*

チベット旅行の検討から見えてきたこと。神保町S社と平河町Y社の対応の違い

物流行政をしていたころ、港湾運送事業者が、貿易手続きが複雑なことが自分たちの仕事が存在する理由だとして説明していたことがある。面倒な手続きを商社はしないからだ。私は貿易手続簡易化協会関係の仕事で当時のレベルのオンライン化を進めていたが、役所の目的と業界の利害が完全に離反している事例であった。

9月にマニラにタクシーの調査に出かけるチャンスがあり、帰路麗江とラサに立ち寄る計画を立てた。麗江はCTRIPを使えば簡単に旅程が立てられる。日本よりも便利である。問題はラサで、チベット入境には許可証を必要とする。チベットは外国人の政治活動を監視する必要があり、外国人は滞在中はガイドをつけて行動しなければならない。相撲茶屋と同じく、桟敷の販売はお弁当等とセットになっており、高くつくことは想定される。チベットの場合は、ホテルに空港送迎が付くようだ(断ってもいいのかもしれないが確認していない)。いわゆるパッケージツアーを購入することになる。中国製のパックをCTRIPで直接申し込んでもいいのだろうがリスクもあり、結局日本の旅行会社に受注型企画旅行として申し込むことになる。

神保町のS社は、チベット旅行の老舗と銘打っているものの、はなから自社のパックしか売る気はないようであった。ネットでは個人旅行も実施するように出ているのであるが、私の応対をした担当職員は、連絡が悪いのか、個人旅行といっているのに、パックのパンフを見せて、これでないとできないという返事であった。日本発のパックを購入するなら、時間に余裕のある時のことで、受注型企画旅行を作ってほしい旨を伝えると、3日後にメールで回答するということであった。
回答は意外に早く、当日すぐに四つ星ホテルで約21万円という返事であった。後述するY社が2日かかっているのだから、調べたのか疑わしい。ガイド料(多分日本語)が入っているのかも不明であり、詳細を問い直すと、調べていないことがわかってしまうのか、引き受けられないので他の旅行業者に当たって欲しいという回答であった。要するに個人手配は引き受けられないという当初の姿勢を改めて伝えてきただけであった。

S社の対応は想定内であったので、その足で予定の平河町のY社を訪問した。Y社は講演会等にも参加した経験もあり、どこか忘れたがツアーにも参加したことがあるなじみのところである。窓口は個人旅行担当者で、同じ条件で依頼をした。ポタラ宮殿が予約制なので、2泊3日を考えていること、空港送迎、今度は宿は三ツ星をお願いした。その結果2日後に現地からの返事で、18万円であるとのことであった。ガイドは3日間べったり張り付くことは仕方がない(訂正のメールがYから入って確認)。食事等がどうなっているかはYでもわからないということであった。現地の情報であることだけは間違いがないようだ。

結論から言って、個人旅行は割高になることは仕方がないが、チベット場合30万円程度で日本発のもっと充実したツアーが催行されているから、何時でもチャンスはあるから、無理をしてラサ限定の2泊3日の旅(航空運賃除き)に申し込むことはないとして、Y社には断りのメールを入れた。

私の海外旅行経験では、一日ガイドの英語ドラーバーの料金は、2万から3万である。ホテルはランクによる。ラサの場合、ガイドとドライバーが別なのかもしれない。ホテルはCTRIPでも出ているから透明である。入国許可証の費用は手数料を入れても1~2万円であろう。ガイドはマチュピチュでも、少数民族の職場確保的制度があって、必ずつけろということもあるから、これも仕方がない。私の計算では、高くても10万円程度と踏んでいたので、法外に高いと感じたのである。

チベット旅行が手続きが面倒であることは中国政府の方針であるから仕方がない。面倒であるがゆえに、CTRIPを使った外国人の旅行はありえず、旅行会社のパックが販売できるということになるから、貿易手続の話と類似する。しかしそのことと、窓口の応対はまた別である。次回チベット旅行のパックを購入するときは、Y社に依頼したいと思うのは
人情である。

関連記事

no image

保護中: ジャパンナウの今後の原稿 体と脳の関係の理解

心と体が一致しない人たちへの理解も進み、オバマ大統領はStonewallをアメリカ合衆国の

記事を読む

no image

消費と観光のナショナリズム 『紀元二千六百年』ケネスルオフ著

今観光ブームでアトキンス氏がもてはやされている。しかし、観光学者なら「紀元二千六百年」を評価すべき

記事を読む

no image

靴を脱ぐということ

『教科書には載っていない戦前の日本』P.173にでていた。 松坂屋は関東大震災の復興を機に、

記事を読む

5月12日、13日 ブルガリアのソフィア、リラの僧院、ボヤナ寺院

https://goo.gl/photos/Pg8podmJVvEb2YKJA https://g

記事を読む

no image

観光資源と伝統 『大阪的』井上章一著

今年も期末試験問題の一つに伝統は新しいという事例を提示せよという問題を出す予定。井上章一氏の大阪

記事を読む

はやり言葉になるか『Maas』日経BP社を読んで

はやり言葉になるかどうかだが、UberやRide-Shareほどのインパクトはないのだろう。とにか

記事を読む

no image

Chinese man caught by facial recognition at pop concert

http://www.bbc.com/news/world-asia-china-43751276

記事を読む

no image

自己手配時に知っておくべき「国際航空運賃」の計算方法

今日の国際航空運賃が出来上がるまでには歴史があったと考えられる。勉強していないので知らないが、国際海

記事を読む

no image

日本人が海外旅行ができず、韓国人が海外旅行ができる理由   『from 911/USAレポート』第747回 「働き方改革を考える」冷泉彰彦 を読んで、

勤労者一人当たり所得では、日本も韓国も同じレベル 時間当たりの所得では、日本は途上国並み これで

記事を読む

no image

ピアーズ・ブレンドン『トマス・クック物語』石井昭夫訳

p.117 観光tourismとは、よく知っているものの発見 旅行travelとはよく知られていな

記事を読む

no image
保護中: ヴァーチャル旅行アフリカ篇①承前(LON、DXB、DOH比較)

計画の最大のポイントは、OXBとBJLの移動が可能かであるが、現時点

no image
コロナ後の日本観光業 キーワード 現金給付政策を長引かせないこと、採算性の向上、デジタル化、中国等指向

今後コロナ感染が鎮静化に向かうことが期待されているおり、次の課題はコ

no image
ヴァーチャル旅行 アフリカ篇① LIS リスボン 

空港バス:20分間隔で出ており、ロシオ駅やマルケス・デ・ポンバル広場

no image
ネット右翼を構成する者 メディアが報じるような「若者の保守化」現象は見られない

樋口直人は『日本型排外主義』の中で、大部分は正規雇用の大卒ホワイトカ

no image
ヴァーチャル旅行 太平洋編 総括表 訪問地域が6か所(AKL、PPT、RAR、ICP、IUE、POM)

5月20日木TYO21:15JQ12AKL 機中泊5月21日金OOL

→もっと見る

PAGE TOP ↑