*

『「食べること」の進化史』石川伸一著 フードツーリズム研究者には必読の耳の痛い書

食べ物はメディアである

予測は難しい 無人オフィスもサイバー観光もリアルを凌駕できていない 「穴居人の原理」洞穴時代からの昔ながらの欲求が勝利を収めてきた 新しいテクノロジーで新しい職が受け入れられるか?

1804年缶詰め発明 フランス海軍で採用

多様性と均質性のパラドックス

人の脳は因果関係を認知する能力を高めて進化してきたが、うまく因果関係を認知できない場合に、脳の特殊能力として宗教という体系を生み出した

エルブリ 人の脳をびっくりさせる料理

分子調理学と分子調理法

人工培養肉の現実化 イスラム教義

人間が動物を食べモノとしてみるようになったのはいつごろからか

ナッツ類を摂取するようになり脂質の消化に係る腸が発達、繊維の消化に係る盲腸が縮小する自然選択が発生、結果として肉を食べるに適した腸を持つ個体が残る

nエネルギーを腸と脳にどう振り分ける、腸は神経細胞が一億もある第二の脳

調理のジレンマ 肥満になる理由 節約遺伝子仮説と料理仮説

未来の健康 様々なテクノロジーが先回りして健康管理 気が付いたら120才

頭脳効率化人間の可能性

光合成できる独立栄養生物といった食べない多細胞生物 消化器官は不要になる

意思による進化を可能とする合成生物学の進歩は、食べるという行為を時代遅れにする

思想的な選択を食において行っている スシポリス

美食思想は、宗教にかわる思想となり、文化というレベルになった

ベジタリアン ソローフード、フードロス、食育 食が社会性を持つ

スペイン 豚肉を食べることが踏み絵

現代日本の食の激しいはやりすたりをまとめた「ファッションフード。、あります」B級ご当地グルメ

児童書に食の物語が多いのは、食が大人文学おける性の代替

そもそもおいしさは科学的に解明できるのか 『美味しさの脳科学』

脳機能研究の進展は目覚ましい 前頭眼窩野の活動から快不快が予測できるという論文もある

国連世界人口展望 2050年98億人 2100年は112億人 ヨルゲンランダースの予測は2040年代81億人をピークに減少 少なくとも2052年までは十分に食料はある

家族団らんは高度成長期のみの出来事 近代まで食事中の会話は禁止 誕生したのは明治20年代。教育家の岩本善治がキリスト教主義の雑誌等に記事を書き、その後国家主義的な儒教教育と結びついて、家族そろって食事するべきという意見が広まる。それが一般的風景になったのは1970年代 1980年代には孤食が登場

関連記事

米国商務省記述の米国観光事情

明日から米国である。商務省の観光事情分析を読んでみた。 http://travel.trade.g

記事を読む

no image

『帝国陸軍師団変遷史』藤井非三四著 メモ

薩長土肥による討幕が明治維新ということになっているが、なんと首都の東京鎮台本営に入った六個大隊のう

記事を読む

no image

伝統は後から作られる例 関西は阪神フアンという伝統

これも学士會会報の記事、何時も面白い話をしてくれる井上章一氏の「ゆがめられた関西像」 戦後しば

記事を読む

no image

畑中三応子著『ファッションフードあります』日本食は変化が激しい。フードツーリズムに法則があるのか?

ティラミス、もつ鍋、B級グルメ……激しくはやりすたりを繰り返す食べ物から日本社会の一断面を切り

記事を読む

no image

「今後の観光政策学の方向」 人流・観光研究所所長 観光学博士 寺前秀一

  ① 旅が大衆化すると「Tourist」概念が生まれるのだとすると、日本における「

記事を読む

no image

観光資源としての明治維新

義務教育やNHKの大河ドラマを通じて、日本国民には明治維新に対するイメージが出来上がっている。 し

記事を読む

no image

大関真之『「量子」の仕業ですか?』

pp101-102 「仮にこの性質を利用して、脳が人の意識や判断、その他の動作を行っているとしたら、

記事を読む

no image

童謡「赤とんぼ」から躾を考える

村のしつけが対象とするのは正規メンバーだけで、共同体からはみ出た子供たちは、アウトサイダーとして

記事を読む

no image

純国産の少ない戦後生まれのB級グルメ 島村恭則編『引揚者の戦後』を読んで

引揚者が戦後同胞から差別扱いされたことは知っていた。「観光の政治学」で高媛も論述していたからだ。

記事を読む

no image

『公研』 2018年2月号 「日本人は憲法をどう見てきたか?」

歴史は後から作られるの例である。 境家史郎氏と前田健太郎氏の対談 日本国民が最初から憲法九条

記事を読む

no image
錯聴 柏野牧夫

マスキング可能性の法則 連続聴効果 視覚と同様に、錯聴(aud

no image
杭州 人口918.8万人一人あたりGDP 約170万円

抗州東から地下鉄4号線で。ブランドショップが立ち並ぶ四角から

no image
2019年11月10日 南京(830万人) 

10日朝2時、羽田発のピーチで上海へ、 中国人の利用者の方が多かっ

no image
11月11日 蘇州(1051.87万人)

13世紀に中国を訪れたマルコ・ポーロが「東洋のベニス」と呼んだと日

no image
「米中関係の行方と日本に及ぼす影響」高原明生 学士會会報No.939 pp26-37

金日成も金正日も金正恩も「朝鮮半島統一後も在韓米軍はいてもよい」と述

→もっと見る

PAGE TOP ↑