*

5月22日 チベットからの帰国後のこと

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 海外旅行感想, 海外観光

〇ヒマラヤ登山

機内で読んだ中国の新聞記事。14日に、両足義足の、私と同年六十九歳の中国人登山家がチョモランマ登頂成功のニュースが流れていた。43年前にシェルパに寝袋を譲ってあげ、凍傷にかかってしまったとのこと。おそらく中国人社会では有名人なのであろう。帰宅後ネットで調べたら、早速出ていた。

http://time.com/5272120/nepal-everest-xia-boyu-summit/

その一方で、日本人登山家の死亡記事が本日流れてきた。NewsPicksでもコメントが早速出ていたが、稲葉道明氏の下記コメントが気になったところである。
「ご冥福をお祈りします。ただね、コメント見ても応援していた人いるようですが、門外漢が「誰それさん、エベレスト頑張れ」なんて言うもんじゃないですよ。栗城さんクラスで無酸素でエベレスト、しかも今回は途方もなく困難な「南西壁」を登るなんて無謀極まりないでしょう。ノーマルルートは70歳80歳のおじいさんでも酸素があれば登頂可能で、年間3桁の人が登頂するんですが、彼は南西壁と比べたら天国のそのノーマルルートすら登頂できていなかった。周りが勇気をもらっただのなんだのと煽り立てたために辞められなくなったんじゃないですかね。そうした期待に無理して応えようと登れもしていないのに目標ばかり高め危険を招いていたとしたらとても残念。ノーマルルートでボンベ背負って登頂では「すごい」なんてならないからでしょう。今回もAbemaで中継予定があったとか。だから無理して頑張る。体調が悪化してももしかしたら回復するかと思って頑張る、それが危険を高めてしまう。過剰な応援やメディアのスポンサードというのは問題ありでしょう。そして実力を遥かに超え、安全に配慮しないチャレンジはチャレンジでない。」
このコメントを見て、忘れてしまったが、豪州映画だったような気がするが、機内映画。悪天候の中、これが最後という登山家に下山を説得できなく一緒に登頂して死亡してしまうストーリーであった。

シガツェまで青蔵鉄道が完成すれば、多くの登山家が押し掛けるであろう。医学も進歩し、バックアップ体制も整うから、日本の観光研究者が得意な、チョモランマ・ツーリズムという言葉もできるかもしれない。自論を唱えれば、ヒマラヤも日常と非日常が相対化して、フロンティアがまた一つなくなってゆくのである。

〇 アクサイチン(ラダック)

 アクサイチンは、中華人民共和国、インド及びパキスタンの国境が交差するカシミール地方にある、3万7244平方キロメートルのインド・中国の国境係争地域。1962年の中印国境紛争の結果、中国により実効支配されているが、現在もインドが領有権を主張している。インド側の呼称はラダックである。 清とイギリスの国境争いから続いている問題でもある。

 中国は1950年代半ばにはアクサイチンの東部にタリム盆地とチベットを結ぶ道路を建設してしまっている。インドもイギリス時代のアバウトな国境を勝手に解釈して国境警備所をつくったりして起こったのが1962年の中印国境紛争。人民解放軍は圧倒的に勝っている間にとっとと撤退、一方的に「実際支配線」(Line of Actual Control – Wikipedia)から20km兵を下げる事を宣言しインドにも下げるよう要求。以後その線が中国とインドの事実上の国境となる。

 ラダックはNHKのDVDによりみることができ、ユーラシア旅行社のツアーも行われている。文化圏と国境が一致しないのである。

関連記事

 ③ 19日 80か国目の国ミャンマーへ

ミャンマーは時差がバンコクの三十分おくれの変則。飛行機から見る川はマレー半島部にあるのでイラワジ川で

記事を読む

⑥ 5月21日夜22日朝のヤンゴン市内観光

21日夜6時 ゴールデンロックからヤンゴンに戻る。途中でシェッタゴンバヤーが見れた。 ガイドさ

記事を読む

no image

ヴァーチャル観光 中国編② フフホト 呼和浩特

中国編②では、内モンゴル自治区、新疆ウィグル自治区、寧夏回族自治区を回ることとなる。  

記事を読む

5月18日 ポタラ宮、大昭寺

5月18日   いよいよメインイベントであるポタラ宮にでかける。血中酸素濃度を測ってからゆくが、8

記事を読む

no image

173-2 サンサルバドル

13:10AA147914:51MIA SAL エルサルバドルは2度目。前回はグアテマラから

記事を読む

[160]2019.10.04~06. APW 

10.04 ナンディからアピアへ 朝ごはんは、トーストとインスタントコーヒー。ジャムもバター

記事を読む

no image

マラウィ(150) 2019年2月23日~24日 

 どういうわけか、JNBとBLZの往復の分が、直接エアラインにはネットで予約が入りにくく、expe

記事を読む

モンゴル紀行 ハルハ川戦争のことなどの戦跡観光資源

中国とロシア  たった二週間のモンゴル旅行でも、ソ連と中国の影響をいたるところで感じた。大学時代第

記事を読む

no image

ヴァーチャル旅行 韓国・中国東北編 仁川、江華島、水原

◎仁川 松月洞童話村 (仁川) 雪の華村 カフェ pot_R日本家屋を改

記事を読む

 昆明、石林、九郷、麗江、束河、成都の旅 2017年 9月15日~18日

 雲南、四川の観光  中国は国内観光需要が旺盛で、有名観光地はどこも山手線並みの混雑で、身

記事を読む

no image
東京交通新聞 2021年5月投稿原稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには

特別寄稿 タクシー運賃等とパック料金の関係を理解するには ㈱シ

no image
Quora なぜ日本海側の人口は少ないのですか?

工業化が進んで、人々が東京、名古屋、大阪に流れてしまったからです。

『飛躍への挑戦』葛西敬之著

図書館で取り寄せて読んだ。国鉄改革については、多くの公表著作物に加え

角川文庫『ペリー提督日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)

https://youtu.be/Orb9x7NCz_k

no image
豪州の旅行業対策

http://www.travelvision.jp/news/de

→もっと見る

PAGE TOP ↑