*

カンボジアの夕べ

五月1日は誕生日。朝は日本晴れ。

夕刻六本木の全日空ホテルでカンボジアの観光宣伝会があり、誘われて参加した。
読売新聞の榎本、神崎氏のほか、運輸省OBの林さんの姿も見えた。
田村観光庁長官が祝辞を述べていたので、あとで久しぶりに挨拶をさせてもらった。

アンコールワットは10年ほど前に旅行したことがあるが、その時の印象からすればずいぶん発展したという感じであった。
googleも取り上げるように、やはり世界一級の観光資源だからであろう。

クメール文化の踊りがアトラクションで披露されたが、安来節や鷺舞に似た踊りで、文化の連続性を感じさせられると同時に、西洋から見ると日本との区別も付かないのだろうと思った。

IMG_8289

IMG_8287

IMG_8284

観光の説明をきき、カンボジアでも中国のプレゼンスを感じさせらる資料の説明があった。カンボジアを訪問する日本人旅行者は19万人に対し、アメリカ22万人、韓国40万人中国69万人、ベトナム96万人という説明をきき、先日のタイの観光宣伝事務所の方の説明での日本の事務所は縮小方向で、中国に事務所を増設する方向であるとの話を思い出した。中国は理由はわからなったが、83万人から数を14万人も減少させているが、日本人観光客数の3分に2近くの数になるのである。インバウンドの掛け声の中で日本の観光力が低下していることに気が付かない日本の現実を再び感じてしまった。

観光投資の説明もあり、日本人がプノンペンから2時間程度のところにキリロム工科大学を設立し、高原リゾート開発も行っているので、旅行会社の協力を求める説明を行っていた。日本人のIT長者の若手の一人が24億円の資金を基に始めたようだ。日本での観光開発や大学設置は市場に限界があると判断したのであろう。スタッフと名刺交換をした。日本の大学とのタイアップも考えられるかもしれない。

関連記事

no image

『幻影の明治』渡辺京二著 アマゾンの書評

「第二章 旅順の城は落ちずとも-『坂の上の雲』と日露戦争」 著者は「司馬史観」に手厳しい。昭

記事を読む

no image

観光学研究者へのお願い 字句「観光」と字句「tourist」の今後の研究課題

これまで、日本語としての字句「観光」の語源等についての分析は、上田卓爾氏等が発表した論文があり、かな

記事を読む

no image

日本銀行「失敗の本質」原真人

黒田日銀はなぜ「誤算」の連続なのか?「異次元緩和」は真珠湾攻撃、「マイナス金利」はインパール作戦

記事を読む

no image

1941年12月8日『枢密院会議筆記』真珠湾攻撃後に、対米英宣戦布告の事後採決

海軍が真珠湾攻撃のことを東条に伝えたのは直前のこと 倉山満著『お役所仕事の大東亜戦争』p.2

記事を読む

no image

『近代京都研究』から見る「遊覧」と「観光」に関するメモ

『近代京都研究』(2008年思文閣出版)において、観光に関する記述とともに「観光」「遊覧」の用例とし

記事を読む

モバイル交通革命で構想したこと シェアショウファー

人流観光研究所にメールが来ていた。自家用運転手のシェリングの構想について意見を聞かれたのである。複数

記事を読む

no image

伊勢観光御師の会

昨日恒例の伊勢観光御師の会が開かれた。伊勢志摩サミットの後だけにいろいろな報告があった。2015年は

記事を読む

no image

Nikita Stepanov からの質問

Nikita Stepanov (Saint-Petersburg State Polytechn

記事を読む

父親の納骨と道中の読書  『マヤ文明』『英国人記者からみた連合国先勝史観の虚妄』 2016年10月19日、20日

父親の遺骨を浄土真宗高田派の総本山専修寺(せんじゅじ)に納骨をするため、山代の妹のところに行き、一晩

記事を読む

no image

ホテル経営論

○○経営論は一般的に使用され、多くの著作物が出されている。経営などしたことのない私だが、縁あってホ

記事を読む

PAGE TOP ↑