*

広田照幸著『日本人のしつけは衰退したか』を読んで

公開日: : 最終更新日:2019/07/07 躾、接遇

日本人の車内でのマナーが良いとか、駅のトイレがきれいだと自画自賛する傾向が強い。しかし、国鉄末期の駅のトイレは汚かった。国鉄の知人がトイレ掃除隊を結成したことを思い出した。社内も常磐線や東北線の始発では、通路に新聞紙を敷き、酒盛りをする人たちもいた。関西の駅ではわれ先に乗ろうと列はすぐに乱れたりしていた。大正時代の世相ではもっとすごかったことが物の本には書いてあった。その一方で、1936年訪日のビルマ人には清潔にも映っていた。個別に事情は違ったのかもしれない。

家庭のしつけも、国粋主義的思想の者が、家庭教育を叫び始めたのでこの本を読んでみたのだが、読んでみて子供の頃を思い出した。
田舎だったので貧しい家庭の子供も周りにいたことを思い出した。当時小遣いに1日分として10円玉をもらって遊んでいる子供がいてうらやましかったことを思い出したのある。私の母親はまず現金はくれなかった。親からもらえたのはお祭りぐらいである。だから買い食いができなかったが、周りの子供は、親から1日10円もらって駄菓子屋で買い物をしていた。仲間に入れてもらえず困ったことが多かった。でもこの本を読んで、昔の親は忙しくて子供の相手などしていられず、とりあえず金を渡して邪魔にならないようにしていたということが、今更ながら理解をしたのである。駄菓子屋の存在は昭和ノスタルジアで片づけてはいけないようだ。

本書では、「村のしつけは幸せだったか」を問いかけている。コミュニティーで子育てしていたというユートピアは空想で、村のしつけは差別と抑圧が組み込まれていたとある。長男と次男三男の区別、男女の区別、村内の序列、今でいう封建的しきたりをみっちりたたきこまれていたのである。貧農が自分の子供に「父ちゃん」などと呼ばせたら、分を超えたものとして周囲から白い目で見られたとある。オトッつぁんと呼ばせなければならなかったそうで、それならマイフェアレディの世界と同じ階級社会である。

丁稚奉公や女中奉公なども「他人の飯を食う」教育的な役割を果たしたという論文が時折見受けられるのだそうだが、筆者はそれはあまりにも牧歌的だと一刀両断。酷使と虐待がおおく、おびただしい数の少年少女の人生をダメにしたとある。江戸アリジゴク説を思い出した。

しかも村のしつけが対象とするのは正規メンバーだけで、共同体からはみ出た子供たちは、アウトサイダーとして生きざるを得なかったようだ。私生児として生まれ、5歳で子守に出され、本名もしらず、はだしであるき、最後は売り飛ばされてしまったのだ。「赤とんぼの歌」はその子守の悲しさの背景を思い出さなければわからないのである。故郷に赤とんぼの会という合唱団があったが、ずいぶんイメージが違う。

小学校ができても労働力だった子供を親は学校にとられないようにしたのだが、次第にあきらめて、学校で読み書きそろばんぐらいは身につけることを期待し、それ以外は家業に邪魔にならないよう外で遊ばせていた。だからおよそ学校にしつけなど期待するはずもなかったようだ。

筆者は現代のほうがよほど家庭でのしつけが行われていると教育学者の観点から断じている。あまり家庭教育に胸を張ってものが言える立場でもないが、両親には感謝しなければと思う次第である。

関連記事

記事はありませんでした

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑