*

⑥の3 2月21日 セントルシア、バルバドス、グレナダ

公開日: : 最終更新日:2021/01/02 2018年アメリカ・カリブ旅行

〇 セントルシア
2月21日に、カリブ海は、マルティニークのFDFからセントルシアにフェリーでわたる。90分程度で、飛行場の立地条件次第では、フェリーの方が競争力がある。おりしも、国際ニュースではメキシコの観光地での災害が報道されていた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3163533
https://photos.google.com/photo/AF1QipMsn8eqyJ7vkPkWP3VtawPTUAOc5Dgrcn4YQiFz

セントルシアは滞在から出発まで、やはり搭乗するまで、手続でヒヤリヒヤリの連続。本当に観光や旅行には国境は邪魔な存在。国際観光という概念が矛盾をかかえている。シェンゲン協定を締結した欧州はその点進化している。
セントルシアではすべて徒歩。Googlemapで動く。カストリーズはお祭りか何かがで、にぎわっていた。英国の名誉職の人も来ていたようだ。空港まで行くときに、滑走路のどちら側に行くかで、歩く距離が大きく違う。現場で見ながら方向を選択した。
空港で、LIATの変更ができているのか心配であったが、何とかなっていたので安心。係員は何故トリニダートにゆくのか不思議がっていた。

https://photos.google.com/photo/AF1QipPtJflOiaeuGB500UDicMJLjN51-yzZrlGuUGFZ

〇 バルバドス
https://photos.google.com/photo/AF1QipPp_ctQ6h8e9P2_SwmCLxkx2W_DCp_g7vxn0ntV

バルバドスは予定が変わり、島内見学はできなくなった。空港での乗り換え手続きだけである。小アンチル諸島の中ではハブ空港であり、各地に路線がある。

経済IMFによると、2010年のバルバドスの国民一人あたりGDPは14,326ドルで世界42位、カリブ海地域において最も裕福な国の一つである。イギリス植民地時代から、バルバドスは安定的な政治と国民の高い教育水準により経済的に豊かな国であった。 歴史的に、バルバドス経済はサトウキビ栽培によって支えられてきた。しかし1970年代後半からは観光業が発展し、バルバドス経済を支える柱となった。 グレープフルーツの原産国でもある。

グレナダは、バルバドスからトリニダートに行く途中で立ち寄るが、暗くて何もわからなかった

関連記事

⑥の2 20日、21日 PTPからFDFへ フライト変更の見落とし

〇2月20日 PTPの民宿、朝ご飯を7ドルで作ってもらい、ついでにグアダループ・ポンタピートル

記事を読む

② 2月12日(月)~13日(火) ニューオリンズとマルデグラ

ニューオリンズはルイアームストロング空港に夜到着。偉大なジャズミュージシャンの評価はあまり変わらない

記事を読む

➀ 2月11日 成田発 ダラス・フォートワースへ Googlemap利用の旅の始まり

今年は東京も寒いが、アメリカ大陸も寒波が襲来とニュースに出ているから、服装に悩む。アプリの気象情報で

記事を読む

⑨ 24日 グランドキャニオン

https://photos.google.com/photo/AF1QipOHad1Zmluud-

記事を読む

no image

Transatlantic Sins お爺さんは奴隷商人だった ナイジェリア人小説家の話

https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cswg9n BBCの

記事を読む

⑥の1 小アンティル諸島巡り 2月19日セントマーティン、ドミニカ経由グアダルーペ(PTP ポンタピートル)

2月19日 13:35サンファン発Corsair4251セントマーティン着14:35 http

記事を読む

⑦ 2月23日~24日アトランタ

トリニダートドバコを後にアメリカンでマイアミ、アトランタに向かう。時間に余裕があったので、マイアミの

記事を読む

⑩ 2月25日~27日 サンディエゴ、ティアファナ そして帰国

2018年2月25日ラスベガスのホテルの駐車場で空港シャトルに声をかけ、乗車を伝える。割と簡単で現金

記事を読む

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

⑪ 機内映画

いつも行き帰りの飛行機の中で見る新作の映画も楽しみである。 逆に言うとそれ以外で映画を見ることがな

記事を読む

PAGE TOP ↑