*

カンボジアの夕べ

五月1日は誕生日。朝は日本晴れ。

夕刻六本木の全日空ホテルでカンボジアの観光宣伝会があり、誘われて参加した。
読売新聞の榎本、神崎氏のほか、運輸省OBの林さんの姿も見えた。
田村観光庁長官が祝辞を述べていたので、あとで久しぶりに挨拶をさせてもらった。

アンコールワットは10年ほど前に旅行したことがあるが、その時の印象からすればずいぶん発展したという感じであった。
googleも取り上げるように、やはり世界一級の観光資源だからであろう。

クメール文化の踊りがアトラクションで披露されたが、安来節や鷺舞に似た踊りで、文化の連続性を感じさせられると同時に、西洋から見ると日本との区別も付かないのだろうと思った。

IMG_8289

IMG_8287

IMG_8284

観光の説明をきき、カンボジアでも中国のプレゼンスを感じさせらる資料の説明があった。カンボジアを訪問する日本人旅行者は19万人に対し、アメリカ22万人、韓国40万人中国69万人、ベトナム96万人という説明をきき、先日のタイの観光宣伝事務所の方の説明での日本の事務所は縮小方向で、中国に事務所を増設する方向であるとの話を思い出した。中国は理由はわからなったが、83万人から数を14万人も減少させているが、日本人観光客数の3分に2近くの数になるのである。インバウンドの掛け声の中で日本の観光力が低下していることに気が付かない日本の現実を再び感じてしまった。

観光投資の説明もあり、日本人がプノンペンから2時間程度のところにキリロム工科大学を設立し、高原リゾート開発も行っているので、旅行会社の協力を求める説明を行っていた。日本人のIT長者の若手の一人が24億円の資金を基に始めたようだ。日本での観光開発や大学設置は市場に限界があると判断したのであろう。スタッフと名刺交換をした。日本の大学とのタイアップも考えられるかもしれない。

関連記事

no image

2019年9月11日 午後新幹線で天津

精華大を後にして、地下鉄4号線で北京南まで行く。神戸のタクシー経営者も同行。駅で天津までの新幹線を

記事を読む

no image

ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(1060万人)、杭州(920万人)

記事を読む

no image

『創られた伝統』

第一に、全ての「伝統」は歴史の中で恒常的に取捨選択された結果であり、長年の「伝統」であれ、その都

記事を読む

no image

Tourist & Tourism  by Encyclopedia of Tourism Chief Editor Jafar Jafari

Tourst The term 'tourist' was invented as an ex

記事を読む

no image

「厚生」省の誕生と国内「観光」政策

字句「厚生」の誕生を調査することにより、国際に限定されて使用されていた字句「観光」の使用例が、国際観

記事を読む

no image

『インバウンドの衝撃』牧野知弘を読んでの批判

題名にひかれて、麻布図書館で予約をして読んでみた。2015年10月発行であるから、爆買いが話題の時代

記事を読む

no image

『徳川家康の黒幕』武田鏡村著を読んで

私が知らなかったことなのかもしれないが、豊臣家が消滅させられたのは、徳川内の派閥攻勢の結果であったと

記事を読む

no image

観光資源評価の論理に使える面白い回答 「なぜ中国料理は油濃いのか」に対して、「日本人は油濃いのが好きなのですね」という答え

中華料理や台湾料理には、油を大量に使用した料理が非常に多いですが、そうなった理由はあるのでしょうか

記事を読む

no image

有田焼ツアー

7月21日チームネクスト福岡のセミナーで、有田焼を旅行の目的にした観光創成のこころみのはなしをきかさ

記事を読む

no image

観光とツーリズム②

今日われわれが使用している「観光」概念の誕生には日常と非日常の存在が前提となり、日常の前提には定住が

記事を読む

ガンビアBLJ資料

面積:約11300㎢(岐阜県とほぼ同じ) 人口:約2

186 Sao Tome and Principe サントメプリンシペ(TMS)

人口16万人 1700ドル サントメ・プリンシペは1975年

185 Angola アンゴラ 3,080万人(2018年:世銀)

査証及び領事認証申請受付(月曜日・火曜日) 午前 9時30分~

no image
179 ガンビア BJL

ガンビアでは2016年に大統領選挙が行われ、1994年のクーデター

no image
176 RAIカーボベルデ

カーボベルデは島国であり、15世紀から1975年ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑