*

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

公開日: : 最終更新日:2018/08/25 海外旅行感想, 海外観光

チューリッヒ

https://photos.google.com/share/AF1QipP0xJH9ryymnL6aQlGJrxe6wSMtcImBPDG6q-yBbwVkPo50CwQEDJe9BQ6ZPXbcwQ?key=Q2RKcHVOQ1NGbl9OeS12TDduWWpPazMzN3kxaXJn

バルセロナから早朝到着。機内泊なので、なんとなくぼんやりしている。チューリッヒ駅は大きい。スイスは小さな国であるが、何事もサイズが大きい。ドイツ人の体格に合わせているからであろうし、坂が多いからかと、理屈あわないことも思ってしまった。でも、散歩は楽しい。東洋人が目抜き通りを私と同じように観光している。日本人ではない。公園で蚤の市をしていた。古いものへの愛着も西洋人はあるようで、どこの街へ行ってもこの種の蚤の市が開かれているのには驚かされる。

リヒテンシュタイン
https://photos.google.com/share/AF1QipMjoinbrb7QAiKffzrAqvg750rmwQJ5DVGjbi6AGzDKmosGyomiUfUJkOazvTSQ7Q?key=dTJtNm8tcnI2dVBwRkw0bEhjWHFKMW45RU1yQmFn

リヒテンシュタインで今回の旅の目的は達成した。独立国家であるが、加賀市の土台になっている大聖寺藩を思い出した。前田の分家で実録7万石の大名であるから、殿中序列が一段下だったので、名目10万石にしたのだそうである。リヒテンシュタイン侯も頑張って独立王国にし、現在に続いているが、実質は伴っていない。貨幣はなく切手販売である。パスポートにスタンプを3€程度で押してくれる。パスポートに勝手に押印してはいけないのであろうが、リヒテンシュタインは国家であるから、日本政府も文句は言えない。入国とも出国とも書かず、tourist officeとしか書かれていない。

東洋人には人気があるのか、中国、観光、日本人が来ていた。勿論欧州人にも人気がある。独立国家だからだ。

ダボス

https://photos.google.com/share/AF1QipPq_hlyZ4LcIrMWMf44okwWgeYLHJmsw3pFEZ8KENlQYAo7gZeB3-4c9Pl4rMnNjQ?key=clV4a0dxODZBZ0dOT1AwYXgzdkVSajhFcS1ESWhB

最近ではすっかり有名になったダボスの一時間。折角なので国際会議場まで歩いてみる。工事をしておりよくわからなかったが、ダボス会議で有名になったのであろう。施設改修をしていた。
サンモリッツへの乗換駅でうっかり居眠りしていた。気が付いて慌てて降車。何とか間に合った。旅の終盤なので疲れが出たか。

関連記事

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

ネットで見つけたチベット論

立場によってチベットの評価が大きく違うのは仕方がないので、いろいろ読み漁ってみた。 〇 200

記事を読む

北中米旅行記② 11月6日 バハマ諸島・ナッソー

11月6日 バハマ諸島連邦首都ナッソー  マイアミからバハマ諸島連邦に入国。面積140万haは

記事を読む

no image

va旅行 韓国編総括

ヴァーチャル旅行として、中国編を作成しているが、一回の実旅行で完結できない場合、上海を境に二回に分

記事を読む

5月14日 西安の糸繍群像、敦煌の月牙泉、鳴汲山 15日 莫高窟、玉門関、夜市

14日 月牙泉、鳴汲山 https://photos.google.com/photo/AF1Qi

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

レユニオン(144) 2019年2月16日 

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジット

記事を読む

1-2 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)モスクワの交通事情概要

今回のモスクワ調査でご指導いただいた、長岡科学技術大学特任准教授の鳩山紀一郎氏に、事前にチームネ

記事を読む

no image

ヴァーチャル観光 中国編➀河南省 安陽Ānyáng 殷墟 邯鄲の夢とシミュレーション仮説

https://youtu.be/vnFve7gVxHk 平均気温は13.6度、

記事を読む

no image

va旅行中東イスラム イラン編 イランとパキスタン比較

杜 世橋·翻訳者 · 火機械学習エンジニアBehnam AvestaniIra

記事を読む

PAGE TOP ↑