*

報告「南チロルのルーラルツーリズム発展における農村女性の役割」を聞いて

池袋の立教大学で観光研究者の集まりがあり、標記の報告を聴く機会があった。いずれきちんとした論文になると思われる。
報告者は経験豊かな女性研究者であるが、育児と両立させておられた。

ルーラルツーリズムという問題に立て方には、私は昔から異論があり、特に農村という概念が日本ではなくなっていると考えている。農業は存在し、農地は制度として頑固なまでに存続しているが、共同体としての農村はなくなっている。むしろ港区の商店街の方が色濃く農村的運命共同体である。民泊反対運動の拠点にもなりかねないのである。その点、欧州ではまだ共同体としての農村があるのか、むしろそれをレポートしてもらいたいと思っている...

南チロルはイタリア北部で、リヒテンシュタインと隣接しているドイツ語圏である。オーストリア領の時代もあった。山岳地帯でリンゴ生産等が主体であるとのこと。副業から観光が始まり、表題のとおり、女性が活躍しているようである。農業は厳しく、男性の仕事という説明であった。(なお、チベットの農家では農業は女性の仕事で、男性は道路工事等に出かけている。)しかし、私は、旅館業はそもそも女性向きの仕事であり、ルーラルツーリズムだからということではないと思っている。子供の頃、加賀温泉郷の宿屋は、おかみさんが大忙しで、旦那は遊んでいたというイメージである。そのなかでも山代温泉・よしの屋の旦那はインテリで東大に進学したくらいであるから、趣味人であり、魯山人を居候させたのである。出来が悪ければ朝から酒を飲んで賭け事をしていたはずであり、旅館経営は女将がしっかりしていればできたのである。郷里の小説家がかいたものに、近傍の農家から奉公に出て来ている年少の女子を、宿屋の旦那衆が麻雀で誰が水揚げの役を引き受けるか決めている場面があった。温泉場の宿屋のサービスが現代の風俗産業に近い面があったということである。話はそれたが、宿屋は女性が実質経営していたということである。

それは、宿屋サービスは、日常生活の延長のサービスだから当然なのである。日常生活、つまり家事は女性の仕事であり、その延長にある宿屋のサービスも女性の仕事になる。しかも近代的経営をするわけでもないから、女性の仕事になったのあろう。

それを、マーケティング等といって近代的経営を導入してから、男性の仕事にしたのである。男性にしなければならない謂れはないが、後継の男子がいたから、大学を出させて跡を継がせたのである。その中から成功者も出たが、バブルで家をつぶしたものもでた。今は後継者を男子に絞っていては限界があり、女性経営者が輩出している。
南チロルは「農村女性」とあり、前時代的な表現になっているが、イタリアの方は日本とは異なる状況なのであろう。

帰りに、池袋のベトナム料理店で会食。旧知の研究者と議論。私は、もうアンケート調査を利用するのは研究者はやめた方がいいということを言ったら、脳波でどこまで分かるのかと聞かれ、後日答えるアンケートよりはましだと答えた。そのついでに、無意識も大事だという話をしたら、無意識と意識は違うといわれ、説明するのが面倒で終わりにした。私自身も数年前まではそう思っていたから、仕方がない。しかし、脳波は正直であり、手が動いたあとに脳波が反応している。つまり、手が動いてから、動かそうという意識が発生していることは常識化しているから、一体何が手を動かせているのか、ということになり、無意識が重視されているのである。人によってはそれを神の意思とするのである。

関連記事

no image

◎『バブル』永野健二著

GHQの直接金融主体の経済改革からすると、証券市場と証券会社の育成が不可欠であるにもかかわ

記事を読む

no image

須田寛「国鉄改革を顧る」(くらしのリサーチセンター)メモと国の交通施策への感想

敬愛する須田寛氏の対談メモ。内容は既に知られていることではあるが、当事者が語ったものとしては数少ない

記事を読む

タクシー運転手の労働条件 『タクシーほど気楽な商売はない』を読んで

  「タクシ運転手」という職業は一般によく知られていますし、テレビドラマ等でもよく登

記事を読む

no image

大関真之『「量子」の仕業ですか?』

pp101-102 「仮にこの性質を利用して、脳が人の意識や判断、その他の動作を行っているとしたら、

記事を読む

no image

国際人流・観光状況の考察と訪日旅行者急増要因の分析(1)

Ⅰ 訪日外客数の急増と福島原発事故の世界の旅行界に与えた影響 明るい話題が少ないのか、訪日外国人客

記事を読む

弘前・青森旅行 チームネクスト13回研修会に参加して 2016年8月1日~3日

チームネクストの研修会が弘前で開催。この機会に現地の北星交通社長の下山さんのお世話で弘前のねぷたと青

記事を読む

no image

『プロヴァンスの村の終焉』上・下 ジャン=ピエール・ルゴフ著 伊藤直訳 を読む。2017年10月15日

市長時代にピーターメイルの「プロヴァンスの12か月」読み、観光地づくりの参考にしたいと孫を連れて南仏

記事を読む

「セブンタクシーが山手線で中国語広告を出したワケ」

日経ビジネス2015年4月10日に、「セブン銀行が山手線で中国語広告を出したワケ ATMのガラパゴス

記事を読む

no image

港図書館・リサイクル処分の『カジノの文化史』大川潤・佐伯英隆著

港区図書館でリサイクル処分になる図書をもらってきた。平成23年に経済産業省の役人二人が書いた本であ

記事を読む

no image

脳波であらすじが変わる映画、英映画祭で公開へ

映画ではここまで来ているのに、観光研究者は失格である。 http://jbpress.isme

記事を読む

『国際報道を問いなおす』杉田弘毅著 筑摩書房2022年

 ウクライナ戦争が始まって以来、日本のメディアもSNSもこの話題を数

no image
ナゴルノカラバフ

https://youtu.be/9wLg9RCqwDA h

no image
世界人流・観光施策風土記北米編 ナバホ

https://youtu.be/o7AS2KHsxaA 米海

no image
イーフー・トゥアン

イーフー・トゥアンの中で最も読まれるべき著作。『トポフィリア』よりも

no image
動画で見る世界人流・観光施策風土記 アセアン・インド編 2022.9.10 カンチャナブリ

◎旅行計画中は、陰性証明がないと日本に入国できなかったので、バンコク

→もっと見る

PAGE TOP ↑