*

非言語情報の「痛み」

公開日: : 最終更新日:2020/03/20 用語「人流」「観光」「ツーリズム」「ツーリスト」

言語を持たない赤ん坊でも痛みを感じ、母親はその訴えを聞き分けられる。Pain-o-Meter Scientists have long known that pain’s intensity is difficult to measure because people experience pain differently.(1) In the case of 17-year-old Sarah Taylor, doctors struggled to understand her levels of pain from childhood arthritis and fibromyalgia.(2) “It’s really hard when people can’t see how much pain you’re in, because they have to take your word on it and sometimes, they don’t quite believe you,” she said.(3) Some scientists working with Taylor are now trying to develop an objective way to measure pain.(4) They are measuring the reaction inside Taylor’s eyes when she reports pain and when she does not.(5) Dr. Julia Finkel is with Children’s National Medical Center in Washington. She invented an experimental device that is being used with Taylor.(6) Doctors have traditionally asked patients to rate their pain on a scale of one to 10. That can be a problem, however.(7) Medical workers can estimate babies’ pain from their cries and movements.(8) But the pain one person rates as seven, for example, might be four to someone who is more tolerant of pain.(9) These differences make it difficult to show how well new medicines to ease pain really work.(10) The question is especially important because of the increasing and deadly misuse of painkilling drugs in the United States.(11) Taylor said, “It’s frustrating to be in pain and you have to wait like six weeks, two months, to see if the drug’s working.”(12) She uses a combination of medications, acupuncture and exercise to ease pain.(13) Dr. Francis Collins is the director of the National Institutes of Health (NIH).(14) His agency is trying to develop what he calls a “pain-o-meter.”(15) The goal is to be able to find out what kind of drug will be most effective for a patient.(16) David Thomas is with NIH’s National Institute on Drug Abuse.(17) He noted, “We’re not creating a lie detector for pain.” He said, “We do not want to lose the patient voice.”(18) Now, scientists around the country are using brain studies, pupil reactions and other methods in research supported by the NIH.(19) “There won’t be a single signature of pain,” Thomas said. He predicted that several different methods will create “something of a fingerprint of pain.”(20) NIH estimates that 25 million people in the U.S. experience daily pain.(21) Sarah Taylor of Potomac, Maryland, is one of them. She was very young when, her joints started aching.(22) She had bad headaches and swelling of the spine.(23) Then, two years ago, she was found to have fibromyalgia, a condition of pain all over the body.(24) Recently, a researcher worked with Taylor using the pupil-tracking device attached to a smartphone.(25) Dr. Finkel directs pain research at the Sheikh Zayed Institute for Pediatric Surgical Innovation at Children’s National Hospital.(26) She noted that the eye is a window to pain centers in the brain. She said that some nerves send pain signals that affect muscles of the pupils.(27) Finkel’s device follows the pupils’ reactions to light and other stimulation that is not pain.(28) The goal is to find differences that might permit the measurement of the intensity of pain.(29) Finkel also said the presence of some kinds of drugs can be detected by other changes in a resting pupil.(30) In December, the Food and Drug Administration announced it would help a company that Finkel started, called AlgometRx, develop a device to carry out fast drug tests.(31) Other scientists want to look deeper – into the brain.(32) Scientists with Harvard and Massachusetts General Hospital have found that brain images using an MRI can show changes in the brain linked to pain.(33) They suggest that patterns of inflammation in the brain can be linked to fibromyalgia and back pain.(34) Other researchers are studying the brain waves linked to pain and how areas of the brain “light up” with different kinds of pain.(35) The NIH is interested in discovering the biological markers that let some people recover from severe pain while others have long-term pain.(36) I’m Mario Ritter Jr.(37)

科学者は長い間痛みの強さを測定するのが難しいことを知っていました。人々は痛みが異なるためです。1歳のサラ・テイラーの場合、医師は小児関節炎と線維筋痛による痛みのレベルを理解するのに苦労しました。あなたがどれほどの痛みを感じているかを人々が理解できないとき、それは本当に難しいです。なぜなら、彼らはあなたの言葉を受け入れなくてはならず、時にはあなたをまったく信じていないからです。」と彼女は言いました。現在、痛みを測定する客観的な方法を開発しようとしています。(4)痛みを報告するときとしないときのテイラーの目の内側の反応を測定しています。(5)ジュリア・フィンケル博士はワシントンの小児国立医療センターにいます。彼女は、テイラーで使用されている実験装置を発明しました。(6)医師は伝統的に、患者に痛みを1から10のスケールで評価するように求めてきました。しかし、それは問題になる可能性があります。(7)医療従事者は、赤ちゃんの痛みを推定できます(8)しかし、たとえば、ある人が7と評価する痛みは、痛みに耐えられる人にとっては4である可能性があります。(9)これらの違いにより、痛みを和らげる新薬がどれほど優れているかを示すことが難しくなります。 (10)米国では鎮痛剤の誤用が増加しており、致命的であるため、この質問は特に重要です。(11)テイラーは次のように述べています。「痛みに苦しんでおり、6週間、2か月ほど待たなければならない(12)彼女は薬、鍼治療、運動を組み合わせて痛みを和らげています。(13)フランシス・コリンズ博士は国立衛生研究所(NIH)のディレクターです。(14)代理店は彼が「痛みメーター」と呼んでいるものを開発しようとしています。(15)目標は(16)デビッドトーマスはNIHの国立薬物乱用研究所に所属しています。(17)彼は、「痛みの嘘発見器を作成しているわけではありません。」彼は、「私たちは患者の声を失いたくない」と言った。(18)現在、全国の科学者は、NIHが支援する研究で脳研究、瞳孔反応、および他の方法を使用している。単一の痛みのサインです」とトーマスは言いました。彼は、いくつかの異なる方法が「痛みの指紋のようなもの」を生み出すと予測しました。(20)NIHは、米国の2,500万人が毎日痛みを経験していると推定しています。(21)メリーランド州ポトマックのサラ・テイラーもその一人です。関節が痛むようになったとき、彼女は非常に若かった。(22)彼女はひどい頭痛と背骨の腫れを持っていた。(23)それから、2年前、彼女は体全体の痛みの状態である線維筋痛症を持っていることが分かった。 24)最近、研究者は、スマートフォンに取り付けられた瞳孔追跡デバイスを使用してテイラーと協力しました。(25)フィンケル博士は、小児国立病院の小児外科革新のためのシェイクザイード研究所で疼痛研究を指揮しています。目は脳の痛みの中枢への窓です。彼女は、いくつかの神経は、瞳孔の筋肉に影響を与える痛みの信号を送ると述べた。(27)フィンケルのデバイスは、光や痛みではないその他の刺激に対する瞳孔の反応を追跡する。(28)目標は、 (29)フィンケルは、ある種の薬物の存在は安静時の瞳孔の他の変化によっても検出できると述べた。(30)12月、食品医薬品局は、フィンケルが設立した会社を支援すると発表した。 AlgometRxと呼ばれる、高速薬物検査を実行するためのデバイスを開発します。(31)他の科学者は、脳をより深く見たいと考えています。(32)ハーバードおよびマサチューセッツ総合病院の科学者は、MRIを使用した脳画像が脳は痛みに関連している。(33)脳の炎症のパターンは線維筋痛症と腰痛に関連している可能性があることを示唆している。(34)他の研究者は、痛みに関連する脳波と脳の領域がどのように「明るくなる」かを研究している違う気痛みの種類。(35)NIHは、一部の人は激しい痛みから回復し、他の人は長期の痛みを感じることができる生物学的マーカーの発見に関心を持っています。(36)私はマリオ・リッターJr.(37)

関連記事

no image

『日本人になった祖先たち』篠田謙一 NHK出版 公研2020.1「人類学が迫る日本人の起源」

分子人類学的アプローチ SPN(一塩基多型)というDNAの変異を検出する技術が21世紀当初に

記事を読む

Middle East · Balkan Travel ALBANIA 8th MAY 2017  

Albania Travel Video https://goo.gl/photos/8WkNES

記事を読む

no image

『海外旅行の誕生』有山輝雄著の記述から見る白人崇拝思想

表記図書を久しぶりに読み直してみた。学術書ではないから、読みやすい。専門家でもないので、観光や旅行

記事を読む

no image

自己手配時に知っておくべき「国際航空運賃」の計算方法

今日の国際航空運賃が出来上がるまでには歴史があったと考えられる。勉強していないので知らないが、国際海

記事を読む

no image

『近代京都研究』から見る「遊覧」と「観光」に関するメモ

『近代京都研究』(2008年思文閣出版)において、観光に関する記述とともに「観光」「遊覧」の用例とし

記事を読む

11月4日 チームネクスト合宿 in ニューヨーク 4日目

朝ホテルで朝食。そのあと、地下鉄でStonewallに行く。地下鉄のチケットの買い方一つでも戸惑うも

記事を読む

はやり言葉になるか『Maas』日経BP社を読んで

はやり言葉になるかどうかだが、UberやRide-Shareほどのインパクトはないのだろう。とにか

記事を読む

no image

読売新聞、朝日新聞記事に見る字句「ツーリズム」「観光」の用例

読売新聞の記事データベース「ヨミダス」及び朝日新聞の記事データベース「聞蔵Ⅱ」を活用して「ツーリスト

記事を読む

no image

「DMO」「着地型観光」という虚構

DMOという新種の言葉が使われるようになってきていますが、字句着地型観光の発生と時期を同じくします。

記事を読む

11月19日 ハルピン歴史的建造物群調査

11月19日は聖ソフィア大聖堂をスタート https://photos.google.

記事を読む

PAGE TOP ↑