*

エスワティニ/スワジランド(148)モザンビーク入国(149)2019年2月22日、23日 

公開日: : 最終更新日:2019/03/02 海外旅行感想, 海外観光

エスワティニ到着。スタンプはスワジランドになっているのは、まだ国名変更が間に合わないということだ。現地通貨が面倒で、ドライバーにドルで20支払う。250ランドだそうだが。チェックイン。プールがあり、野外バーベキューをしている。キリスト教の集会なのか、説教が流れていたが、派手な写真撮影もあり、よくわからない。しかし現地の有閑階級であろう。

(モザンビーク往復)

 一休みして、車の手配を頼む。ナマアチャまで。支払いはランドでないとダメとフロントの女性は言うが、空港からのドライバーは受け取ってくれたといい、同じ運転手を頼む。料金は空港と同じ距離だから往復で倍ならいいだろう。 モザンビーク国境まで三十分。沿道には学校帰りの子供達。制服がある。ドライバーには三十分くらいで戻ると伝える。

ビザがあるのは安心。オフィスの中の職員に色々聞かれるのは構わないが、オフィスの外にいる、職員もどきの人が、パスポートを見せろと入れ替わり立ち代り聞かれるのは叶わない。モザンビークの国境兵士は暇なのか色々話しかけてくる。兵士の一人が、親戚の人が冷たい水が欲しがっているという。あいにくペットボトルがないと適当に答える。 ナアマチャは国境の街、むら?思いのほか綺麗で、ポルトガル風なのかも。花を植えてある。

 ひとあたりみたので、今度は逆に戻る。パスポートにスタンプが多いので、係員はどこに何が押してあるのかわからないので、聞いてくる。 ホテルにつく。40ユーロあげた。明日の朝の空港までを頼んだ。五時四十分にきてくれと頼む。ウィンドフックのようなのは困るからだ。

(再びエスワティニ)

ホテルは朝食付き。スタートは六時半だそうで、ブレックファーストボックスを出してくれることがわかった。ただし、今夜の八時にレストランに取りにこいという。今までで一番大きなボックスだった。お腹すいていたので半分くらい先に食べてしまった。

 ドコモの24時間980円パケ放題は、ワイファイに繋げると、そのあとサイドパケ放題につなげようとしても、なかなかうまく繋がらない。しかし、その間にも、時間は経過してしまう。 夜。蚊がいて殺虫剤を巻き、腕には軟膏をぬる。刺されたところは痒い。部屋は豪華に見えるが、網戸などが破れている。タンザニアや、カリブのように蚊帳があるわけでもないのでしかたがない。 キッチンの電球の傘が落ちてきてわれた。幸いにその時はキッチンから出てきた時で、ドアの開閉の衝動で落ちたのだろう。破片で怪我をしないようきをつける。フロントに言わないと、こちらの責任にされてもいけない。

https://photos.google.com/album/AF1QipMVQ9SGLlcUBKVQ9zUTeknazR5pVujjUHJADiN_

(モザンビーク動画)

https://photos.google.com/album/AF1QipPlJhlO_-O5a1q-OqIvtWPO1YWjBluYkoiCfzSE

(エスワティニ出発)

エスワティニ、朝五時四十分、タクシーがいない。不安になり、レストランの職員にタクシーを呼んでもらった。六時にタクシーがくる。昨日のドライバーだ。遅れてすまないという。ホットした。20ユーロあげた。 道中野生のキリンに出会う。考えてみたら野生しかいない。ケニアみたいに保護区に閉じ込めていないだけだ。ATMが自動販売機みたいに何もない道路脇にある。空港には六時半に到着。チェックインカウンターも空いていない。ボーディングカードを持っていたので、すぐにセキュリティ通過。イミグレも人がいない。通っていいというので、スタンプなしにゲートへ。しかしそんな訳はなく、あとで係官の女性が手続にくる。 昨夜空港の観光案内所にいた男性が声をかけてきた。旅の印象を聞かれ、予想以上に良かったと答えておいた。日本ではほとんど知られていないが、私はアパルトヘイト時代に内陸部に不思議な国があると興味があり、一度来たいと思っていたと答えた。 いよいよ搭乗。肥満型の黒人女性がシートベルトの延長ベルトを受け取っていた。慣れているのだろう。アイパッドをロビーに忘れたという乗客がいた。取りに戻っていく。

(予備知識)

エスワティニは、絶対王政。台湾承認唯一の国。住民の約1%ほどの白人が経済の実権を握り、私有地の大半を保有。一般国民の生活水準は低く、電力の約80%を南アフリカに依存。国王の散財癖は有名。一人当たり国民所得2960ドル(2017年)エイズ蔓延と治安悪化の影響で2008年の平均寿命は男41歳・女43歳、2007年の15〜49歳のエイズ感染率は約25%だそうだ。次の動画のような印象は、正直今回の経験では、私は持たなかったが、話としては面白おかしくだ回っているようだ。それも国王の責任なのかもしれない。

http://www.swacaa.co.sz/media/publicnotices.php

関連記事

綏芬河→牡丹江→哈爾濱の香坊駅へ スマホ配車と客引きが混在する街

綏芬河→牡丹江 https://photos.google.com/share/AF1QipOHU

記事を読む

④ 2016年5月20日 マンダレーイラワジ川河畔にて父親の散骨

朝五時出発。少し早すぎかも。渋滞がなく、三十分で到着。タクシー代は8000。少し安い。ホテルで用意し

記事を読む

no image

3⃣ 2  2018.8.15 フェズ、カサブランカ泊

https://photos.google.com/share/AF1QipMWth67t8N3_w

記事を読む

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 2

20th August In about four hours, beyond the mou

記事を読む

5月19日 ヤムドク湖、チベット民家訪問

19日 https://photos.google.com/photo/AF1QipNpG1SIO

記事を読む

no image

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記3 ぺトラ遺跡

◎ 2月8日~10日 ヨルダン・アンマン・ぺトラ 車が7時に迎え。ペトラまで往復130ヨルダン

記事を読む

1-3 2018年9月10日 チームネクストモスクワ調査2 モスクワ大学での意見交換会

今回モスクワ大学を訪問で来たのは、鳩山紀一郎長岡科学技術大学准教授のおかげである。氏はモスクワ大学

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

 昆明、石林、九郷、麗江、束河、成都の旅 2017年 9月15日~18日

 雲南、四川の観光  中国は国内観光需要が旺盛で、有名観光地はどこも山手線並みの混雑で、身

記事を読む

3⃣ 1 2018.8.14 モロッコ(128):タリファ、タンジール、ティトゥアン、シャウエン

https://photos.google.com/share/AF1QipN_sIjEGG_GQx

記事を読む

no image
『中国はなぜ軍拡を続けるのか』阿南友亮著

第40回サントリー学芸賞(政治・経済部門)受賞!第30回アジア・太平

no image
The battle to separate Safa and Marwa By Rachael Buchanan

https://www.bbc.com/news/extra/PLN

no image
『カシュガール』滞在記 マカートニ夫人著 金子民雄訳

とかく甘いムードの漂うシルクロードの世界しか知らない人には、こうした

no image
『仕事の中の曖昧な不安』玄田有史著 2001年発行

書評ではなく、経歴に関心がいってしまった。学習院大学教授から東京大学

no image
◎『バブル』永野健二著

GHQの直接金融主体の経済改革からすると、証券市場と証券会社

→もっと見る

PAGE TOP ↑