*

東京オリンピック・パラリンピック時代の医療観光(日本医療・病院管理学会講演要旨)

都市の魅力を訪問客数で競う時代になっている。ロンドン市長が世界一宣言を行ったところ、パリが早速反駁した。2013 年の世界の海外旅行者数は約11 億である。中国人海外旅行者数は1億人と、人口比からするとまだ半分程度であり、これからも増加する。しかし国境を超える数字にどれほどの意味があるも考えなければならない。2014年度の北海道の道外入込客数は720万人(うち外国人150万人)であり、台湾を訪れる外国人数(800万人)よりすくないが豪州(680万人)を上回る。
政府も自治体もインバウンド政策に力を入れ、その一つとして医療観光が話題になっている。観光は日常生活圏を離れた非日常体験であり、地域間に差があれば人の移動を発生させる。風景や文化はもとより、人為的に発生させた差異も人流を発生させる。博打、風俗、動物虐待といったアナーキーなものも観光資源になる。治療はもちろん、出産、自殺ほう助も人流を発生させるから、医療観光が認識され、興味が持たれるのである。しかし、交流が深まればその差異は確実に縮まる。
外国人旅行客急増で宿泊施設不足が深刻化し、民泊が検討されている。これを私は住(日常)と宿(非日常)の相対化ととらえている。旅館業法は宿であるホテル、旅館に加えて、簡易宿所、下宿といった住も規定している。生活保護の住宅扶助費は簡易宿所料金に連動しており、住と宿は元来背中合わせなのである。
日本では、明治期に定住居所を持てない層への宿泊施設の提供から政策が始まり、戦時期に留守家族対策から住宅政策が開始された。店子の権利が強化されたが、高度経済成長期を経て、老朽家屋更新対策から、定期借地・借家権が創設された。その結果、民泊が実施しやすい環境ができたともいえる。
住と宿の相対化は医療、介護の世界でも始まっており、高齢者等の囲い込み問題を引き起こしている。私は政策としては、バラ色プランの医療観光より医療・介護分野の宿住相対化問題の足元を固めることが重要課題だと思っている。
 民泊と同様に、ライドシェアも話題になっている。Uber等の配車アプリでタクシーや自家用車が簡単に活用できる時代がやってきた。高齢者の多い過疎地域では、バス・タクシーが存在せず、高齢者が自ら運転しているが、いずれ限界が来る。白タク行為である自家用車の有償運送について、非営利法人によるものは認められている。自治体も有償運送の許可権限をもつことが可能であるから、意欲的な地域では新しいモデルが成立するであろう。
JTBは高齢者向けに月ぎめ「乗り放題」のJERONタクシーを開始した。月額3万円程度で医療機関とコンビニと自宅の間を何度でも利用できる。マイカーを保有するよりは安いが、まだまだ負担感がある。軽自動車税等による助成には納税者の理解は得られるはずだ。高齢者ビジネスの医療・介護機関、コンビニからの協賛金等も可能であろう。

関連記事

書評『日本社会の仕組み』小熊英二

【本書の構成】 第1章 日本社会の「3つの生き方」第2章 日本の働き方、世界の働き方第3章

記事を読む

no image

動画で考える人流観光学 【コンテナホテル宿泊記】災害時は移動して大活躍

こうなると、自動運転機能が付随すると、社会は大きく変わるかもしれない。まさに、住と宿の相対化である。

記事を読む

『戦後経済史は嘘ばかり』高橋洋一

城山三郎の著作「官僚たちの夏」に代表される高度経済成長期の通産省に代表される霞が関の役割の神

記事を読む

no image

フリーダム シップ

https://youtu.be/Bj0E5L6k2p0

記事を読む

no image

靴を脱ぐということ

『教科書には載っていない戦前の日本』P.173にでていた。 松坂屋は関東大震災の復興を機に、

記事を読む

no image

「東日本大震災復興に高台造成はやはり必要なかった」原田 泰

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/22460?utm_sou

記事を読む

no image

『外国人労働者をどう受け入れるか』NHK取材班を読んで

日本とアジアの賃金格差は年々縮まり上海などの大都市は日本の田舎を凌駕している。そうした時代を読み違え

記事を読む

no image

「今後の観光政策学の方向」 人流・観光研究所所長 観光学博士 寺前秀一

  ① 旅が大衆化すると「Tourist」概念が生まれるのだとすると、日本における「

記事を読む

no image

ヴィアレッジョ スーパーヨットの街

地方創生は無理をしないで伝統を発展させれば、人口6万の町でもトランプさんはヨットを注文してくるのです

記事を読む

no image

保護中: 米国コロナ最前線と合衆国の本質(4) ~アメリカにおける複数の「国」とも言える文化圏の共存と闘争:合衆国の歴史背景を

2020.07.01 米国コロナ最前線と合衆国の本質(4) ~アメリカにおける複数の

記事を読む

PAGE TOP ↑