*

チームネクスト 柳川

2017年7月22日柳川を初めて訪れた。水郷柳川として、西鉄が大牟田線の旅客誘致に力をいれてきたところであり、北原白秋の生誕の地である。また、立花家が名前をおはなと変えてまで取り組んだ伯爵ビジネスが成功しているところでもある。比べるのが無理なのかもしれないが、ベニスのように、車を遮断して、外部からのアプローチ部分からワクワクかんが出るようにすれば、周りの観光地は真似ができないものとなるであろうが、それには住民の反対も出るであろうから、行政はよほどの覚悟がいるであろう。看板の撤去ひとつ無理なのである。

日本の各地には地元ゆかりの偉人を顕彰する施設がある。観光ブームになってからはなおさらである。北原白秋は、日本を代表する詩人だと思うが、文化勲章を受けていない。一緒に童謡を作った山田耕筰が文化勲章を受けているから、不思議である。北原白秋になると文化勲章を受けているかいなかは問題にならないが、自治体で税金を使用する場合は勲章は説得力が出るものである。

関連記事

no image

ふるまいよしこ氏の尖閣報道と観光

ふるまいよしこさんの記事は長年読ませていただいている。 大手メディアの配信する記事より、信頼できる

記事を読む

no image

『知られざるキューバ』渡邉優著 2018年

4年前のキューバ旅行のときにこの本が出版されていれば、また違った認識ができたとの思う。 カリ

記事を読む

no image

国立国会図書館国土交通課福山潤三著「観光立国実現への取り組み ―観光基本法の改正と政策動向を中心に―」調査と情報554号 2006.11.30.

加太氏の著作を読むついでに、観光立国基本法の制定経緯についての国会の資料を久しぶりに読んだ。 そこ

記事を読む

no image

ホーキング語録

I have never found that my lack of social graces

記事を読む

no image

QUARA コロナ対処にあたってWHO非難の理由にWHOの渡航制限反対が挙げられていますが、これをどう思いますか?

渡航制限反対は主に「中国寄りだから」という文脈で語られています。しかし調べてみれば、今回のコロナウ

記事を読む

no image

満州の中国化 

高媛氏の『観光の政治学』の主要テーマがホスト(中国人)、代理ホスト(在満日本人)、ゲスト(外国人)が

記事を読む

no image

Ctripの空予約騒動について 大山鳴動に近い騒ぎ方への反省

「宿泊サイト、予約しない部屋を販売」といった表題でテレビが取り上げ、関係業界内ではやや炎上気味であ

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行資料 Quora アフリカは人類発祥の地といいますが、なぜ古代文明ができなかったのでしょう?それとも知らなかっただけですか

山本 民子·月元正看護婦スポーツ医学、刑務所看護婦、教会看護婦の回答が参考になる。

記事を読む

no image

安田純平『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』集英社新書

p.254「戦火のイラクに滞在し、現地の人々の置かれた状況を考えれば自分の拘束などどういうことでも

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 トルコ編 ➂エーゲ海の真珠「イズミル」 古代遺跡のエフェス、ペルガモン、パレッカム、ヒエラポリス

「エーゲ海の真珠」と古来称えられる港町。付近にはエフェソス、ベルガマ(ペルガモン)などの古代遺跡。

記事を読む

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

コマンドル諸島ベーリング唯一の居住区ニコリスコエ村人口600人)

https://jinryu.jp/blog/wp-content/

no image
マルタ騎士団

https://youtu.be/M5BOAmMFkmM

no image
ファン・フェルナンデス諸島ロビンソンクルーソ島

ファン・フェルナンデス諸島(Juan Fernandez Islan

no image
スヴァ―ルバル諸島 スピッツベルゲン

スヴァールバル空港、ロングイェール(IATA: LYR, ICAO:

→もっと見る

PAGE TOP ↑