*

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。
ロイヤルブルネイのチェックインをしなければならないので、案内所で場所を聞くと、搭乗口から一キロ先のカウンター、妹夫婦は搭乗口に残ってもらい、一人でカウンターに向かう。カウンターでは本人がいないとだめだと最初いうのだが、一キロも離れているのだからというと、同じようなクレームがあるのだろう。構わないことになった。ロイヤルブルネイが航空会社として力がないから、こんなに離れたところにカウンターを置かされたのだろう。出発時に機内でお祈りの放送が流れていた。
ブルネイ国際空港に到着したのは12時半。深夜だ。入国審査はいたって簡単。ゲートにASEAN国用があった。メールで確認していたホテルのシャトルがまだ来ていない。少し不安だが、これまでもよくあったことだ。荷物時間を見越しているのだろうが、こちらはキャリーオンバッゲジしかないので早く出てくることができるのだ。念のためタクシー代を聞いてみたが、送迎の運転手達は30ドル位といっていた。翌日のガイドさんの話ではブルネイにはタクシーは40台程度しかいないとのこと。道理で少なかったはずだ。ブルネイは面積は三重県と同じ、経済規模は鳥取県と同じだが、一人当たりのGDPは日本を上回るようだ。国王に権限が集中した専制国家。

LeGallery Suites Hotelには1時に到着。朝のことを聞き、コンプリメントのミネラルウォーターをもらい、休む。シンプルなホテル。安くて清潔。治安もよさそうで火事になっても大丈夫。ボーイはインドネシア人。隣で近い国なのだ。明日の送りは10ドルでやってくれるとのこと。ガイドさんの話では安いと言っていた。支払いは送り代込みで、2部屋で126ドル。ガイドさんはこのホテルは初めてだと言っていた。BookingComで探したのだからあまり有名ではないだろうが、地元の運転手さんたちは知っていた。ツアーに入らないで旅行するならおすすめだ。なにせ、滞在時間8時間なのだから、安いに越したことはない。

朝、7時に目が覚める。シャワーを浴びる。石鹸等はない。髭剃りをヤンゴンのホテルに置いてきたことに気が付いたが、今日一日で旅行も終了だから構わない。朝食は隣のファーストフードレストランのクーポン券利用のだ。やり方がわからず、しばらく店の中で観察して理解した。400程度、日本のモーニングセットみたいなもの。車で食べに来ているムスリムが客の中心だった。ホテル

朝食後ホテルの周りを散策。通勤はほとんどが車で、一家に四台が普通とのこと。交通整理の警官は女性だった。あつくないのか?
IMG_6020
ホテルに戻るとお祈り部屋の案内があったが、どの部屋かわからなかった。
IMG_6023
9時にツアーの迎え。日本人ガイドで安心。我々だけの専用車だ。ペリカントラベルの手配。ランドはシンガポールに本社がある旅行会社で、日本人スタッフが5人いるようだ。経営者は中国系。まず、王宮に案内してくれる。政府高官等が入場するタイミングであった。記念撮影。
王宮守衛

次に現国王が建立したモスク見学。
そのあと民俗博物館見学。石油以前の生活ぶりがよくわかる。
動画
IMG_6050

水上生活の現場をボートで見学。日本でもかつて存在した水上生活者のイメージは全くなく、むしろベニスに近い。BBCアジア版でも時折流している映像だ。政府も規制している。汚水、ごみの管理もしっかりしているとのこと。日本式だと埋め立ててしまったかもしれない。学校も警察消防もある。部屋の中も広い。ただ、陸上にも住まいは持っているようで、贅沢なものだ。
水上住居水上住居内部

地図にもあるように、マレーシア領の河川を挟んで飛び地があるので、斜張橋を建設中。写真を拡大すると橋脚が分かるはず。
Brunei_location_map_Topographic
IMG_6061

次に、先代国王が建立したモスク見学。英国の保護領時代だったので、ステンドグラスが使用されている。水面に反映する写真が売りの一つ。モスクより高い建物は立ててはいけない規則があるので、高層建築物は屋上にモスクを作るそうだ。なるほど。日本のお社とは意味が違う。
旧モスク
(専門家の写真)
300px-Sultan_Omar_Ali_Saifuddin_Mosque_02

最後に王室資料館。国王が保有しているものが展示されている。車だけで3千台持っているとのこと。さすがに車は別のところにあるのだろう。日本の霊柩車も金をふんだんに使っているところが気に入り、コレクションに入れているようだ。戴冠式使用した車は展示されていた。戴冠式車
ツアーは午前中3時間半で一人約1万円と日本語ツアーにしてはリーズナブルである。

税金はなく、公務員の給料は18万円、民間はその半分だとか。しかし、民間といっても石油会社はかなり高いはずだと思った。外国人は安いだろう。
ツアーが終わり空港へ。チェックインの時、外は激しい雨。マレーシア731が二時間遅れるとのアナウンス。慌ててカウンターへ。接続のクワラルンプールからバンコク行きは予約済みで画面にも表示されているから、バンコクまではなんとかしてくれるようだ。結局二時間半遅れで出発。これからのことは、クワラルンプールのディレイチームが対応するとのこと。賢明な対応だ。

 クアランプールに夜8時に到着。係員が、今日の夜に成田に帰るか、明日バンコクから東京に帰るかと聞くので、当然今日帰ると返事。11時半出発のMH0088便に乗せてくれる。JALとの共同運航便。Oneworldだから手配もしやすいのかもしてない。アジアはバンコク、シンガポール、クアラルンプール等を中心に航空ネットワークが密に張り巡らされている。国境がなければ、アメリカのように、乗り放題運賃サービスができるのかもしれない。しかも中国大陸とのネットワークが増えれば、途中のどこかでトラブルがあっても、別のルートがすぐに準備されるようになるだろう。ひところ使われたインターネットの「蜘蛛の巣」である。 
 当然ラウンジを使わせてもらう。クアラルンプールの飛行場も大きい。ゲートは空港内の鉄道で移動する。最初のミールは断って睡眠に集中。5時に目が覚め、ブルネイからクアラルンプールで見た豪州映画「Dressmaker」の続きを見る。家屋敷等はラオスの田舎より貧相な時代だが、来ている服だけは立派でおかしかった。また化粧も現代的。機内の朝食を食べて、無事成田に到着。結果オーライだった。

関連記事

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。 タシュケントは

記事を読む

no image

168-2 São Paulo サンパウロ 

Cardim Plaza Hotel (カーディム プラザ ホテル) Rua Maestr

記事を読む

北中米旅行記⑧ グアテマラからマイアミ経由メキシコへ 11月14日

  14日はグアテマラのホテルを6時に出発。ランチボックスを準備してくれたが、制限区域内にはジュース

記事を読む

Sheep stone grilled dishes, Hovsgol Lake tourism, Summary

24th August In Tsuagan'noru, We participated in

記事を読む

Touristic problem of Jeju island richer than Okinawa and Kyushu held ~ Participation in press tour ~

It was a short time from November 2 to 4, but I pa

記事を読む

なぜチベットが国際問題になるのかーー中東と同じ構造

昨年雲南省の帰りにチベット旅行を企画したのだが、外国人は入国許可書が必要で簡単にはもらえないことがわ

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックア

記事を読む

1-1 チームネクストモスクワ調査(9月8日~12日)承前(日曜日市内視察) 

承前 チームネクストによるモスクワのライドシェア調査の帰りに、折角だからウクライナのチェルノブイリ

記事を読む

2-⑨ 2018年9月21日 ビシケク→陸路→アルマトイ→深夜便→ウルムチ

ビシュケクからウルムチへの移動に陸路を考えた。当初タシケント・サマルカンド間を鉄道移動する予定であっ

記事を読む

満洲里へ向かう  イメージが大きく変わる

https://www.facebook.com/shuichi.teramae/videos/71

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

アフリカ人以外の人々は皆、ネアンデルタール人の遺伝子を持っている。

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島。高度

→もっと見る

PAGE TOP ↑