*

『ビルマ商人の日本訪問記』1936年ウ・ラフ著土橋康子訳 大阪は「東洋のベニス」

1936年の日本を見たビルマ人の記述である

1936年当時の大阪市は人口三百万、町全体に大小の河川が入り込んで流れており、安い運賃で動かせるようになっている。大阪は「東洋のベニス」と呼ばれていて橋の数はもう数えきれない程である。

日本人は黒やくすんだ灰色の服が多いが、列車に乗るとトンネルをしばしば通ることになり、全身すすまみれになるから、だと気が付いた。日本の三等車は扇風機もあり、トイレも清潔。洋式ホテルに泊まるか日本式旅館に泊まるか、考えつたが外の履物を一度脱ぎ、室内用の履物も部屋に入るときにまた脱ぐのが面倒で、洋式ホテルにした。こっちの僧侶は黒い服を着黒い帽子をかぶっている ビルマなら墓の土地で作った農作物など、恐ろしくてとても食べたりのんだりできない。日本人は純朴なのか有例とも仲良くやって行けるらしい。

震災記念館にいった。日本人の知恵というモノは、こうして震災という歴史的大事件の詳細を人に伝えることもでき、しかも入館料でいお金もうけもする、大したものだ。(建物は1994年まで存在、1980年ころは結婚式場として使われていた、今は中央図書館になっている)

店を出るまで「アリガトー」攻撃だった。見習うべき日本人の美点は、清潔、勤勉、家制度 未成年者の禁煙、賭博の禁止等である。子供が鼻水を垂らしていない(この記述は、イサベラバードの時代から見ると変化していることがわかる)日本の女性は昼夜を問わず男性同様に外出する勇気がある。

p170 日本の政府は自国民によいと考えあれる事業については、民間の資力が不足しているとあれば、政府が出資するなり、低利の融資を行うし、時としては無利子の貸し付けも行う。それ故日本は今日ここまで発展してきた

上海事変の傷跡を描写。中国商人の売り方について、上海ではその他の繁華街も見て回った。ガラスに水銀を塗り付けているところ等等を外から見学した。中国人たちは自らの事業を隠れてやらず、すべて人の見ているところで行うという面がある。日本ではこんな風に見るわけにはいかない。家の中とか・・・外からたやすく覗くことはできない。

上海娘は、一般に若い男性と連れ立って映画を見に来ている・・日本人の習慣とは正反対である。とすると日本人と中国人の水準にこれほどの違いが差があることを、中国人のために気の毒がってやることもないなどと思い直したことだ。

関連記事

no image

2016年3月1日朝日新聞8面民泊関連記事でのコメント

 東京都大田区が、国の特区制度を活用して自宅の空き部屋などを旅行者に有料で貸し出す「民泊」を解禁

記事を読む

no image

動画で考える人流観光学 従と宿の相対化 

https://youtu.be/-_Z9TeVxNtc https://youtu.be/X

記事を読む

no image

旅館業法の「宿泊拒否」箇所を削除、衆院委で改正案を可決 2023年5月27日読売新聞記事

「衆議院厚生労働委員会は26日、感染症流行時の宿泊施設の対応を定める旅館業法などの改正案について、自

記事を読む

no image

旅館業法論議 無宿人保護(旅館業法)と店子保護(不動産賃貸)の歴史 

◎東洋経済の記事 https://toyokeizai.net/a

記事を読む

no image

世界人流観光施策風土記 チベット旅行の検討から見えてきたこと

物流行政をしていたころ、港湾運送事業者が、貿易手続きが複雑なことが自分たちの仕事が存在する理由だとし

記事を読む

運送機能の分化に対応した旅行商品の創成

レンタカー会社から高級車を借り上げ、多国語を操るカリスマ運転手を派遣してもらい、その他のサービスを組

記事を読む

no image

書評『ベルツの日記』

ベルツが来日早々に経験した江戸の華、火事に関する記事。シュリューマンと同じ目であ

記事を読む

保護中: 🌍🎒シニアバックパッカーの旅 トリエステ(イタリア特別自治州🏳‍🌈㊳) 旅行準備資料 アルベルコ・ディフィーゾ

◎Stop Flixbus Trieste  

記事を読む

no image

歴史は繰り返す遊興飲食・宿泊税とDMO論議 

デスティネーションを含んだDMOなる言葉が独り歩きしている。私がカタカナ用語のデスティネーションを

記事を読む

『大阪の宿』水上瀧太郎著 小説 映画

東京のサラリーマンが転勤で大阪の下宿屋に暮らした2年間を描いたもの。小説では大正時代(「大正十四

記事を読む

PAGE TOP ↑