*

🌍🎒シニアバックパッカーへの道 2022年5月8日 シャンルウルファ、世界最古の遺跡・ギョベクリ・テペ

公開日: : 最終更新日:2023/06/14 シニアバックパッカーの旅

https://photos.google.com/album/AF1QipMGrPlDthFTHstc4d0nRYf9ZHzCWzqcwagbc-qZ

シャンルウルファ到着 ギョゲクリペテへ

シャンルウルファ空港到着。HAVASと呼ばれるバスを乗り継ぎギョベックリテペに。goole mapではHAVAS情報は掲載されず、地球の歩き方が頼り。
考古学史上革命的発掘と呼ばれるギョベックリテペ、ワクワクしていったが直ぐに失望感。入場料が80トルコリラ支払い後シャトルバスで発掘現場に案内されるが、素人向け解説が物足りない。発掘現場は素人には退屈。その分土産店は充実しており、ブランド品や金属製品を販売、ご婦人がよろこんでいた。スカーフをまとった、くわえ煙草のおばさんには驚いた。
旅行計画時、シリア国境地域であり、viatorの現地ガイドツアーに参加しようかと思ったが、3万円と相場の三倍。調べるとシャンルウルファは人口50万の近代都市、まさか誘拐などないだろうから、タクシー利用で十分。結果、高速道路や近代建築物で豊かなシャンルウルファを見、発掘現場の失望感を考えると、バスの乗り継ぎでよかった。
人類の定住生活は農業の成立に始まり、宗教も生まれたと解釈されてきた。しかし、この通説が揺らいだ。ギョベックリテペでは、狩猟採取生活にもかかわらず、高度な定住生活を営んでいたからである。発掘された当時の生活状況は、2015年にできた市内のシャンルウルファ考古学博物館で、3Dプリンターを使って再現していた。これを見ないと素人には理解が難しい。同博物館では、日本語オーディオが30で貸し出し。旧石器時代から新石器時代への変化を発掘品を使いながら解説してくれわかりやすい。
人類共有の歴史資源は欧州よりはるかにアナトリアに数多く存在する。農業により人類が定住し始めた頃のメソポタミア住居の再現もわかりやすい。アブラハムの生誕地がシャンルウルファだと現地の人がおもうのも無理がない。モスクでのトルコ人やクルド人の行動を見ていると、キリスト教徒とあまり違わないと感じてしまう。
考古学の新発見はドラマが多い。ゴッドハンドと呼ばれた遺跡発掘物捏造事件があった。岩宿遺跡でも、某大学考古学研究室教授が発掘成果を素人考古学愛好家から横取り、メディアも一緒になって真発掘者を社会的に抹殺した事件もある。しかしそれだけに、観光資源としてはむしろ話題性があり価値もたかまる。完全に偽物とわかっていても、十分に集客力があるものがそこら中にある。
 

 

 

    

 

 

シャンルウルファ市内

  

 

  

  

 

定住を選んだ植物

https://jinryu.jp/blog/?p=10960

旅行準備資料

◎空港⇒Toplama MERKEZI  HAVABUS 45分 12TL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎🚍ターミナル 63番バス シャンルウルファ博物館

 

 

◎ウルファ城

 

 

 

 

◎聖なる魚の池 Balikli GOL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://youtu.be/ocnNKzA7W8I

◎シャンルウルファ

◎シャンルウルファ空港 GNY 

シャンルウルファGAP空港は中心部から北東35km、バスが発着にあわせて運行12TL 航空機でIST、ANKいずれも日帰り可能 レベル4地域近接なので、VIATORのツアーを購入(2万5千円)検討したが、費用対効果を考え、バス、タクシーを使用することとする

 

ローマ時代のエデッサの建物のうち、石柱だけが今でも街を見下ろすウルファ城に残っている
https://youtu.be/oKW–o207iM

◎アブラハム生誕の池

通称ウルファ(Urfa)はトルコ南東部の都市でシャンルウルファ県の県都。人口は2017年時点で921,978人。クルド語ではリハ(Riha)と呼ばれ、古代から中世にかけての西洋ではエデッサ(Edessa)の名でも知られた。ウルファはメソポタミア北部の街でユーフラテス川の東80kmほどの場所にある大きな盆地に位置する。気候は、夏は極めて暑く乾燥し、冬は涼しく湿潤である。ウルファの住民の多くはトルコ人だが、市街地から離れるとクルド人も多く、アラブ人も若干居住する。

市民にはクルド民族も多くクルド語が広く使われているが、トルコ人社会にほとんど同化しておりクルド民族主義への支持は少ない。トルクメン人の大きな共同体もある。シャンルウルファはコンヤなどとならびトルコへの忠誠心が強い地域で、イスラム主義系中道右派政党の公正発展党の牙城でもある。政治的イスラム主義の強さの原因は、部分的には、トルコ人やクルド人よりイスラムの伝統に忠実な傾向の強いアラブ民族の多さも考えられる。

テラ アブラハム

https://youtu.be/LuqG8Rg_NDg

 

https://youtu.be/G48afFJWmt0

 

◎モノリス

 

https://youtu.be/kXVPnw5JxJY

 

トルコ南東部に謎の柱「モノリス」が現れ、治安部隊が警備を行っている。  金属製のこの柱は5日、世界遺産の神殿「ギョベクリテペ」の近くで見つかった。地元メディアによると、柱には「月を見たければ空を見よ」と刻まれている。  謎の物体を一目見ようと地元の人が多く集まったため、治安部隊が呼ばれた。  トルコで発見されたこのモノリスは、米ユタ州の砂漠に昨年現れたものと似ている。ユタ州のモノリスはその後、忽然と姿を消した。

 

Image result for ギョベクリテペ

 

◎ギョベクリ・テペ  タクシーだと120TL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この遺跡は放射性炭素年代測定により約1万2000年前のものだということが分かっている。
この遺跡の何が「謎」なのかというと、「周辺では農耕・定住生活の痕跡がないのに、宗教施設が存在している」ということ。
チャタルヒユユクが農耕が始まっているにもかかわらず、宗教施設がないことと対照的である。

そもそも宗教施設を建設するためには、その神殿を一定以上の頻度で訪れる「理由」が必要であり、周囲に定住していないならば一か所に恒久的な神殿は不要。そして、大規模な神殿を建設するのに多くの人手が必要だが、それには組織化された人々や宗教的指導者の存在が前提になる。このような「社会的地位」が発生したのも、農耕が始まってからだと言われている。それにも関わらず、周りに農耕定住の跡がないギョベクリ・テペが残された理由が解明されていない。もし本当に狩猟採集時代にこのような神殿が建てられていたとしたら、考古学上の定説が大きく覆ることになる。

そして、ギョベクリ・テペがカラジャ山の近郊にあるということも、かつての説を覆す可能性を高めている。現代の栽培麦とカラジャ山の野生の麦が最も遺伝的に近く、この地で農耕が始まったとされている。これと前述の神殿を合わせて考えると「元々社会的構造があり、そこに農耕が加わって大規模な社会が急速に発展した」ということになり、「小規模な菜園が徐々に大きな社会を形成していった」という定説がひっくり返る。未だ発掘作業中だが、世界遺産に登録されている。日本の世界遺産運動が少し見劣りがするのは残念。

https://youtu.be/JxYeYJwE-gs

シャンルウルファの郊外(北東12km)の丘の上に在る新石器時代の遺跡。遺丘の高さは15メートル、直径はおよそ300メートルに及ぶ。地名は「太鼓腹の丘」の意。標高はおよそ760メートル。ドイツの考古学チームにより発掘調査が行われた。発掘は1996年から始まり、チームの指揮を執ったクラウス・シュミットが他界する2014年まで続いた。

ギョベクリ・テペの遺丘に残された構造物は非常に古く、紀元前1万年から紀元前8000年の期間に建てられた。祭祀に用いられたと考えられるこれらの構造物には2段階の発達が見られる

 

ギョベクリ・テペ、2011年

 

ギョベクリ・テペは人間社会の発達の歴史の決定的な段階に対する理解を大きく変える可能性を秘めており、考古学上特に重要な発見と考えられている。スタンフォード大学のイアン・ホッダーは「ギョベクリ・テペはすべてを変えてしまう」と述べている。

 

ギョベクリ・テペはモニュメンタルなアーキテクツの建設が必ずしも、これまで考えられてきたように、農耕定住社会に限られたことではなく狩猟採集民にも可能だったということを示している。

 

発掘に携わったクラウス・シュミットが述べるように「神殿から始まり、街が興った」可能性を示している。現状ギョベクリ・テペの存在は先史時代について明らかにしたことよりもむしろ謎、疑問を多く生み出している。

定住に至る前の社会がこれだけのボリュームの構造物を建設し、拡張し、維持するに足るだけの労働力をどのように動員し、どのような形の手当てが支払われたのかはまったくわかっていない。

また、学者たちはピクトグラムを解読できておらず、これら動物のレリーフが神殿を訪れるものに対してどのような意味を持ったのかという謎も残されたままである。

https://youtu.be/AhmNhUh2JGo

 

 

関連記事

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2014年 ボリビア・ウユニ湖

テレビを見ない生活をしていたものだから、ウユニ湖が日本で知らるようになったことを知らずいた。ヒョンナ

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 208年5月12日 成田から⒃陝西省西安 13日 城壁、大雁塔、華清池

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。シニアバックパッカーとしては不本意ではあるが、チベットには

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2010年8月 上海市万国博覧会、⑼江西省(景徳鎮)

8月15日 中国国家館 向出石川県議会議員の後援会の旅行に参加して、万博へ。 上海の後

記事を読む

no image

🌍👜シニアバックパッカーの旅 ジャパンナウ観光情報協会2016年3月号原稿 スマホで海外旅行の未来

二月中旬に中東・東アフリカを駆け足で旅行した。ネットで予約から決済まで行った。スマホに搭乗の注意喚起

記事を読む

🌍👜シニアバックパッカーの旅 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

🗾🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 チームネクスト 石巻市大川小学校被災現場を見る

11月15日、革新的タクシー事業者の集まりであるチームネクスト(概要は人流観光研究所HPに出

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2022年4月30日~5月1日 アグリジェント

https://photos.google.com/photo/AF1QipN79UxbFpriiS

記事を読む

no image

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 夫婦で旅行 2012年5月2~6日 クロアチア(国連加盟国53か国目)プリトヴィッチェ湖群国立公園、ザグレブ、スプリット、ドブロクニク

プリトヴィッチェ湖群国立公園 プリトヴィツェ湖群国立公園は、クロアチアの国立公園の1つであり、ボス

記事を読む

🌍🎒 🚖シニアバックパッカーの旅 ロンドン配車アプリ調査② 前提となる予備知識とロンドンの配車アプリビジネス事情どう

○日本との違い ロンドンのタクシー制度は日本と根本的に2点異なることを理解しておく必要がある。

記事を読む

🌍🎒シニアバックパッカーの旅 2020年1月25~28日 マイアミ経由ガイアナ(国連加盟国144か国目) 

ガイアナは15世紀前後にスペイン人が上陸し、16世紀後半にオランダ人が自国と同じような町を建設、

記事を読む

PAGE TOP ↑