*

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

公開日: : 最終更新日:2019/03/02 海外旅行感想, 海外観光

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。現地通貨が面倒で、ドライバーにドルで20支払う。250ランドだそうだが。チェックイン。プールがあり、野外バーベキューをしている。キリスト教の集会なのか、説教が流れていたが、派手な写真撮影もあり、よくわからない。しかし現地の有閑階級であろう。

(モザンビーク往復)

 一休みして、車の手配を頼む。ナマアチャまで。支払いはランドでないとダメとフロントの女性は言うが、空港からのドライバーは受け取ってくれたといい、同じ運転手を頼む。料金は空港と同じ距離だから往復で倍ならいいだろう。 モザンビーク国境まで三十分。沿道には学校帰りの子供達。制服がある。ドライバーには三十分くらいで戻ると伝える。

ビザがあるのは安心。オフィスの中の職員に色々聞かれるのは構わないが、オフィスの外にいる、職員もどきの人が、パスポートを見せろと入れ替わり立ち代り聞かれるのは叶わない。モザンビークの国境兵士は暇なのか色々話しかけてくる。兵士の一人が、親戚の人が冷たい水が欲しがっているという。あいにくペットボトルがないと適当に答える。 ナアマチャは国境の街、むら?思いのほか綺麗で、ポルトガル風なのかも。花を植えてある。

 ひとあたりみたので、今度は逆に戻る。パスポートにスタンプが多いので、係員はどこに何が押してあるのかわからないので、聞いてくる。 ホテルにつく。40ユーロあげた。明日の朝の空港までを頼んだ。五時四十分にきてくれと頼む。ウィンドフックのようなのは困るからだ。

(再びエスワティニ)

ホテルは朝食付き。スタートは六時半だそうで、ブレックファーストボックスを出してくれることがわかった。ただし、今夜の八時にレストランに取りにこいという。今までで一番大きなボックスだった。お腹すいていたので半分くらい先に食べてしまった。

 ドコモの24時間980円パケ放題は、ワイファイに繋げると、そのあとサイドパケ放題につなげようとしても、なかなかうまく繋がらない。しかし、その間にも、時間は経過してしまう。 夜。蚊がいて殺虫剤を巻き、腕には軟膏をぬる。刺されたところは痒い。部屋は豪華に見えるが、網戸などが破れている。タンザニアや、カリブのように蚊帳があるわけでもないのでしかたがない。 キッチンの電球の傘が落ちてきてわれた。幸いにその時はキッチンから出てきた時で、ドアの開閉の衝動で落ちたのだろう。破片で怪我をしないようきをつける。フロントに言わないと、こちらの責任にされてもいけない。

https://photos.google.com/album/AF1QipMVQ9SGLlcUBKVQ9zUTeknazR5pVujjUHJADiN_

(モザンビーク動画)

https://photos.google.com/album/AF1QipPlJhlO_-O5a1q-OqIvtWPO1YWjBluYkoiCfzSE

(エスワティニ出発)

エスワティニ、朝五時四十分、タクシーがいない。不安になり、レストランの職員にタクシーを呼んでもらった。六時にタクシーがくる。昨日のドライバーだ。遅れてすまないという。ホットした。20ユーロあげた。 道中野生のキリンに出会う。考えてみたら野生しかいない。ケニアみたいに保護区に閉じ込めていないだけだ。ATMが自動販売機みたいに何もない道路脇にある。空港には六時半に到着。チェックインカウンターも空いていない。ボーディングカードを持っていたので、すぐにセキュリティ通過。イミグレも人がいない。通っていいというので、スタンプなしにゲートへ。しかしそんな訳はなく、あとで係官の女性が手続にくる。 昨夜空港の観光案内所にいた男性が声をかけてきた。旅の印象を聞かれ、予想以上に良かったと答えておいた。日本ではほとんど知られていないが、私はアパルトヘイト時代に内陸部に不思議な国があると興味があり、一度来たいと思っていたと答えた。 いよいよ搭乗。肥満型の黒人女性がシートベルトの延長ベルトを受け取っていた。慣れているのだろう。アイパッドをロビーに忘れたという乗客がいた。取りに戻っていく。

(予備知識)

エスワティニは、絶対王政。台湾承認唯一の国。住民の約1%ほどの白人が経済の実権を握り、私有地の大半を保有。一般国民の生活水準は低く、電力の約80%を南アフリカに依存。国王の散財癖は有名。一人当たり国民所得2960ドル(2017年)エイズ蔓延と治安悪化の影響で2008年の平均寿命は男41歳・女43歳、2007年の15〜49歳のエイズ感染率は約25%だそうだ。次の動画のような印象は、正直今回の経験では、私は持たなかったが、話としては面白おかしくだ回っているようだ。それも国王の責任なのかもしれない。

http://www.swacaa.co.sz/media/publicnotices.php

関連記事

2⃣ 4  2018.8.11 バスク(125)パンプローナ、サン・セバスチャン、ビルバオ

 〇パンプローナ サラゴサ17:29発パンプローナ19:22着 Alvia530 2号車5

記事を読む

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(6)ツァガンノール、リンチンフンべ、野営

2015年8月25日 村役場でツアー運転手協会の会合に参加。会合とともに学生によるアンケートも

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記4 南北キプロス

2月11日~12日 南北キプロス・ニコシア及びラルナカ キプロスがみえてきた。空港で地図とバス

記事を読む

2-④ 2018年9月16日午後バクーからカザフスタン(135)・アルマトイへ

GYD 13:00発 KC112  ALA 18:15着 エアアスタナでアルマトイに

記事を読む

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわ

記事を読む

no image

『カシュガール』滞在記 マカートニ夫人著 金子民雄訳

とかく甘いムードの漂うシルクロードの世界しか知らない人には、こうした動乱の世界は全く想像を超えるも

記事を読む

no image

『戦後経済史』野口悠紀雄著日経ビジネス人文庫 ベターハーフオブザコンファレンス

ドッジをあやつった大蔵省 シャープ勧告も大蔵省があやつっている。選挙がある民主主義では難しいことを

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

3⃣ 5 2018.8.18 チューリッヒ、リヒテンシュタイン(129)、ダボス

チューリッヒ https://photos.google.com/share/AF1QipP0

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑