*

🌍🎒2024.3.5 シニアバックパッカー地球一周の旅 セントキッツネービス(国連加盟国185か国目) SKB 

公開日: : 最終更新日:2024/03/10 シニアバックパッカーの旅

https://photos.google.com/album/AF1QipOzZf8nni7sFY3JRe7sNnLhxcj8N4aExKdbyxoo

Facebook投稿文

2024.3.4 お昼に国連加盟国185カ国セントクリストファー・ネイビス連邦に到着。やれやれだ。途中アンティグアバーブダに立ち寄る。十年前チームネクストのライドシェア調査でニューヨークに行った帰りに、立ち寄ったカリブ最初の国だ。

入国手続きが全部スマホで入力させる仕組み。しかし宿を記入しないと先に進まない仕組み、イミグレに訴え、四時間しか滞在しないので宿はないというと、何か適当に操作をして、通過させてくれた。

面積と人口は共に南北中アメリカにおいて一番小さく、独立年も一番新しい。首都はバセテール。アメリカ人向けリゾートで、宿代がめちゃ高い。airb&bで探しても百ドルプラス税が最低ライン。しかも空港から遠い。カップル向けだ。結果的にSKBでの宿泊を避ける日程になったが、手前の便のスケジュールが狂うと大変なことになるから、できれば宿泊を一日入れておいた方が安全ではある。今回はそれをせずPOSに宿泊したから、ヒヤヒヤであった。

島には鉄道が走っており、サトウキビを運ぶ為に建設されたが、現在は観光用の列車が利用している。伝統的に砂糖を中心とした農業島国だったが、2005年7月をもって生産を停止。現在は観光が主要産業となっている。日本の地方もそうだが、世界中の国が農業から観光へとシフトしている。しかし、この程度の観光鉄道でどれ程経済効果があるのか、疑問。アメリカ人がこんな鉄道で満足しているのが不思議。

空港から首都のバセテールまでは歩いていける距離にある。3キロ。世界遺産もあるらしいが、東洋人には西洋人の築いた要塞にはあまり興味をそそられるものではないと、勝手に解釈。空からの眺めで満足した。Uberがあればよかったのだが。

帰りのAA便に乗り込む。マイアミのラウンジが楽しみ。これで何かあっても、AAの責任で日本まで届けてくれるだろう。

 

事前準備資料

セントクリストファー・ネイビス連邦は、西インド諸島の小アンティル諸島内のリーワード諸島に位置するセントクリストファー島(セントキッツ島)とネイビス島の2つの島からなる英連邦王国の一国たる立憲君主制国家。面積と人口は共に南北中アメリカにおいて一番小さく、独立年も一番新しい。

首都はバセテール。現地では「セントクリストファー・ネイビス」ではなく「セントキッツ・ネイビス」と呼ばれるのが一般的、「クリストファー」というのはコロンブスのことで「キッツ」というのはコロンブスの愛称

道路は約300キロメートルで、セントクリストファー島の道路はほとんどが海岸線に沿って走っている。鉄道も走っており、58キロメートルの路線がセントクリストファー島にある。サトウキビを運ぶ為に建設されたが、現在はセントクリストファー(セントキッツ)観光鉄道として観光用の列車が利用している。フェリーの定期便がセントクリストファー島とネイビス島、2島を結んでいる。

空港はセントクリストファー島に国際線とネイビス島に国内線がある。伝統的に砂糖を中心とした農業島国だったが、2005年7月をもって生産を停止。現在は観光が主要産業となっている。

空港から首都のバセテールまでは歩いていける距離にある。3キロほど。

2024年3月4日

POS

9:20

BW280

11:30

ANU

 

ANU

12:15

BW280

12:45

SKB

$286

SKB観光 徒歩でバセーテル及びセントクリストファーシ―ニック鉄道見学(100分程度)

SKB

16:12

AA318 738

18:30

MIA

特典

面積、人口は南北アメリカにおいて一番小さく、独立年も一番新しい。世界遺産ブリムストーン・ヒル要塞 

サトウキビ栽培は年々経営が厳しくなり、2005年に栽培を終了。その後は観光に依存。

 

サトウキビ栽培は年々経営が厳しくなり、2005年に栽培を終了。その後は観光に依存しています。

 

 

 

アレクサンダー・ハミルトン(アメリカ合衆国憲法の草案者)。

 

 

ネイビス島に到着した。中心都市はチャールズタウンという小さな街だ。

 

ここも植民地時代の石や木を使った雰囲気のいい建物が多く、修復されている建物も多く保存状態はいい。整備が行き届いていてコンパクトにまとまっている分、バセテールよりも町並みがきれいに感じる。

◎「ブリムストーン・ヒル要塞」

 午後はカリブ海の小アンティル諸島で3カ所しかない世界遺産の一つ「ブリムストーン・ヒル要塞」に行くことにした。文化遺産としては小アンティルではここしかない。それがこの地域に海以外何もないということを象徴している。この世界遺産もセントキッツにあるから行こうと思うだけで他の場所にあったらまず行かないような場所だ。でも要塞の下までミニバスで行ったが、そこから丘まで上るとけっこうな距離がありそうで下から要塞を眺めて見学終了とした。

 上まで行くと入場料も10ドル以上かかるだろうし、もしスコールが来たら雨を避ける場所もなく、下まで歩いて戻るのは困難だ。<br /><br /> 「ブリムストーン・ヒル要塞」はイギリス軍が西インド諸島攻略のために築いたもので歴史的には重要なのかもしれないが、見学できる要塞自体は全然たいしたことない気がする。要塞からの眺めもこの天気では期待できない。

上まで行くと入場料も10ドル以上かかるだろうし、もしスコールが来たら雨を避ける場所もなく、下まで歩いて戻るのは困難だ。

 「ブリムストーン・ヒル要塞」はイギリス軍が西インド諸島攻略のために築いたもので歴史的には重要なのかもしれないが、見学できる要塞自体は全然たいしたことない気がする。要塞からの眺めもこの天気では期待できない。それよりも要塞へ上る途中にある踏切の跡が気になる。汽車が描かれた踏切注意の標識が興味をそそる。

 それよりも要塞へ上る途中にある踏切の跡が気になる。汽車が描かれた踏切注意の標識が興味をそそる。

これは島を一周していたサトウキビ運搬用鉄道の廃線跡だ。
現在も空港近くから島の裏側方面に観光用の鉄道が運行されているが、観光用の鉄道は100ドルくらいするらしく乗るのは無理だ。

車両が一両駅に取り残されていた。ナローゲージにもかかわらず二階建てでずいぶん大きく豪華な車両だ。駅や軌道を見学して観光列車の駅をあとにした。

バスターミナルから空港へ行くミニバスが出ている。しかし客が乗っていなかったのでいつ出発するのか不安だったが、すぐに出発した。途中からどんどん客が乗ってくる。空港までは2.50EC$(75円)とずいぶん安く済んだ。タクシーの10分の1だ。

関連記事

🗾🎒シニアバックパッカーの旅 尾国国次氏と真鶴へ

昨日11月7日急に日ごろお世話になっている向島の尾端さんから電話があり、今日8日真鶴の魚座見学に行く

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 中国東北地方 「中東鉄道(東清鉄道)」調査目的 中東鉄道の主要ノードにおける産業遺産保護の現状を理解すること

研究期間:2017年11月17日11月24日 研究都市:Manzhouli、ハルビン、Suifen

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 カタール(再訪 国連加盟国58か国目)経由 2017年5月4日、5日 マルタ(国連加盟国86か国目)

〇羽田発 5月3日夜21:44浜松町発のモノレールで国際線ターミナル駅を目指す。9:59着。早めに

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー 世界一周の旅 ギニアビサウ(国連加盟国176か国目) OXB 

https://photos.google.com/album/AF1QipMSF-vP9uih

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 中東・バルカン旅行を終えて(まとめ・未定稿)

〇一人当たりGDP とりあえず訪問国の、2016年IMFと2015年国連の一人当たりの名目GDPの比

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018年9月14日 チェルノブイリ日帰り(写真・動画集) 

GOOGLEPHOTOアルバム2018年9月14日チェルノブイリ https://photos.g

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年1月29日  スリナム(国連加盟国145か国目)

https://photos.google.com/album/AF1QipMRrQfVFK3Z

記事を読む

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 2024.2.10~11 スペイン バルセロナ

◎カタルーニア州独立運動 カタルーニャ独立運動(カタルーニャどくりつうんどう)は、スペインからのカ

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 アフリカ旅行 2019年2月10~27日 旅の始まりはドバイ 2019年2月11日 

アフリカ旅行 ワンワールドのマイレージが10万マイルたまった。JALと共同運航しているエミレー

記事を読む

no image

🌍🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 2019年9月9日チームネクスト視察で北京 10日HUAWEI、DiDi

台風の襲来に遭遇し、8時半出発が17時に延長。それでも出発できてよかった。自宅をでるまえに、14

記事を読む

no image
🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅(後日談) 忘れ物の入手とエアセネガルへの返金請求処理

◎ カンタス航空ラウンジでの忘れ物 カンタス航空ラウンジに、子供たち

🌍🎒2024シニアバックパッカー地球一周の旅 旅の終わり LAXからHND

https://photos.google.com/album/AF1

no image
🌍🎒シニアバックパッカー地球一周の旅 シャルロッテ・ロサンジェルス間 

https://photos.google.com/album/AF1

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅 全米50州 ノースカロライナ州(16番目訪問州)  NC CLTシャーロット フランス語 原爆落下

https://photos.google.com/album

🌍🎒2024シニアバックパッカー世界一周の旅全米50州 CHS SC サウスカロライナ州(15番目訪問州)ドイツ語

https://photos.google

→もっと見る

PAGE TOP ↑