*

中国旅行、終わりは「さんざし(山査子)」

公開日: : 最終更新日:2017/11/28 海外旅行感想, 海外観光

『この道』

http://www.woong.com/songbook/japan/konomichi.htm

さんざしという言葉は十代のころから知っていたが、それが植物の名前であることをハルピンで知った。
旅の最終日、崔さんがサンザシのお菓子を買ってきて、空港までの慰みにさせてもらって、それがサンザシであると知った。買君が教えてくれた。山査子の味を覚えていたのか、子供の頃サンザシを食べた記憶はあるが、名前を知らなかったということに気が付いた。日本語を勉強している買君がスマホでそれがサンザシというと教えてくれた。山査子と漢字で書けば中国語も同じなのだ。

では山査子という言葉はどこで覚えたのか?疑問が残ってしまった。
Googleは教えてくれた。
北原白秋の詩「この道」にあったのだ。それも四番に出てくる。思い出し、ほっとした。

https://youtu.be/lf7l12lzN08

翌日8時の中国南方航空にのるため、空港から徒歩3分のホテルに宿泊。崔さんが用意してくれた。
朝6時前にチェックインするため早起きして空港に向かう。
行きも帰りも中国機、しかも乗客の大半は中国人であった。
日本航空機が飛ばせる路線は、大都市間くらいで、ローカルとローカルは日本航空会社には無理であろう。
国内線だけでも日本の六倍の規模を誇っている中国航空会社には、それだけ余力がある。

成田到着。スマホで調べると、押上まで行くアクセス特急の出発まで20分弱しかないので、長い通路を駆け足。
入国は自動化ゲート、税関もパスポートを見せるだけ。スイカで入札だから、十分に間に合ってしまった。
スマホのデータ通信のONに切り替えると、次から次へとメール等が飛び込んできた。

関連記事

5月18日 ポタラ宮、大昭寺

5月18日   いよいよメインイベントであるポタラ宮にでかける。血中酸素濃度を測ってからゆくが、8

記事を読む

[155]2019.09.26   キリバス・タラワ(TWR) 

https://photos.google.com/photo/AF1QipOYttk9B

記事を読む

5月17日 青蔵鉄道乗車

朝3時発のチベット高原鉄道に乗車、半日かけてラサに向かう。 https://photos.go

記事を読む

2-⑥ 2018年9月18日 カザフスタン・アルマトイからウズベキスタン(137)・タシケントへ移動

アルマトイのホテルのそばの雑貨屋で朝食を購入。有り金といっても10ドル分もないが。 タシュケントは

記事を読む

1⃣ 6 2018.8.6 ② ジャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey)(122カ所目)

ガーンジ島GCI を12:40発 frybe6420便(予約番号AT4BK6) ジャージー島JER着

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック (147) 2019年2月18日 

(承前 ナムビア虐殺事件とドイツ) ヘレロ・ナマクア虐殺は旅行に出かける直前に知った。 私は

記事を読む

承前 中国東北地方 「中東鉄道(東清鉄道)」調査目的 中東鉄道の主要ノードにおける産業遺産保護の現状を理解すること

研究期間:2017年11月17日11月24日 研究都市:Manzhouli、ハルビン、Suifen

記事を読む

CUBA ② Cuba’s second day of President’s birth November 9

I did breakfast at 7 o'clock. Mr. Trump is reporti

記事を読む

2-➀ 2018年9月13日 モスクワ→モルドバ共和国(130)、沿ドニエストル共和国(131)、ウクライナ(132)オデッサ、キエフ

12日のレセプションの後、GETTで配車予約をして仮眠をとった。ガイドさんの話ではGETTの

記事を読む

バルト三国とヘルシンキ 世界遺産の旅

2015年3月中旬、ヘルシンキとバルト三国首都の旧市街である世界遺産をめぐる旅行をしてきた。ロンドン

記事を読む

no image
『大韓民国の物語』李榮薫

韓国の歴史において民族という集団意識が生じるのは二十世紀に入った日

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

→もっと見る

PAGE TOP ↑