*

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

公開日: : 最終更新日:2017/11/28 海外旅行感想, 海外観光

『この道』

http://www.woong.com/songbook/japan/konomichi.htm

さんざしという言葉は十代のころから知っていたが、それが植物の名前であることをハルピンで知った。
旅の最終日、崔さんがサンザシのお菓子を買ってきて、空港までの慰みにさせてもらって、それがサンザシであると知った。買君が教えてくれた。山査子の味を覚えていたのか、子供の頃サンザシを食べた記憶はあるが、名前を知らなかったということに気が付いた。日本語を勉強している買君がスマホでそれがサンザシというと教えてくれた。山査子と漢字で書けば中国語も同じなのだ。

では山査子という言葉はどこで覚えたのか?疑問が残ってしまった。
Googleは教えてくれた。
北原白秋の詩「この道」にあったのだ。それも四番に出てくる。思い出し、ほっとした。

https://youtu.be/lf7l12lzN08

翌日8時の中国南方航空にのるため、空港から徒歩3分のホテルに宿泊。崔さんが用意してくれた。
朝6時前にチェックインするため早起きして空港に向かう。
行きも帰りも中国機、しかも乗客の大半は中国人であった。
日本航空機が飛ばせる路線は、大都市間くらいで、ローカルとローカルは日本航空会社には無理であろう。
国内線だけでも日本の六倍の規模を誇っている中国航空会社には、それだけ余力がある。

成田到着。スマホで調べると、押上まで行くアクセス特急の出発まで20分弱しかないので、長い通路を駆け足。
入国は自動化ゲート、税関もパスポートを見せるだけ。スイカで入札だから、十分に間に合ってしまった。
スマホのデータ通信のONに切り替えると、次から次へとメール等が飛び込んできた。

関連記事

Travel writing through practical tourism research on Mongolia Tsaatan ethnic (especially concerning with a reindeer and shermanism) 1

There is Hovsgol region in the most northern part

記事を読む

5月17日 青蔵鉄道乗車

朝3時発のチベット高原鉄道に乗車、半日かけてラサに向かう。 https://photos.go

記事を読む

no image

Participation in press tour for Jeju (preliminary knowledge)

The international tourism situation of Jeju is cha

記事を読む

承前 中国東北地方 「中東鉄道(東清鉄道)」調査目的 中東鉄道の主要ノードにおける産業遺産保護の現状を理解すること

研究期間:2017年11月17日11月24日 研究都市:Manzhouli、ハルビン、Suifen

記事を読む

北中米旅行記➀ 2016年11月5日~6日 アンティグア・バーブーダ

◎ JFK空港   チームネクストの調査を終え、一足先にJFK空港まで地下鉄で向かった。駅で切符を

記事を読む

2-⑨ 2018年9月21日 ビシケク→陸路→アルマトイ→深夜便→ウルムチ

ビシュケクからウルムチへの移動に陸路を考えた。当初タシケント・サマルカンド間を鉄道移動する予定であっ

記事を読む

② 5月18日、19日朝 ビエンチャン

父親の遺言を果たすため、ミャンマー旅行を計画。折角なので両親が二人で最後の海外旅行をしたラオスも回る

記事を読む

no image

モンゴル調査の写真

調査団の一員である姫路獨協大学教授の佐野智行氏からいただいた、本人(寺前)の写真です。

記事を読む

3⃣ 1 2018.8.14 モロッコ(128):タリファ、タンジール、ティトゥアン、シャウエン

https://photos.google.com/share/AF1QipN_sIjEGG_GQx

記事を読む

北中米旅行記⑦ グアテマラ、エルサルバドルとマヤ文明 11月11日~13日

◎ グアテマラ到着  サンサルバドルの空港はキューバと異なり一流で混雑している。麻薬検査犬が活躍し

記事を読む

PAGE TOP ↑