*

格差社会と階級社会 

公開日: : 人流・観光政策への評論

 『日本の経済』伊藤修著 中公新書 と 『新日本の階級社会』橋本健二著 講談社現代新書

「日本の経済」で明確に1975年を日本の転換点としている。ジニ係数は1980年から拡大していることは「新日本の階級社会」でも指摘され、その後40年間放置されてきた。その結果、自民党支持者は明確に富裕層に移行していることを指摘もし、格差ではなく階級社会だというのである。

『日本の経済』のメモ

p.16  日本人は和を尊ぶというがそうでもない。遺産争いなど自己主張ははげしい。損得勘定で沈黙することもあり、外観上和があらわれる。
p.17 日本の発展は政府主導型の見方が強いが、そのことは相当限定的。民間主導であった。
p.46 戦前は企業内でも、職員と労務者と呼ばれて、身分の差があった。月給制と日給制の違いがあり、収入格差も数倍に及び、生活スタイルにちがいがあった
p.51  1938国民健康保険、1942労働者年金制度発足。保険料負担したくない財界が長く反対していた。診療料金を勝手に決めたい医師会が反対してきた。戦時になり押し切られた
p102 1974年が国民春闘のピーク 賃上げ率3割を超えるが、その後一変、76年からは賃上げ率1桁 日経連セミナーでの桜田発言 個人や家族の自助努力を強調した日本型福祉論の展開 企業別労組は寸断される

p104  1975年転換点 民間大企業労組 非正規や下請を犠牲。1980年に入ると犠牲者の目は、公務員や農業者にむく。

p123 新自由主義 サッチャー、レーガンの主導の「納税者の反乱」高額納税者だけでは政治力にならず、行き過ぎた福祉を攻撃し、労組と対立。 中曽根時代に打ち出したが、当時は欧州はおろかアメリカにさえ福祉政策は追いついていなかった。たるみ公務員、補助金漬け農業、大店舗法保護の、バラマキ福祉等と順繰りのつるし上げ、その延長に三公社民営化、総評の解体、社会党の消滅がある。

『新日本の階級社会』めも

日本はもはや「格差社会」ではない、「階級社会」である、という現実

かつて日本には、「一億総中流」といわれた時代がありました。高度成長の恩恵で、日本は国民のほとんどが豊かな暮らしを送る格差の小さい社会だとみなされていました。しかし、それも今や昔。最新の社会調査によれば1980年前後、新自由主義の台頭とともに始まった格差拡大は、いまやどのような「神話」によっても糊塗できない厳然たる事実となり、ついにはその「負の遺産」は世代を超えて固定化し、日本社会は「階級社会」へ変貌を遂げたのです。
900万人を超える、非正規労働者から成る階級以下の階層(アンダークラス)が誕生。男性は人口の3割が貧困から家庭を持つことができず、またひとり親世帯(約9割が母子世帯)に限った貧困率は50・8%にも達しています。日本にはすでに、膨大な貧困層が形成されているのです。
人々はこうした格差の存在をはっきりと感じ、豊かな人々は豊かさを、貧しい人々は貧しさをそれぞれに自覚しながら日々を送っています。現在は「そこそこ上」の生活を享受できている中間層も、現在の地位を維持するのさえも難しく、その子供は「階層転落」の脅威に常にさらされている。この40年間の政府の無策により、現代日本は、金持ち以外には非常に生きるのが困難な、恐るべき社会になったのです。
官庁等の統計の他、さまざまな社会調査データ、なかでもSSM(「社会階層と社会移動全国調査」)調査データと、2016年首都圏調査データを中心にしたデータを基に、衝撃の現実が暴き出されてゆきます。

関連記事

no image

「満州を旅した女性たち」ジャパンナウ観光情報協会セミナー 駒澤大学准教授高媛氏の講演

2016年7月11日 海事センタービルで表記の講演会を行った。高氏の論文はかねてより読ませてもらって

記事を読む

no image

自然観光資源と沿岸風景(概論)

1 風景観の変化 自然を見る視点が移動手段の発達により変化し、沿岸の風景観も変化してきた 。移

記事を読む

中島洋『エネルギー改革が日本を救う』(日経BP社)を読んで、配車アプリを考える

昨日2015年3月25日夜、古い友人の中島洋氏と大門近くの居酒屋でお会いした。その時に日経BP社から

記事を読む

no image

gコンテンツ協議会「ウェアラブル観光委員会」最終会議 3月4日

言い出したはいいが、どうなることやらと思って始めた会議であったが、とりあえず「終わりよければすべてよ

記事を読む

no image

めも 「ドイツにおけるカジノ規制 ―ゲームセンターとの比較の観点から―」 国立国会図書館調査及び立法考査局 専門調査員国土交通調査室主任齋藤 純子 海外立法情報課渡辺 富久子 

 人間の射幸心に働きかける賭博には様々な形態があり、それぞれ固有の発展と規制の歴 史を有する。例えば

記事を読む

no image

『「食べること」の進化史』石川伸一著 フードツーリズム研究者には必読の耳の痛い書

食べ物はメディアである 予測は難しい 無人オフィスもサイバー観光もリアルを凌駕できていない 

記事を読む

no image

満州事変(1931年)前の訪日中国人の割合は現在のインバウンド政策時代の割合と変わらない

戦前鉄道省に国際観光局ができる前年の1929年の外客数は34755人であり、うち中華人16300

記事を読む

『タクシー定期券』の専門誌報道について

2016年8月29日の東京交通新聞に「タクシー定期券」の報道がなされていた.定期「券」に問題があるの

記事を読む

規制改革会議 無償運送、謝礼に関心 東京交通新聞2017年3月27日

標記の記事が東京交通新聞に出ていた。 規制改革会議が、3月23日現行の基準を緩和できるかヒアリング

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

no image
『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

アフリカ人以外の人々は皆、ネアンデルタール人の遺伝子を持っている。

no image
『山形有朋』岡義武 岩波文庫

p.208- 晩年とその死  世界戦争に関し、米国の対日態度は

no image
172-3 リトルハバナ

Calle Ocho Walk of Fame ht

no image
172-2 マイアミビーチ 

マイアミビーチ・エアポート・フライヤー   https://www.

172 Arubaアルバ

西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島。高度

→もっと見る

PAGE TOP ↑