*

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 海外旅行感想, 海外観光

チューリッヒ

https://photos.google.com/share/AF1QipP0xJH9ryymnL6aQlGJrxe6wSMtcImBPDG6q-yBbwVkPo50CwQEDJe9BQ6ZPXbcwQ?key=Q2RKcHVOQ1NGbl9OeS12TDduWWpPazMzN3kxaXJn

バルセロナから早朝到着。機内泊なので、なんとなくぼんやりしている。チューリッヒ駅は大きい。スイスは小さな国であるが、何事もサイズが大きい。ドイツ人の体格に合わせているからであろうし、坂が多いからかと、理屈あわないことも思ってしまった。でも、散歩は楽しい。東洋人が目抜き通りを私と同じように観光している。日本人ではない。公園で蚤の市をしていた。古いものへの愛着も西洋人はあるようで、どこの街へ行ってもこの種の蚤の市が開かれているのには驚かされる。

リヒテンシュタイン
https://photos.google.com/share/AF1QipMjoinbrb7QAiKffzrAqvg750rmwQJ5DVGjbi6AGzDKmosGyomiUfUJkOazvTSQ7Q?key=dTJtNm8tcnI2dVBwRkw0bEhjWHFKMW45RU1yQmFn

リヒテンシュタインで今回の旅の目的は達成した。独立国家であるが、加賀市の土台になっている大聖寺藩を思い出した。前田の分家で実録7万石の大名であるから、殿中序列が一段下だったので、名目10万石にしたのだそうである。リヒテンシュタイン侯も頑張って独立王国にし、現在に続いているが、実質は伴っていない。貨幣はなく切手販売である。パスポートにスタンプを3€程度で押してくれる。パスポートに勝手に押印してはいけないのであろうが、リヒテンシュタインは国家であるから、日本政府も文句は言えない。入国とも出国とも書かず、tourist officeとしか書かれていない。

東洋人には人気があるのか、中国、観光、日本人が来ていた。勿論欧州人にも人気がある。独立国家だからだ。

ダボス

https://photos.google.com/share/AF1QipPq_hlyZ4LcIrMWMf44okwWgeYLHJmsw3pFEZ8KENlQYAo7gZeB3-4c9Pl4rMnNjQ?key=clV4a0dxODZBZ0dOT1AwYXgzdkVSajhFcS1ESWhB

最近ではすっかり有名になったダボスの一時間。折角なので国際会議場まで歩いてみる。工事をしておりよくわからなかったが、ダボス会議で有名になったのであろう。施設改修をしていた。
サンモリッツへの乗換駅でうっかり居眠りしていた。気が付いて慌てて降車。何とか間に合った。旅の終盤なので疲れが出たか。

関連記事

no image

自己手配時に知っておくべき「国際航空運賃」の計算方法

今日の国際航空運賃が出来上がるまでには歴史があったと考えられる。勉強していないので知らないが、国際海

記事を読む

⑤ 16日~18日 ドミニカ共和国へ

運航中止により、キュラソーからマイアミに戻り、マイアミからドミニカに向かう。前回大アンチル諸島周りを

記事を読む

河口慧海著『チベット旅行記』の記述

旅行先としてのチベットは、やはり学校で習った河口慧海の話が頭にあって行ってみたいとおもったのであるか

記事を読む

北中米旅行記② 11月6日 バハマ諸島・ナッソー

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー  マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haは

記事を読む

綏芬河の鉄道関連歴史的建造物群

綏芬河は2013年の数字で一人当たりのGDPが2万ドル。 豊かな町であるが、英語が全く通じない。

記事を読む

1⃣ 8 2018.8.8 ロンドンからボルドーへ

https://photos.google.com/share/AF1QipOZv6X0GNAdB5

記事を読む

[153] 9月26日ソロモン諸島ホニアラ(HIR)離着陸だけ

https://photos.google.com/photo/AF1QipM7bkw0V6ua

記事を読む

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

 ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えないのが予定外。メールを打っていたらさ

記事を読む

no image

マラウィ(150) 2019年2月23日~24日 

 どういうわけか、JNBとBLZの往復の分が、直接エアラインにはネットで予約が入りにくく、expe

記事を読む

2-② 2018年9月14日 キエフからチェルノブイリ日帰り 15日午前中にベラルーシ(133)ミンスクへ

キエフの街 キエフで宿泊したホテルは朝食がない。キオスクが街角に多くあり、底で購入、

記事を読む

保護中: 『みんなが知りたいアメリカ経済』田端克至著

高崎経済大学出身教授による経済学講義用の教科書。経済、金融に素人の私

no image
『人口の中国史』上田信

中国人口史通史の新書本。入門書でもある。概要〇序章 人口史に何を聴く

no image
Quora ジョージ・フロイドさんが実際に死亡する経緯が録画

地面に押し付けられる前から呼吸が苦しいと訴えているので実際に呼吸ある

no image
『ペストの記憶』デフォー著

 ロビンソン・クルーソーの作者ダニエル・デフォーは、17世紀のペスト

no image
『海軍と日本』 池田清著 中公新書

書評1 ○ 著者は海軍兵学校(73期)卒業、終戦時海軍中尉で潜水艦に

→もっと見る

PAGE TOP ↑