*

チベット旅行の検討から見えてきたこと。神保町S社と平河町Y社の対応の違い

物流行政をしていたころ、港湾運送事業者が、貿易手続きが複雑なことが自分たちの仕事が存在する理由だとして説明していたことがある。面倒な手続きを商社はしないからだ。私は貿易手続簡易化協会関係の仕事で当時のレベルのオンライン化を進めていたが、役所の目的と業界の利害が完全に離反している事例であった。

9月にマニラにタクシーの調査に出かけるチャンスがあり、帰路麗江とラサに立ち寄る計画を立てた。麗江はCTRIPを使えば簡単に旅程が立てられる。日本よりも便利である。問題はラサで、チベット入境には許可証を必要とする。チベットは外国人の政治活動を監視する必要があり、外国人は滞在中はガイドをつけて行動しなければならない。相撲茶屋と同じく、桟敷の販売はお弁当等とセットになっており、高くつくことは想定される。チベットの場合は、ホテルに空港送迎が付くようだ(断ってもいいのかもしれないが確認していない)。いわゆるパッケージツアーを購入することになる。中国製のパックをCTRIPで直接申し込んでもいいのだろうがリスクもあり、結局日本の旅行会社に受注型企画旅行として申し込むことになる。

神保町のS社は、チベット旅行の老舗と銘打っているものの、はなから自社のパックしか売る気はないようであった。ネットでは個人旅行も実施するように出ているのであるが、私の応対をした担当職員は、連絡が悪いのか、個人旅行といっているのに、パックのパンフを見せて、これでないとできないという返事であった。日本発のパックを購入するなら、時間に余裕のある時のことで、受注型企画旅行を作ってほしい旨を伝えると、3日後にメールで回答するということであった。
回答は意外に早く、当日すぐに四つ星ホテルで約21万円という返事であった。後述するY社が2日かかっているのだから、調べたのか疑わしい。ガイド料(多分日本語)が入っているのかも不明であり、詳細を問い直すと、調べていないことがわかってしまうのか、引き受けられないので他の旅行業者に当たって欲しいという回答であった。要するに個人手配は引き受けられないという当初の姿勢を改めて伝えてきただけであった。

S社の対応は想定内であったので、その足で予定の平河町のY社を訪問した。Y社は講演会等にも参加した経験もあり、どこか忘れたがツアーにも参加したことがあるなじみのところである。窓口は個人旅行担当者で、同じ条件で依頼をした。ポタラ宮殿が予約制なので、2泊3日を考えていること、空港送迎、今度は宿は三ツ星をお願いした。その結果2日後に現地からの返事で、18万円であるとのことであった。ガイドは3日間べったり張り付くことは仕方がない(訂正のメールがYから入って確認)。食事等がどうなっているかはYでもわからないということであった。現地の情報であることだけは間違いがないようだ。

結論から言って、個人旅行は割高になることは仕方がないが、チベット場合30万円程度で日本発のもっと充実したツアーが催行されているから、何時でもチャンスはあるから、無理をしてラサ限定の2泊3日の旅(航空運賃除き)に申し込むことはないとして、Y社には断りのメールを入れた。

私の海外旅行経験では、一日ガイドの英語ドラーバーの料金は、2万から3万である。ホテルはランクによる。ラサの場合、ガイドとドライバーが別なのかもしれない。ホテルはCTRIPでも出ているから透明である。入国許可証の費用は手数料を入れても1~2万円であろう。ガイドはマチュピチュでも、少数民族の職場確保的制度があって、必ずつけろということもあるから、これも仕方がない。私の計算では、高くても10万円程度と踏んでいたので、法外に高いと感じたのである。

チベット旅行が手続きが面倒であることは中国政府の方針であるから仕方がない。面倒であるがゆえに、CTRIPを使った外国人の旅行はありえず、旅行会社のパックが販売できるということになるから、貿易手続の話と類似する。しかしそのことと、窓口の応対はまた別である。次回チベット旅行のパックを購入するときは、Y社に依頼したいと思うのは
人情である。

関連記事

no image

国立国会図書館国土交通課福山潤三著「観光立国実現への取り組み ―観光基本法の改正と政策動向を中心に―」調査と情報554号 2006.11.30.

加太氏の著作を読むついでに、観光立国基本法の制定経緯についての国会の資料を久しぶりに読んだ。 そこ

記事を読む

no image

2019年1月28日横浜私立大学期末試験 伝統、歴史は後からつくられている例を挙げさせた。その回答例の紹介

2019年1月28日横浜市立大学の観光振興論の期末テストを行った。問題は2問。下記のとおりである。

記事を読む

no image

「厚生」省の誕生と国内「観光」政策

字句「厚生」の誕生を調査することにより、国際に限定されて使用されていた字句「観光」の使用例が、国際観

記事を読む

no image

孫建軍著『近代日本語の起源』に見る用語「国際」の誕生

用語「観光」を論じるにあたって、国際との関係をこれまで考察してきたが、考えてみると、日本人社会のなか

記事を読む

no image

町田一平氏の私の論文に対する引用への、厳しい意見

町田一平氏がシェリングエコノミーに関して論文を出している https://m-repo.l

記事を読む

no image

英国通貨がユーロでない理由 志賀櫻著「日銀発金融危機」

ポンド危機と英国通貨がユーロでない理由 サッチャー政権後期の拡張的金融政策で失業率も

記事を読む

no image

田口亜紀氏の「旅行者かツーリストか?十九世紀前半フランスにおける“touriste”の変遷」(Traveler or “Touriste”? : Distinctions in Meaning in Nineteenth Century France)共立女子大学文芸学部紀要2014年1月を読んで

2015年4月15日のブログに「羽生敦子立教大学兼任講師の博士論文概要「19世紀フランスロマン主義作

記事を読む

no image

保護中: ジャパンナウの今後の原稿 ロボットと観光

「変なホテル」が話題になっている。ロボットがフロントで出迎えるからだ。練れていないネーミン

記事を読む

no image

Quora 物語などによくあるように、中世ヨーロッパの貴族たちは国民から搾取してすごく贅沢な暮らしをしていたのですか?

中世に今日と同じ意味での「国民」はまだ存在しません。領主が農民を支配し、領主同士に主従関係

記事を読む

no image

中国語の中の日本語(Chinese Borrowings from the Japanese Language) 陳 生保(Chen Sheng Bao) 上海外国語大学教授

中国語の中の日本語(Chinese Borrowings from the Japanese

記事を読む

『言ってはいけない中国の真実』橘玲2018年 新潮文庫  

 コロナ禍で海外旅行に行けないので、ブログにヴァーチャルを書いている

『旅行契約の実務』  鈴木尉久著2021年 民事法研究会発行

 旅行業法の解釈について、弁護士でもある鈴木教授がどのような見解を持

『「食糧危機」をあおってはいけない』2009年 川島博之著 文芸春秋社 穀物価格の高騰は金融現象

コロナで飲食店が苦境に陥っているが、平時には、財政措置を引き出すため

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編 承前1カスケード号(Y ・SEA)エンパイアービルダー号(PDX・CHI)

◎カスケード号 https://youtu.be/f

no image
ヴァーチャル旅行 USA50州編番外 YVR バンクーバー  

◎観光名所 バンクーバールックアウト、スタンレーパーク、グラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑