*

『物語 ナイジェリアの歴史』島田周平著 中公新書

公開日: : 最終更新日:2023/05/29 人口、地域、, 出版・講義資料

アマゾン書評

歴史家トインビー曰く、アフリカはサハラ砂漠南縁を境に、北のアラブ主義と南のネグロ主義に分けられるという。唯一この分割線をまたぐ国がナイジェリアであり、「二つのアフリカの問題」の縮図といえる。ナイジェリアは、経済・人口ともにアフリカ最大の国である一方、民族独立戦争であるビアフラ内戦を経験し、近年ではイスラム過激派組織ボコ・ハラムへの対応に追われている。アフリカの縮図たるこの国の歴史を辿る。

人口、国内総生産ともにアフリカ第一位のナイジェリア連邦共和国の歴史。「ネグロ主義」という言葉がわかりにくい。大ざっぱに北はイスラム教の地域であり、南はキリスト教信者の多い地域と書いてもらったほうが分かりやすい。また、「ハウサ人(北部)、ヨルバ人(西部)、イボ人(南部)の三大民族(合わせと人口の六割を超える)の役割が重要である。」(「新書アフリカ史」講談社498頁)、といったことを最初に書いてもらった方が分かりやすい。
「新書アフリカ史」では政治家アウオロウオ(本書172頁に写真)の言葉が引用されており、これは分かりやすい。「西部と東部ナイジェリアの違いは、アイルランドとドイツぐらいの違いがある。さらに北部ときたら、中国との違いほどある」。植民地化は、こういう地域の違いを拡大させた上で、異なる地域を一つの国にしてしまったのである。
概略
第一章諸王国と北部のイスラム化。スルタン=エミール体制。第二章大航海時代の奴隷貿易、第三章奴隷貿易の禁止、解放奴隷。第四章探検とキリスト教伝道、第五章アフリカ分割とイギリスのナイジェリア権益主張。特許会社の支配、境界線の確定、第六章イギリスによる南部ナイジェリア保護領と北部ナイジェリア保護領の成立、統治システム。第七章間接統治、1914年南北保護領の合併による一つのナイジェリア成立、支配の確立と植民地産業経済の発展、反植民地運動の始まり、第八章反植民地運動、1960年の独立、独立後の政治対立、1966年のクーデターからビアフラ(東部のイボ人中心国家)内戦、1967年ビアフラ軍劣勢、1968年ビアフラ飢餓状態。第九章1970年代の石油収入の増大、オイルブーム、汚職増加、ゴウォン政権による復興、1975年軍事クーデター後のムハンマド政権、1976年オバサンジョ政権、1978年民政移管で、第二次共和政発足、シャガリ大統領の連立政権、1980年マイタシン(イスラム原理運動)掃討、1983年不法滞在外国人追放、1983年第二次シャガリ政権、債務膨大で、ブハリが軍事クーデター、ブハリ政権による緊縮財政、汚職摘発、1985年ババンギダが軍事クーデター、1993年選挙結果発表差し止めで、各地で暴動、国防大臣アバチャが自ら大統領就任、恐怖政治、不正蓄財、1998年アバチャ心臓病死亡。1999年、民政移管で第四共和政、オバサンジョ大統領(キリスト教徒)、2005年ニジェール・デルタ武装集団による多国籍企業襲撃・誘拐、2009年紛争終結調印、同年ボコ・ハラム摘発、2010年ボコ・ハラム過激化し、アルカイダと連帯、2011年ジョナサン大統領就任。2014年ボコ・ハラムが女子中学生270人誘拐、2015年ジョナサンが選挙で敗れ、ブハリ(北部出身、)が大統領就任。2016年ボコ・ハラム掃討、同年ニジェール・デルタ武装集団再燃、2018年ビアフラ独立運動再興、2019年ブハリ大統領再選。おわりに、地域的多様性と連邦の発展、継続。
私的感想
〇ナイジェリアは、南・北ナイジェリア保護領という、人種も、宗教も、経済状況も違う二つの地域がイギリスの植民地経営の都合で一つになったものである。現在は連邦としては国教のない世俗性国家だが、州としては北部12州はイスラム州で、シャリア法を取り入れている。ビアフラ内戦は独立後まもないことで、もう半世紀が立ち、その後分離戦争はないが、今でも独立運動はある。ビアフラ内戦のビアフラ敗因は、一、短期決戦で勝っても、その後は戦力差、国力差で負けたとと、二、東部の単独戦で、西部と連携できなかったこと、三、国際的支持を得られなかったこと、になると思うが、この先、もし、分離世論が優勢になってきたら・・一、二については、西部と東部が連合すれば、国力では北部に対抗でき、戦争は最終手段として、世論統一と対外政治折衝に十分な時間をかけ、緻密な計画案を作れば、三の国際的支持が得られる可能性はある。

関連記事

no image

保護中: 書評『脳は空より広いか』エーデルマン著 冬樹純子訳 草思社

エデルマンは、Bright Air、Brilliant Fire、Wider than the

記事を読む

no image

2016年7月29日「ファイナンスの哲学」多摩大学特任教授堀内勉氏の講演を聞いて

資本主義の教養学公開講座が国際文化会館で開催、場所が近くなので参加してみた。 1 資本主義研究

記事を読む

no image

「南洋游記」大宅壮一

都立図書館に行き、南洋遊記を検索し、[南方政策を現地に視る 南洋游記」  日本外事協会/編

記事を読む

no image

『一人暮らしの戦後史』 岩波新書 を読んで

港図書館で『一人暮らしの戦後史』を借りて読んでみた。最近の本かと思いきや1975年発行であった。

記事を読む

『旅行契約の実務』  鈴木尉久著2021年 民事法研究会発行

 旅行業法の解釈について、弁護士でもある鈴木教授がどのような見解を持っておられるかと本書を図書館で

記事を読む

no image

ジャパンナウ観光情報協会原稿 2020年3月 コロナウィルスと人流規制

コロナウィルス騒動の中、旅行先のサンサルバドル空港では空港レストラン職員もマスクをしていた。入管係

記事を読む

no image

Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。 昔は多かったんですよ、日

記事を読む

no image

MaaSに欠けている発想「災害時のロジステックスを考える」対談 西成活裕・有馬朱美 公研2019.6

公研で珍しく物流を取り上げている。p.42では「自動車メーカーは自社の車がどこを走っているかという

記事を読む

ノーム・チョムスキー著『誰が世界を支配しているのか』

アマゾンの書評で「太平洋戦争前に米国は自らの勝利を確信すると共に、欧州ではドイツが勝利すると予測

記事を読む

『総選挙はこのようにして始まった』稲田雅洋著 天皇制の下での議会は一部の金持ちや地主が議員になっていたという通説が実証的に覆されている。いわば「勝手連」のような庶民が、志ある有能な人物(国税15円を納める資力のない者)をどのような工夫で議員に押し立てたかを資料に基づいて丹念にドキュメンタリー風に解説

学校で教えられた事と大分違っていた。1890(明治23)年の第一回総選挙で当選して衆議院議員にな

記事を読む

PAGE TOP ↑