*

🌍🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 2018年9月12日 チームネクストモスクワ調査⑥ モスクワ市交通局等

モスクワ市の国際局の取り計らいで交通局及び観光局を訪問し、意見交換した。観光局からは最近のモスクワ市の観光資源(初日に訪問済み)につき紹介を受け、10月に東京で開催されるモスクワデーについて情報を提供された。

以下交通局タクシー担当者からの説明概要を記述する。なお、交通局から入手したタクシ関係資料は人流観光研究所HPにアップしてある。(http://www.jinryu.jp/201809253801.html)。

責任者の連絡先は Aleksyu K Sergey      AleksyuKSS@mos.ru

モスクワ市のタクシーの歴史

1907年10月4日 タクシーが導入                     1925年 ルノー車が入る                         1958年 ソ連時代のタクシーの黄金時代                 1979年 赤色に統一                          1992年 21のタクシー団体が民営化                   2011年 連邦法9号が制定され、運転歴3年、法人格を持つことが決定   2012年 モスクワ市の助成金条例制定                 2013年 黄色に統一                          2014年 連邦運送業行政のIT処理化                   2015年 タクシーの外観統一                      2016年 モスクワ市とアプリ配車会社の取り決めで合法タクシーにのみ配車アプリを使用                                2017年 配車アプリの法律化で、アプリ会社に報告義務          2018年 許可期間を5年に延長 現在46980台許可している         モスクワ市には発行数を制限する権限は法律で与えられているが行使していない。46980のうち、個人が17%、法人が83%である。そのほか約2万台がモスクワ州で登録しており、市との協定によりモスクワ市内でも営業が可能になっている

タクシーの実態

利用者は2017年45万人/日であった数字が2018年760万人/日と17倍に増加した。年間2億8千万人である。

配車アプリは、連邦法では規制していない。連邦下院議会で配車アプリ法を検討しているとの情報はある。ロシアにはヤンデックス、Uber、GETT等に加えて、エストニア、中国からもアプリが入ってくるであろう。

運転手の収入は、月に4~10万ルーブルであろう「

自治体はフォーラムを結成してい情報交換している。モスクワが手本である。配車アプリはモスクワは発展しているが、そうでない自治体も多い。車体の色は南の方は白色が多く、サントぺテルスブルグは色は決まっていない。従業員研修はモスクワ交通協会が行っている。交通事業者も実施している。

ヤンデックスはテレコムに働きかけをし、インターネットの速度等を改善した結果効果が表れている(これがヤンデックスの強みか?)。

2011年法9号以前はジプシータクシーが合法タクシーの数倍多い状態であり、ジプシータクシーが都市交通を支えていたともいえる。つまり戦争直後の日本のヤミ米と同じであり、単純に違法だと批判できない状態であったのであろう。そこで当局は、配車アプリの導入と併せて合法タクシーの増強に乗り出したといえる。日本と異なり、法人タクシーの営業形態は、運転手に車を貸渡し、リース料を得るレンタカー会社の役割であり、配車アプリの必要性が日本に比べ格段に大きかったといえる。また、運転手にも車を購入できる者とできない者が存在することから、2412社のようなタクシー会社の存在が必要であったといえる。問題は運賃水準が低く、配車アプリの手数料が高くなれば運転手の取り分がますます少なくなることであり、副業に走る可能性が大きいことではないかとの印象を持った。

運賃水準

寺前から東京のタクシーにつき実態を説明。都市規模の等しいモスクワと東京の輸送実績はほぼ同程度であるとの説明(モスクワ市からもニューヨークも同様との情報)をした上、運賃水準が東京は世界水準でも最上位にあるのみ比べて、モスクワは最下位にあるのは、正しいのかとの質問に対して、間違いはないとの返答であった。モスクワ市としてはタクシ事業の経営改善のため補助金制度を設けている。車齢を引き下げるため、5億ルーブル補助している。その結果2万台が新しくなった。タクシーは年間8万~10万キロ走行。通常は3年リースで元を取り買い替えするので、その分の利子を補給している。

(上記は未定稿 ロシア語翻訳により改善の予定)

本日の動画 https://photos.google.com/share/AF1QipPwzFvn2wpft0HdTnl1Dcq4XrStvkkQWQJ6GZWLXjChOWR5YCvDYMpnIKT3p0ihZw/photo/AF1QipMFUeLoZ1GtWKzp4PW6EHheprvAZoTm4Hyy4Te6?key=ZHFjQ3RfSWNoTVlJRlpVTUE4MU1XWXlEUS1ZWEdB 

モスクワ交通局職員の本音の人物評価

QUORA ゴルビーはソ連を潰したのにも関わらず、なぜ評価されているのか?

関連記事

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 2024.2.10~11 スペイン バルセロナ

◎カタルーニア州独立運動 カタルーニャ独立運動(カタルーニャどくりつうんどう)は、スペインからのカ

記事を読む

no image

ブロックチェーンと白タク、民泊シェアリングエコノミー 『公研』2018.12.No.664 江田健二×大場紀章 を読んで考える

白タクや民泊は、絶えずその有償性が問われて、既存業界の攻撃の的になる。無償であれば全く問題がない

記事を読む

シニアバックパッカーの旅 ジャパンナウ原稿2019年11月 太平洋島嶼国等の観光政策

 ラグビーのワールドカップ戦を偶然サモアでむかえた。現地は日本時間より五時間早く、開始時間は深夜。

記事を読む

no image

人流・観光学概論修正原稿資料

◎コロナ等危機管理関係 19世紀の貧困に直面した時、自由主義経済学者は「氷のように

記事を読む

Future of Battlefield-tourism, including Mongolia

China and Russia  Even in just two weeks of Mon

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(7)

2015年8月27日 野営の朝は気持ちが良い。対岸のツアーキャンプは、西洋人の四人組で馬6頭オ

記事を読む

no image

🗾🎒シニアバックパッカーの旅 1995年 小笠原諸島 父島、母島

父親を誘い、小笠原に行く。片道27時間かかるので、往復1週間みなければならない。先輩に小笠原海運にお

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル調査の写真(佐野姫路独協大学教授からの寄贈)

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 モンゴル国フブスグル地区紀行~トナカイとシャマンとドロ━ン(2)

2015年8月17日、18日(ウランバートルからムルン経由ウランウールまで) 20158月1

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2023年2月20日、21日 コンゴ共和国(国連加盟国157か国目)

2023年2月20日アルバム https://photos.googl

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑