*

『ビルマ商人の日本訪問記』1936年ウ・ラフ著土橋康子訳 大阪は「東洋のベニス」

公開日: : 最終更新日:2019/07/03 海外旅行感想

1936年の日本を見たビルマ人の記述である

1936年当時の大阪市は人口三百万、町全体に大小の河川が入り込んで流れており、安い運賃で動かせるようになっている。大阪は「東洋のベニス」と呼ばれていて橋の数はもう数えきれない程である。

日本人は黒やくすんだ灰色の服が多いが、列車に乗るとトンネルをしばしば通ることになり、全身すすまみれになるから、だと気が付いた。日本の三等車は扇風機もあり、トイレも清潔。洋式ホテルに泊まるか日本式旅館に泊まるか、考えつたが外の履物を一度脱ぎ、室内用の履物も部屋に入るときにまた脱ぐのが面倒で、洋式ホテルにした。こっちの僧侶は黒い服を着黒い帽子をかぶっている ビルマなら墓の土地で作った農作物など、恐ろしくてとても食べたりのんだりできない。日本人は純朴なのか有例とも仲良くやって行けるらしい。

震災記念館にいった。日本人の知恵というモノは、こうして震災という歴史的大事件の詳細を人に伝えることもでき、しかも入館料でいお金もうけもする、大したものだ。(建物は1994年まで存在、1980年ころは結婚式場として使われていた、今は中央図書館になっている)

店を出るまで「アリガトー」攻撃だった。見習うべき日本人の美点は、清潔、勤勉、家制度 未成年者の禁煙、賭博の禁止等である。子供が鼻水を垂らしていない(この記述は、イサベラバードの時代から見ると変化していることがわかる)日本の女性は昼夜を問わず男性同様に外出する勇気がある。

p170 日本の政府は自国民によいと考えあれる事業については、民間の資力が不足しているとあれば、政府が出資するなり、低利の融資を行うし、時としては無利子の貸し付けも行う。それ故日本は今日ここまで発展してきた

上海事変の傷跡を描写。中国商人の売り方について、上海ではその他の繁華街も見て回った。ガラスに水銀を塗り付けているところ等等を外から見学した。中国人たちは自らの事業を隠れてやらず、すべて人の見ているところで行うという面がある。日本ではこんな風に見るわけにはいかない。家の中とか・・・外からたやすく覗くことはできない。

上海娘は、一般に若い男性と連れ立って映画を見に来ている・・日本人の習慣とは正反対である。とすると日本人と中国人の水準にこれほどの違いが差があることを、中国人のために気の毒がってやることもないなどと思い直したことだ。

関連記事

1-5 2018年9月11日 チームネクストモスクワ調査4 Fusion Auto社 ワールドカップ対策

Fusion Auto社Fusion Auto社は6月14日~8月15日にロシアで開催されたワール

記事を読む

① 父親の遺言であるイラワジ河散骨旅行 ~『両忘』~2016年5月

2015年12月9日亡くなった父信次の遺言である、イラワジ河での散骨の実施を計画した。 妹の予定と

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック 22日早朝空港ドロップオフ ヨハネスブルグ経由 エスワティニ行き

 朝四時、ロビーがしまっているので、フロントに電話した。女性がでてきてくれとほっとした。チェックア

記事を読む

⑦ 2015年5月23日 ブルネイ旅行

22日夜バンコック・スワンナプーム空港でトランジット。三回目だから慣れてきた。 ロイヤルブルネイの

記事を読む

5月12日 成田から西安へ 13日 城壁、大雁塔、華清池、兵馬俑、始皇帝陵

12日 ユーラシア旅行社の企画旅行に参加。チベットには団体旅行に参加しないと現実的にはいくことができ

記事を読む

3-➀ 2018年9月22日 ウルムチ、トルファン日帰りツアー

https://photos.google.com/share/AF1QipOlsi4m4MZPEs

記事を読む

3⃣ 7 2018.8.20  ベルン、ローザンヌ そしてヒースローからの帰国

ベルン ベルン中央駅の目の前に市民病院がある。ガイドブックではそうなっていたが、行った時は博物

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

トーゴ(141)はLomeの、ブードゥー教市場と都心風景 2019年2月12日~13日 

 昨日、ロメのホテルに入り、そのまま就寝した。日中リュックをしょって歩いたので、くたびれたのと、時

記事を読む

ナムビア・ウィンドホック (147) 2019年2月18日 

(承前 ナムビア虐殺事件とドイツ) ヘレロ・ナマクア虐殺は旅行に出かける直前に知った。 私は

記事を読む

PAGE TOP ↑