*

自己手配時に知っておくべき「国際航空運賃」の計算方法

今日の国際航空運賃が出来上がるまでには歴史があったと考えられる。勉強していないので知らないが、国際海運運賃の影響があったのか興味が持たれる。

この国際航空運賃には「普通運賃」と「特別運賃」がある。普通運賃はIATAで設定された「IATAフレックス普通運賃」と航空会社が独自に設定した「キャリア普通運賃」がある。12歳以上すべての旅客に適用され、特に厳しい制限のない運賃である。旅行開始の日の翌日から起算して一年間有効(一年後の同日まで)。オープンチケットの場合、発券日の翌日から起算して一年間有効である。特別運賃は普通運賃以外の運賃すべてをいう。主なものにパッケージツアー用の「IT運賃」と、誰でも購入できる特別回遊運賃である「ペックス運賃」がある。JALダイナミックセーバー、ANAエコ割などである。

小児(2歳以上12歳未満)は座席を占有するので、全クラス大人運賃の75%、幼児(2歳未満)は座席占有する場合75%、しない場合10%である。IATAフレックス普通運賃ではファーストクラスの場合は幼児・小児割引はなく音など同額である。

マイレージ制度 MPMとTPM、TTPMによるマイルチェック
週末と平日
適用日
FBP(折り返し地点)
HIFチェック     トランスファーは不要だが途中降機は必要
CTMチェック     xとWの組合せの場合はXで計算する OJにはない。CTにのみある。

翌日起算主義
有効期間(最も長い旅行日数)
必要旅行日数(最も短い旅行日数)

予約締切 購入締切 
搭乗条件 土曜日 滞在日数、有効期間

往復旅行RT、周遊旅行CT、オープンジョー旅行OJ
ストップオーバー(途中降機)  出発地、目的地、折り返し地点は途中降機に数えない。OJの場合、SURFACEの両端は数えない
 SURFACEをみなした場合 surface区間が24時間以上の場合は、両端合わせて一回と数える
トランスファー(乗継✖)    surface区間が24時間未満の場合は、両端とも数えない
シーズナリィティ(適用期間)は往路の出発便の搭乗日が復路にも適用される

特定加算

関連記事

⑥の4 21日、22日 トリニダートドバコ・ポルトオブスぺイン

21日深夜にトリニダートドバコに到着。いろいろあったが、予定通りの時間ではある。 入管の女性が、帰

記事を読む

no image

「食譜」という発想 学士會会報 2017-Ⅳ 「味を測る」 都甲潔

学士會会報はいつもながら素人の私には情報の宝庫である。観光資源の評価を感性を測定することで客観化しよ

記事を読む

no image

『金語楼の子宝騒動』(「あきれた娘たち」縮尺版)少子高齢化を想像できなかった時代の映画

1949年新東宝映画 私の生まれた年である。嫁入り道具に風呂敷で避妊薬を包むシーンがある。優生保護

記事を読む

no image

『外国人労働者をどう受け入れるか』NHK取材班を読んで

日本とアジアの賃金格差は年々縮まり上海などの大都市は日本の田舎を凌駕している。そうした時代を読み違え

記事を読む

2016年2月 中東・東アフリカ旅行記8 ウガンダ・エンテベ

2月16日  ナイロビからアジスアベバの途中でウガンダ観光を計画した。東アフリカ共通ビザの一つがU

記事を読む

no image

 ホテルと旅館『西洋靴事始め』稲川實 現代書館

観光学でホテルと旅館の違いを説明するときに、私は芦原義信氏が西洋建築と日本家屋の違いを述べられたと

記事を読む

no image

和食とウナギ

福岡の和食タクシーの話を聞いた翌日、チームネクストで柳川にいった。柳川はウナギが名物のようで、うなぎ

記事を読む

no image

ふるまいよしこ氏の尖閣報道と観光

ふるまいよしこさんの記事は長年読ませていただいている。 大手メディアの配信する記事より、信頼できる

記事を読む

平壌、開城、板門店(3)

◎金さんはアントニオ猪木さんの一団数十人が訪朝するので忙しいが、朝鮮国際旅行社の金哲日本部長から頼ま

記事を読む

[164]2019.10.11~12トンガ ヌクァロファ TBU

https://photos.google.com/photo/AF1QipNhnRVKfiN6s

記事を読む

no image
『動物たちの悲鳴』National Geographic 2019年6月号

観光と動物とSNS https://natgeo.nikkei

no image
ジャパンナウ原稿 人流大国・中国

 LCCの深夜便を利用して、1泊3日の南京(850万人)、蘇州(10

no image
中国の観光アウトバウンド政策公研No.675 pp45-46

倉田徹立教大学法学部教授 1997年にアジア通貨危機、2003

no image
聴覚   空間の解像度は視覚が強く、時間の分解度は聴覚が強い。人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する

人間の脳は、より信用できる方に重きを置いて最終決定する 聴覚が直接

no image
『本土の人間は知らないことが、沖縄の人はみんな知っていること』書籍情報社

p.236 細川護熙首相がアメリカ政府高官から北朝鮮の情勢が緊迫して

→もっと見る

PAGE TOP ↑