*

⑥ 5月21日夜22日朝のヤンゴン市内観光

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 海外旅行感想

21日夜6時 ゴールデンロックからヤンゴンに戻る。途中でシェッタゴンバヤーが見れた。
IMG_5891
ガイドさんに20ドルチップ。10ドル札がなく、5ドルでは気の毒だと思い、20にした。多すぎるのはわかっているが、父親の供養だ。
宿はチャイナタウンに近いので散策。妹夫婦は疲れたようで、雨でもあり休憩。スーレーバヤーは写真を撮るには遠くからが良い。コーランに似たお経の声が聞こえる。コーランなのかもしれないがわからない。
IMG_5892
動画
IMG_5895

予定していた「さくらタワー」は30th通り。せっかく来たのだからと中に入り20階へ。レストランの中に入ったが、店員はきにもしない。最低7ドル以上注文と書いてある。夜景も雨であまり見えず、雰囲気も団体がいてゆっくりできるものではなったので、見るだけで退散。フリーペーパーが置いてあったのでもらってゆく。レオパレス、HISといったところの宣伝。フリーペーパーミャンマージャポンには、県人会、校友会、趣味の会の紹介の欄がある。内容は責任追わないと記述。赤門会もでていた。
IMG_5898
IMG_5899

ダウンタウンを観察。夜店はシャン料理がおおいとか。でも経営者は中国系だそうだ。
IMG_5907
動画
IMG_5908
植民地時代からの英国風のビルが密集。香港と同じだ。表参道の同潤会アパートに感じが似ている。階段が急だ。
IMG_5905

IMG_5909
ホテルに戻り、レストランでフライドチキンとビール。エレベーターはシンドラー社製のタッチパネル方式。屋上からの夜景はなかなか良い。9階程度のほうがいいのは、まだ電灯が普及していないからだろう。シェッダゴンバヤーがきれいだ。そろそろ退却しようかと思ったとき、康文氏が来る。ミャンマービールを追加注文。
夜景の動画
IMG_5927

IMG_5933
IMG_5920
IMG_5917
アマラプラのウーベイン橋の絵がレストランにかかっていた。
IMG_5932

22日ヤンゴンの朝、天気は悪いがホテルの屋上レストランはネット動画で紹介されていたとおり見晴らしは良い。朝食をするには快適である。ヤンゴン川を航行するコンテナ船も眺められ、マースクといった懐かしい名前も見える。ただ、建物は老朽化が進んでいるので、これから近代化してゆくだろう。再開発が進展する過程で古いものも残さないといけない。
IMG_5935
IMG_5934IMG_5941

朝食後、妹夫婦を案内してスーレーバヤから独立記念碑、ボジョーマーケットをまわる。
IMG_5946IMG_5945
旅館の文字を見つける
IMG_5950

1931年建築の建物満州事変時のものだ。
IMG_5944

マーケットの入り口
IMG_5956

IMG_5965IMG_5979
妹の買い物の楽しみに付き合うが、結構世相が分かって面白い。高級店の建物がマーケットの隣にあったが面白くいない。現地通貨を持っていないのでカードの使える店を探すのだが、カードは宝石店での使用。そのほかではマスターカードが中心で、visaは少ない。私も現地通貨は1500ほどしか持っておらず、中途半端な金である。日本語のできる客引きが寄ってくる。片言の中国語で分からないふりをしたが、お客さん嘘はいけませんと日本語で寄ってくる。妹は雑貨の土産を購入。日本円で受け取ってくれた、というか、手数料をはねられたのだろう。店によっては、ATMで現地通貨をキャッシングすればいいと言っていたが、その通りだ。

鉄道駅がマーケットに併設されている。含み資産だ。ヤンゴンが発展すれば、この鉄道は重要な通勤列車になる。
IMG_5986IMG_5989

ホテルをチェックアウト。三泊で2部屋約300ドル。フロントではタクシー代は8000ミャンマードルといわれたが、案内したボーイは8米ドルといっていう。手持ちのミャンマードル1500に7米ドルを足してドライバーに渡す。妹の買いたいものは空港売店にあった。
バンコクエアウェイズ ヤンゴンではラウンジがない。ゲートが搭乗券後変更 予定時刻にdepartedの表示、我々は待合室?アナウンスがない、聞きに行くと、クリーニング中というので、出発はするのだ。トランジットタイムが沢山あるので、構わないが。お腹が減った。空港内のバス。「急ブレーキに注意の表示」日本からの中古、わかる人は日本人くらい。
一時間フライトなのに、機内食で別扱いのボックスを特定の人達に配っていた。理由がよくわからない。そのおかげもあり、我々のコーヒーが間に合わなかった。

関連記事

北中米旅行記⑨ ティオティワカンとソロカ 11月14日~16日

◎11月13日   夕刻メキシコに入国。これで90か国・地域である。とりあえず数え方は数が増加でき

記事を読む

2-⑤ 2018年9月17日 早朝のアルマトイ観光、タジキスタン(136)・ドシャンべ日帰り旅行

 朝、アルマトイのホテルの周りを散歩。碁盤の目のように道ができており、街路樹も多い。トロリーバスが張

記事を読む

レユニオン(144) 2019年2月16日 

レユニオンは、モーリシャスからマダカスカルまでの航空券購入に際して、レユニオンがトランジット

記事を読む

 2016年2月 中東・東アフリカ旅行記9 エチオピア・アジスアベバ

2月16日~18日エチオピア・アジスアベバ   いよいよ最後の旅行である。ジュピターホテルは無料

記事を読む

レソト・マセル(151)2019年2月2月24日、25日 

 ヨハネのトランジットで、三時間待ち。ラウンジが使えないのが予定外。メールを打っていたらさ

記事を読む

169 Republiek Suriname スリナム

Hotel Palacio (ホテル パラシオ) https://www.hotelpalacio

記事を読む

綏芬河の鉄道関連歴史的建造物群

綏芬河は2013年の数字で一人当たりのGDPが2万ドル。 豊かな町であるが、英語が全く通じない。

記事を読む

1⃣ 8 2018.8.8 ロンドンからボルドーへ

https://photos.google.com/share/AF1QipOZv6X0GNAdB5

記事を読む

住民所得が沖縄を超える済州島が抱える観光課題 ~プレスツアーへの参加~

11月2日から4日までの短時間であるが、済州島のプレスツアーに参加した。記事を書くということだけが条

記事を読む

リンチェン・ドルマ・タリン著三浦順子訳『チベットの娘』を読んで

河口慧海のチベット旅行記だけではなく、やはりチベット人の書物も読まないとバランスが取れないと思い、標

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

トリップアドバイザー4位:アルバ 「再生エネル

→もっと見る

PAGE TOP ↑