*

ホロポーテ―ションとレッド・ツーリズム、ポリティカル・ツーリズム

公開日: : 最終更新日:2016/11/25 人流・観光政策への評論, 随筆など

Holoportationが紹介されていた。動画のアドレスは下記のとおりである。
https://youtu.be/7d59O6cfaM0
新しい観光資源がまた増えたような気がする。

この世の中に黄色は存在せず、光の三原色である赤 (#FF0000) と緑 (#00FF00) を一対一の割合で混合した色、それを左右の眼で見ているということであるようである。そういえば、奈良時代は黄は赤の範囲に含まれていたようであるから、色彩感覚も変化するものなのであろう。
盲人は世の中を立体的にとらえている。目が見える人は坂道を明示的に意識しなくてすむが、盲人は上り下りの記憶が明示的に残るから、目蒲線の大岡山駅付近が文字通り山だとわかるという。斜視の女性科学者が、中年になって矯正施術を受け、世の中の立体感がこのようなものだったのかと記述している。しかしながら、それまでの両目に入る視覚情報を脳で解析して現実生活に合わせていたから、車の運転等支障はなかったようである。その科学者の夫が、宇宙飛行士で、重力のない生活を継続して地球に帰還して、全体の感覚が変化していていたことも記述してる。外界からの情報を脳が解析して現実生活に合わせているということでは、宇宙飛行士も斜視の人間も同じであると考えられる。錯覚研究会以来、妙にこのようなことが気になりだした。世の中のことはすべて脳が生み出したことのようである。時間が過去から未来に流れるように感じることも脳が生み出しているから、アインシュタインの相対性理論が皮膚感覚では理解できないのであろう。

また中国では「レッド・ツーリズム(紅色旅游)」なる用語が存在するようである。共産党の歴史に関する場所を巡り、革命史や革命精神を学習・追慕する旅行のことで、2004年に中国政府によって打ち出され、全国12の重点観光エリア、同30の優良観光ルートなどが指定されている。考えてみれば、企業でも創業者の偉勲を忍んでゆかりの地を巡ることは社員に推奨しているところもあるであろうし、16億人のイスラム教徒は一生のうちに一回はメッカ巡礼が勧められている。14億の中国人と16億のイスラム教徒を合わせれば、人類の半数弱がレッドツーリズムとメッカツーリズムの影響のもとにあるのである。

なお、レッド・ツーリズムの上位概念としては、すでにポリティカル・ツーリズムなる用語が存在する。観光を単純にツーリズムとする考え方も再考が必要であろう。
(参考)
Swedish Arbetarhistoria and Danish Arbejderhistorie are planning a joint issue on political tourism to be published in 2011.

By ‘political tourism’ we mean journeys with a political purpose, politically arranged journeys and journeys to political destinations. Political tourism may include for example journeys made in the name of solidarity, journeys arranged by political organizations or interest groups, the tours of political delegations to the new utopia in the east, or journeys involving active participation in civil wars or in anti-imperialist action. It may also include for example trips made by homosexuals to Berlin in the 1920s. Political tourism is thus broadly defined, in relation to travelers and their destinations, to the meanings of the journeys, and to the sources where the travel experiences are described.

Until now research on political tourism has mostly concentrated on the period after 1945, on western travelers and on political engagement in the narrow sense of party politics. In this special issue we welcome articles exploring political tourism from broader chronological, geographical and thematic perspectives. We would be particularly interested in articles that are concerned with the following, for example:
Travelers and journeys from the first half of the 20th century or earlier
Travelers from and journeys to different regions of the world
Travelers motivated by the politics of gender, ethnicity, family, culture or sexual liberation
At the same time we are looking for contributions which offer insights into the political, social and cultural relations that shaped the traveler, the experience of travelling and/or the travelogue.

関連記事

no image

Transatlantic Sins お爺さんは奴隷商人だった ナイジェリア人小説家の話

https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cswg9n BBCの

記事を読む

no image

北陸新幹線金沢暫定開業雑感

 人口減少が予測される石川県では、北陸新幹線金沢暫定開業により観光客が急増しブームに沸いているが、こ

記事を読む

no image

格差社会と階級社会 

 『日本の経済』伊藤修著 中公新書 と 『新日本の階級社会』橋本健二著 講談社現代新書 「

記事を読む

no image

“Future Direction of Tourism Policy Studies” President of Human Logistics & Tourism Laboratory Teramae Shuichi, PhD

  Future Direction of Tourism Policy Studi

記事を読む

no image

『日本経済の歴史』第2巻第1章労働と人口 移動の自由と技能の形成 を読んで メモ

面白いと思ったところを箇条書きする p.33 「幕府が鎖国政策によって欧米列強の干渉を回避した

記事を読む

Google戦略から見るこれからの人流・観光(東京交通新聞2014年6月23日)

『モバイル交通革命』の出版から11年がたちます。スマホに代表されるように『位置情報研究会』での論議以

記事を読む

no image

crew の チップ 問題に関する東京交通新聞の報道

東京交通新聞で、担当局長が、CREWのチップについて、チップを推奨するようなHPは道路運送法の有償運

記事を読む

no image

観光学を考える 『脳科学の教科書 神経編・こころ編』岩波書店 理化学研究所脳科学総合研究センター編 をよんで

図書館でこの二冊を借りてきて一気に読む。岩波ジュニア選書だから、子供が読む本だけれど私にはちょうどい

記事を読む

タクシー「車庫待ち営業」の規制緩和の必要性

通訳案内業が、これまでのように自家用車を使用できれば、車と運転手の提供を一体的には行っていない(つま

記事を読む

no image

イスラムのこと 社会総合研究所主催10回セミナーに参加して

大江戸博物館の会議室で塩尻和子氏の標記のセミナーがあり参加してみた。 講演そのものは講師にはもうし

記事を読む

no image
『大韓民国の物語』李榮薫

韓国の歴史において民族という集団意識が生じるのは二十世紀に入った日

no image
朝河寛一とアントニオ猪木 歴史認識は永遠ではないということ

アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由 窪田順生:ノンフ

no image
感覚器官の進化はおそらく脳よりも前だった。脳は処理すべき情報をもたらす感覚器より前には存在する必要がなかった

眼の発達に関して新しい役割を獲得する前には、異なった機能を持ってい

no image
観光資源としての歴史認識「尖閣諸島の核心」 矢吹晋の著書と同書アマゾン書評を読んで

屋島が源平の合戦の舞台にならなければ観光客は誰も関心を持たない。尖

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

→もっと見る

PAGE TOP ↑