*

ヒットラーとユダヤ人


彼は共通の敵を作ることで、国民の心を掌握しようとしました。その標的としてユダヤ人を選んだのです。

歴史を調べると実はヒトラーはユダヤ人の殺害命令を出していません。彼はユダヤ人をロシアの南部に強制移住させようとしていた、アパルトヘイト政策を立てていたからです。

おそらく収容所の責任者たちが、その移住計画が難しくなり、ユダヤ人抹殺に方針を切り替えたのでは無いかと思われます。ヒトラーは自害したので、戦後すべての悪の責任を、将軍たちはヒトラーのせいにして逃れようとしました。

https://jp.quora.com/

関連記事

no image

『素顔の孫文―国父になった大ぼら吹き』 横山宏章著 を読んで、歴史認識を観光資源する材料を考える

岩波書店にしては珍しいタイトル。著者は「後記」で、「正直な話、中国や日本で、革命の偉人として、孫

記事を読む

no image

観光学研究者へのお願い 字句「観光」と字句「tourist」の今後の研究課題

これまで、日本語としての字句「観光」の語源等についての分析は、上田卓爾氏等が発表した論文があり、かな

記事を読む

5月19日 旅の終わりはアラブ首長国連邦・ドバイ(105か国目)

https://goo.gl/photos/ahvZBNeujQRGXvRUA 今回の旅の

記事を読む

no image

ゲルニカ爆撃事件の評価(死者数の大幅減少)

歴史には真実がある。ただし人間にできることは、知りえた事実関係の解釈に過ぎない。もっともこれも人間

記事を読む

no image

ピカソの贋作は本物を上回るか~人流概念の提唱~第10回錯覚ワークショップ「錯覚科学への心理学的アプローチと現象数理学的アプローチ」における講演要旨

杉原厚吉先生から、第10回錯覚ワークショップ「錯覚科学への心理学的アプローチと現象数理学的アプローチ

記事を読む

Comoros Union (146)  February 17, 2019

Visa for Comoros Union was acquired at Senegal Em

記事を読む

no image

『インバウンドの衝撃』牧野知弘を読んでの批判

題名にひかれて、麻布図書館で予約をして読んでみた。2015年10月発行であるから、爆買いが話題の時代

記事を読む

no image

靴を脱ぐということ

『教科書には載っていない戦前の日本』P.173にでていた。 松坂屋は関東大震災の復興を機に、

記事を読む

no image

ホーキング語録

I have never found that my lack of social graces

記事を読む

no image

チベット旅行の検討から見えてきたこと。神保町S社と平河町Y社の対応の違い

物流行政をしていたころ、港湾運送事業者が、貿易手続きが複雑なことが自分たちの仕事が存在する理由だとし

記事を読む

no image
MaaSのおとし所

チームネクストの総会に参加していくつか私なりに進展があった。

no image
 ホテルと旅館『西洋靴事始め』稲川實 現代書館

観光学でホテルと旅館の違いを説明するときに、私は芦原義信氏が西洋建築

no image
ヒットラーとユダヤ人

彼は共通の敵を作ることで、国民の心を掌握しようとしました。その標的

no image
米軍現役兵士の数

およそ130万人 うち20万人弱が海外 日本4万、ドイツ3万5

no image
ソ連の北方四島占領作戦は、米国の援助のもとで実施されたという「発見」 『さらば!検索サイト』太田昌国著 現代書館 

また私の頭の中で「歴史は新しく作られる」という例が増加した。表記のp

→もっと見る

PAGE TOP ↑