*

報告「南チロルのルーラルツーリズム発展における農村女性の役割」を聞いて

公開日: : 路銀、為替、金融、財政、税制

池袋の立教大学で観光研究者の集まりがあり、標記の報告を聴く機会があった。いずれきちんとした論文になると思われる。
報告者は経験豊かな女性研究者であるが、育児と両立させておられた。

ルーラルツーリズムという問題に立て方には、私は昔から異論があり、特に農村という概念が日本ではなくなっていると考えている。農業は存在し、農地は制度として頑固なまでに存続しているが、共同体としての農村はなくなっている。むしろ港区の商店街の方が色濃く農村的運命共同体である。民泊反対運動の拠点にもなりかねないのである。その点、欧州ではまだ共同体としての農村があるのか、むしろそれをレポートしてもらいたいと思っている...

南チロルはイタリア北部で、リヒテンシュタインと隣接しているドイツ語圏である。オーストリア領の時代もあった。山岳地帯でリンゴ生産等が主体であるとのこと。副業から観光が始まり、表題のとおり、女性が活躍しているようである。農業は厳しく、男性の仕事という説明であった。(なお、チベットの農家では農業は女性の仕事で、男性は道路工事等に出かけている。)しかし、私は、旅館業はそもそも女性向きの仕事であり、ルーラルツーリズムだからということではないと思っている。子供の頃、加賀温泉郷の宿屋は、おかみさんが大忙しで、旦那は遊んでいたというイメージである。そのなかでも山代温泉・よしの屋の旦那はインテリで東大に進学したくらいであるから、趣味人であり、魯山人を居候させたのである。出来が悪ければ朝から酒を飲んで賭け事をしていたはずであり、旅館経営は女将がしっかりしていればできたのである。郷里の小説家がかいたものに、近傍の農家から奉公に出て来ている年少の女子を、宿屋の旦那衆が麻雀で誰が水揚げの役を引き受けるか決めている場面があった。温泉場の宿屋のサービスが現代の風俗産業に近い面があったということである。話はそれたが、宿屋は女性が実質経営していたということである。

それは、宿屋サービスは、日常生活の延長のサービスだから当然なのである。日常生活、つまり家事は女性の仕事であり、その延長にある宿屋のサービスも女性の仕事になる。しかも近代的経営をするわけでもないから、女性の仕事になったのあろう。

それを、マーケティング等といって近代的経営を導入してから、男性の仕事にしたのである。男性にしなければならない謂れはないが、後継の男子がいたから、大学を出させて跡を継がせたのである。その中から成功者も出たが、バブルで家をつぶしたものもでた。今は後継者を男子に絞っていては限界があり、女性経営者が輩出している。
南チロルは「農村女性」とあり、前時代的な表現になっているが、イタリアの方は日本とは異なる状況なのであろう。

帰りに、池袋のベトナム料理店で会食。旧知の研究者と議論。私は、もうアンケート調査を利用するのは研究者はやめた方がいいということを言ったら、脳波でどこまで分かるのかと聞かれ、後日答えるアンケートよりはましだと答えた。そのついでに、無意識も大事だという話をしたら、無意識と意識は違うといわれ、説明するのが面倒で終わりにした。私自身も数年前まではそう思っていたから、仕方がない。しかし、脳波は正直であり、手が動いたあとに脳波が反応している。つまり、手が動いてから、動かそうという意識が発生していることは常識化しているから、一体何が手を動かせているのか、ということになり、無意識が重視されているのである。人によってはそれを神の意思とするのである。

関連記事

no image

『知られざるキューバ』渡邉優著 2018年

4年前のキューバ旅行のときにこの本が出版されていれば、また違った認識ができたとの思う。 カリ

記事を読む

no image

保護中: 『日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか 』 国家予算の280倍の記事

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52599 毎年、この

記事を読む

『公共貨幣論入門』山口薫、山口陽恵

MMT論の天敵 Amazonの書評(注 少し難解だが、言わんとするところは読み取れ

記事を読む

no image

電力、情報、金融の融合

「ブロックチェーンとエネルギーの将来」阿部力也 公研2019No673 電気の値段は下がって

記事を読む

no image

「宿泊税とオーバーツーリズム」論議への批判

私の博士論文では、観光税制を詳しく取り上げたが、当時は誰も関心がなかった。いま議論されている宿泊税

記事を読む

no image

保護中: 対面型産業の物価注視を 危機後の金融政策の枠組み

対面型産業の物価注視を 危機後の金融政策の枠組み 日本経済新聞【経済教室】2020年6月29

記事を読む

no image

外国人労働者受入と外国人観光客受入は違うのか違わないのか?~「人流による収斂」と「金流による収斂」~

国際観光が政策として叫ばれているが、その政策的意義が考えれば考えるほどわからなくなってきた。それは移

記事を読む

no image

賃金統計不正

これで、平成の経済を論じてきた経済学者もコケにされたということですが、大きなクレームが出ないのは、

記事を読む

no image

1936年と2019年のホスピタリィティ比較

『ビルマ商人の日本訪問記』ウ・ラフ著土橋康子訳を読むと、 1936年当時の日本の百貨店のことを、店

記事を読む

no image

日本人が海外旅行ができず、韓国人が海外旅行ができる理由   『from 911/USAレポート』第747回 「働き方改革を考える」冷泉彰彦 を読んで、

勤労者一人当たり所得では、日本も韓国も同じレベル 時間当たりの所得では、日本は途上国並み これで

記事を読む

PAGE TOP ↑