 ② ジャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey)(122カ所目)

ガーンジ島GCI を12:40発 frybe6420便(予約番号AT4BK6) ジャージー島JER着

記事を読む

no image

3⃣ 4 2018年8月17日 エッサウィラ

https://photos.google.com/album/AF1QipPZxydGB-DYGU

記事を読む

満洲里へ向かう  イメージが大きく変わる

https://www.facebook.com/shuichi.teramae/videos/71

記事を読む

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

→もっと見る

PAGE TOP ↑